第3回『夏休みとメガネと。』 

2008年01月24日(木) 17時18分
『全生活史健忘』という名前の病状らしい。

映画や小説でいう『記憶喪失』というやつだ。
僕の視力が乏しいのかその主治医のおっさんが乏しいのかはわからないが、、見た目の事はいいか。。誰に聞かせる話でもないし。。。

約2年、その病院と近くのマンションとコンビニを行き来している。

現在の名前は『瀬川 一郎』。

日本の法律では健忘で記憶を失った人間は改名できるらしく、特に思いいれもないまま、無作為にその主治医のおっさんに考えてもらった。そのおっさんが言うには、僕が記憶を失って倒れた日に無くなった患者の苗字と大リーガーのイチローをつなげたらしい。縁起がいいのか悪いのかわからないがバチ当たりな医者なのは間違いない。

大量のアルコール摂取が原因らしいが、僕はその日どこへ行こうとしていたのだろうとずっと考えている。パンツ一枚で発見されたのはとある島の待合所なのだ。

2年もあれば、誰か僕を知ってる人が捜索願いぐらい出しそうなものだが、それも無いって事はどうやら一人身だったのだろうな。国からの援助金だけでも細々とやっていけるが、このまま自分の過去を知らないまま僕は結婚して子供を育てて、結婚して、、、どうやって?

頭の中でいつも独り言を続けていると彼女はやってくる。

静子「ただいま〜」
一郎「お帰り。」

どうやらこの女は僕を知ってるらしい。彼女?いや、そういった夜の営みはない。この家の家賃は彼女と僕でやりくりしている。ルームメイト?保護者?介護福祉の仕事をしながら絵の専門学校へ行ってる
らしい。後輩?いや、、彼女?いやいや。。。絵なんかへのへのもへじぐらいのもんだ。

静子「。。。。お風呂入った?」
一郎「あ、今日は入れてないな、、シャワーでいいかと思って。」
静子「ご飯は?」
一郎「あー、何か食べたい物思いつかなくて何も。。」
静子「どっか食べにいこうか。」
一郎「いいよ。」
静子「メガネ買ったの?」
一郎「うん。(医者の)おっさんが買えって。その視力じゃ前につけてただろうから、つけた反動で思い出すかもって。」
静子「どう?」
一郎「うん。ど近眼。」
静子「いや、度じゃなくて、、つけて、どう?なんか思い出した?」
一郎「ああ。。。うん。。(メガネをつけたり外したり)、、あまりメガネは似合わない。」
静子「感想はいいよ。」
一郎「うん。。飯くいにいこう。」

メガネを一応ポケットに入れて部屋を出る。玄関には彼女が書いた向日葵が飾られている。どこか淋しそうでなつかしい匂いがするのだ。

九月末。
僕の夏休みはいつまで続くのだろう。

続く。

「お詫びと訂正と。」 

2006年09月08日(金) 23時19分
「前回の訂正」

×次回更新 9月7日(金) → ○9月8日(金)


毎週金曜日、更新予定としていますので、今後とも、金曜の夜は「女とメガネ」をご愛顧くださいますようお願いします。あと、追記で申し訳ありませんが、形式を「映像シナリオ」から、「小説風」に変えました。理由としてはシナリオ形式にすると、段落を食ってしまうし、物語が思ったより進まないので…。ヤプログだと、2500字以上、入らないので、、、変更させて下さい。「小説風」としたのは、これが小説としては「処女作」となるので、「小説」と言い切れないものがあるかと思いますので、あくまで「小説風」であると言いはりたいのです。

でわ。
次回は、第3回「夏休みとメガネと(仮)」です。お楽しみに。

第二回「女とメガネケースと。」 

2006年09月08日(金) 22時43分
8月×日。

最悪の1日だった。
結局、午前中2件と、午後から3件飛び込みで入った仕事で、営業車もなく5件回った。
三谷にもらったレインボーカードの度数はとっくに消化してしまってて、3件目以降は近くの駅なら歩いて向かった。本日の大阪の最高気温は36℃。こっちの度数もさっさと消化してしまえばいいのにと、わけのわからないグチまで飛び出す始末。まあ、悪いのは、営業車で大学の友人と夏休みの旅行へ行ってしまった社長のドラ息子のせいにしとこう。

18時を少し回ってようやく事務所に戻る。
いつもなら表の辛気臭い(高架下のラーメン屋台のような)看板の電気が日没に関係なくついてるのに消えてた。中へ入ると受付には誰もおらず、奥の部屋で社長がうなだれて、ハゲ散らかした頭部をさらして頭を垂れていた。

中谷「…やられた。」
一「何があったんですか?」

事務所にある金庫を指差す。扉が宙ブラりんに開いて、なか身がない。
どうやら昼休みに今月分の従業員用の給料が入った袋を入れて閉じた後、三谷に任せて、外へ食べに行ったら、三谷と共にきれいになくなってたそうである。

中谷「ちょっと、呑みにいこか。おごるわ。」
一「……。」

三谷の机の上には、彼女のメガネケースが中身のないまま、開かれて置かれていた。

ーーー次回更新 9月15日(金)

続き。 

2006年09月01日(金) 7時57分
(シーン2) 一の会社 「中谷電工」全景 
大阪市日本橋の堺筋の裏手にある事務所。表に「中谷電気工務店」の錆びれた看板をガラガラと押して出てくる作業服の一。

(シーン3) 中谷電工 中 朝
ガラス張りのショーウィンドウにいくつかの電化製品が並んでいる。季節がらエアコンが多い。
その奥で、次から次へと電話に出る中谷電工 社長事務 中谷 茂(56)
中谷「はい。ええ、ええ。そらもう、お安く。勉強させてもらいますんで。はいはい。本日中に伺います。
(話口を押さえて)一ちゃん、ごめん、さっそくやけど江坂行ってくれへんかな。今日残り2件、回る前に寄ってほしいねん。(電話に戻り)はい。あ、はいはいー。工事費は1万円ぽっきりです〜。はい〜。(電話切る)ふう…あつ。」
一「あの…営業車ないんですけど。」
中谷「ああ、ヤスが使ってるわ。ごめん、電車乗ってって。(別の鳴ってる電話をとり)はい〜中谷電工〜。」
事務所奥のトイレから経理の派遣社員 三谷 静子(22)が出てきて地下鉄のカードを無言で渡し、机に戻り伝票をせわしなくさばく。
一「…何で、トイレから出てすぐ持ってんの…。」
中谷「(電話口を押さえて)はよ行ってや〜。(電話に戻る)」
一「…行ってきまーす。」

(シーン4)江坂の一角のマンション
小規模な公園が隣接している。昼休みのOLが日陰のベンチで休んでいる。

(シーン5)江坂のマンションの一室 表
一がドアを開け出てくる。額から汗が噴出し作業着にも染みが出来ている。
一「一応、これで工事終わりましたんで、何かありましたら、保証書の管理会社に電話してください。」
住人「あの…これ…(メガネを渡す)」
一「あ!!すいません。どこに…?」
住人「トイレ。」
一「すいま…!」

住人、遮ってドアを閉める。一、罰が悪くメガネをかける。腕時計を見ると正午を過ぎてる。
 
(シーン6) 公園 中
日陰のベンチに座り昼食をとる一。険しい表情でおにぎりをかじる。夏休みの子供達が日を浴び、鬼ごっこをして遊んでいる。

一「(独白)…夏休みか…。」                    ……次回更新 9月 7日(金曜)

女とメガネ シーン1 「同窓会」 

2006年09月01日(金) 6時17分
(シーン1) 一のアパート 中 朝
「香川 一様。残暑お見舞い申し上げます。平成9年度、香川県坂出市立東西中学校卒業生の同窓会を来月開催したいと思いますので、お忙しいとは存知ますが、なつかしい顔が揃いますよう、御予定調整の程、お願いいたします。  生徒会長 田村 和宏 同窓会実行委員 山本 信二 」

予定日 2006年 ×月○日(日)
場所  高松市 シーサイドグランドパレス 大ホール
諸費  一名様 8000円

美津子「同窓会?」
一「うん。あ、(俺の)メガネ知らない。」
美津子「はい。」
一「どこにあった?(メガネ)」
美津子「冷蔵庫。」
一「何で?」
美津子「何で私が知ってんの?(わかるわけないでしょ。)」
一「だよね。」
美津子「いいかげん、直してよ。自分でわかんないとこにメガネ置くの。」
と、出来立てのフレンチトーストを置く妻・美津子(23)。リビングへ行き、テレビをつけ、ニュースの占いをチェックしている。
一「(フレンチトーストを一口食べて)しよっぱ…!! (塩辛い)」
美津子「あ、ごめん。塩かも。」
一「※(N)…お前こそ塩と砂糖を間違えるの直せ! 」    ※ N…ナレーション 心の声。
塩のまぶされてないとこをもう一口かじる一。味気ない。

んでもって、いつの間にかリニューアル。 

2006年08月15日(火) 0時44分
お久しぶりです。約1年。見事に更新しなかった、「女とメガネ。」

早い話が、、、、、、、、、、


「飽きた。」



…続かない物を書いても、そりゃ欲求不満ですとも。

てなわけで、理由はしょって、突然始める、新ブログコーナー。
なのに、タイトルは『続』女とメガネ。

まあ、物書きですから、そこから1本書こうかな…と。

んでもって、皆さんのコメント次第で、芝居にしちゃおうかなと…。

そんな思惑でもって、不定期にやっぱり更新していくので、皆さん、ぽっかりと、突然、不定期にやって来る『間』を割いて、ちょっぴり、こっそり、覗いて、楽しんでいただけると幸いです。

それでは、新コーナー、なのに、『続』女とメガネ。

始まります。

                        
                      劇団kuskus 代表  塩崎 尚夫 。
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像こけし
» 第3回『夏休みとメガネと。』 (2008年10月19日)
アイコン画像をとこ
» 第3回『夏休みとメガネと。』 (2008年10月06日)
アイコン画像新妻Y
» 第3回『夏休みとメガネと。』 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 第3回『夏休みとメガネと。』 (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» 第3回『夏休みとメガネと。』 (2008年09月24日)
アイコン画像たむら
» 第3回『夏休みとメガネと。』 (2008年01月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuskus125
読者になる
Yapme!一覧
読者になる