【 更新情報 】

スポンサード リンク

空心菜の炒め物は簡単に作れる

空心菜といえば炒め物にして食べることが多い野菜です。中華料理をはじめ、タイ料理やベトナム料理でも空心菜の炒め物があります。空心菜の炒め物は簡単にできるので、チャレンジしてみましょう。材料は空心菜と油があれば料理になります。ニンニクといっしょに炒めることが多いので、ニンニクもあるといいですね。それとトウガラシがあるとアジア風になります。アジア旅行に行ったときの空心菜の炒め物が美味しかったという人は多いと思います。そういったときはトウガラシをアクセントに入れてみましょう。

空心菜の育て方

空心菜はアジア原産の野菜なので、暖かいところを好みます。空心菜を栽培するには、気温15度以上が必要となります。種を蒔くのは暖かくなる5月から8月くらいが最適です。夏に種を蒔くと3週間ほどで収穫することができます。

種は1センチくらいの深さに埋め、茎が5センチくらいまで伸びたら、プランターの土が浸るくらいの水をあげましょう。空心菜の背が30センチくらいになったら収穫時です。根元から収穫しましょう。

空心菜はプランターで栽培できるので、ベランダや庭など自宅で簡単に育てることができます。空心菜の育て方は比較的簡単なので、ぜひチャレンジしてみましょう。


野菜の育て方の基礎を学ぶには
基本の野菜じょうずな育て方

空芯菜という野菜

空心菜はヒルガオ科のサツマイモ属の野菜です。茎の部分が空洞になっていることから中国語で空心菜と呼ばれています。日本語でも一般的には空心菜ですね。ヨウサイと呼ばれることもあります。空心菜は熱帯アジア原産の植物で日本では沖縄でも採れます。水辺や湿地帯で栽培される暑さに強い野菜なんですね。見た目はサツマイモに似ていて、あまり知られていないかもしれませんがアサガオのような綺麗な花が咲きます。

空心菜は茎や葉をニンニクと一緒に炒め物にすることが多い野菜です。空洞になっている茎の部分のシャキシャキとした独特の食感が人気の野菜です。中華料理やタイ料理、フィリピン料理など東南アジアの料理の材料に使われる野菜です。最近では、日本でも空心菜を使った料理は人気があって中華料理店やタイ料理店などエスニック系レストランのメニューにある料理です。日本では九州地域など温暖な地域では栽培されえいますが、日本で空心菜は、まだまだ希少な野菜です。

空心菜はホウレンソウと比べても、カルシウムやビタミンが豊富で栄養価の高い野菜です。独特な匂いやクセがないので、日本人の口にもあう味の野菜です。空心菜の茎の部分は天ぷらにしても美味しいですね。


国産の空心菜が安い!!
【静岡県産他】 空芯菜
P R
カテゴリアーカイブ