太陽と海の教室 第9話 

2008年09月15日(月) 22時55分
ハチの死因が良くわからないので、イマイチドラマに入り込めなかったですね。船が沈没か転覆したんでしたっけ?

まぁ、ドラマ的には、同級生を庇って亡くなったというファクターが欲しいだけなんで、死因までは考えてなかったんでしょうけれども。

織田裕二は、(世界陸上繋がりで)オリンピックを意識して、「この夏は織田にやられた」と言わせたいとおっしゃられたみたいですが、「この夏は織田がやられた」となっちゃっいましたね。

そうは言ってもね、個人的にはこのドラマ、結構気に入ってます。織田裕二の新境地というか、新しいスタイルが確立されたように思えるからです。

今までのドラマにおける織田裕二の役は、あくまでも主人公でしかなく(特に織田ドラマでは)、今回のドラマのような、狂言回し的な立ち回りはほぼ初めてじゃないでしょうか。それを今回のドラマで、見事にやってのけたと思います。時には空気になり、時には他の役者を際立たせたり。

その傾向は最初からあったんですが、多分、視聴率の関係で途中に梃入れがあったと予想しますが(梃入れ自体は悪くないですよ)、それから顕著に狂言回しの立ち位置になったように見えます。

教師役ということで、そういう変更がやりやすい役だったというのも幸いだったでしょうし、当初からそういう意図も、勿論今のように極端に変えるということではなかったにしても、考慮に入っていたことも、すんなりと変更出来た要因だったのでしょう。

最初は、もっと織田裕二に焦点を当てて、学校側(理事長側)の問題(履修科目)と織田裕二の激突、それにプラスして生徒達との交流、といういつもの幾つかの要素が進行するけど、集約先は織田裕二(のキャラね)という織田ドラマの流れにしたかったと思うのですが、それをやっていれば、今頃はまたグダグダで、結局何も解決してないやろ、となっていたと思いますので、狂言回しへの変更という決断は良い方向に作用したと思います。

そう言えば、副担任の先生とサソードとの恋愛話も結局なかったことになっちゃってるしね。まぁ、いらないと言えばいらないけど、副担任の先生というキャラもいらないことになっちゃってるしねぇ。サソードはまだ生徒側の一人として避難出来たから良いけど。あ、副担任の先生の役者がいらないという意味ではないですよ。好みのタイプだし。

あ、最終回は来週なのに(15分拡大スペシャルですよ)、何かドラマのまとめに入ってるなぁ。

織田裕二的には良かったのかどうかわかりませんが、これでやりたくないであろう、踊る映画化第三弾に全力投球しなきゃいけない環境になっちゃったことは確実ですね。ラスクリ、冗談じゃない、県庁の星、椿三十郎と連続して大コケしちゃってるみたいな状況で、このドラマもはっきし言ってコケましたし、ここは一発奮起しないとね。ヒットしなくても内容が良ければなんですが、連続して内容もコケちゃってましたからね。

あ、当たってるのって、世界陸上だけ?

仮面ライダーキバ 第32話 

2008年09月15日(月) 14時06分
ぷに、ケバいよ、ぷに。

ちょっとお化粧が似合ってないんとちゃう?

渡とぷにって、お互いに人見知り系なのに、変身したら積極的な戦いをしますよねぇ。

互いに付けた傷を、一緒になって包帯ぐるぐるし合うのって、どうなんだよ。笑ってしまったじゃねぇ〜かよ。

キング登場場面、何かね、555のスマートブレインの場面を思い出しました。社長だし。

ビショップの登場の仕方、最高。あぁやって誰かが来るのをじっと待ってるんですよねぇ。忍耐強いですよね、ビショップ。隠れて待っている間、ぶつぶつ文句言ってそう。ぷにに対して、婚約者がいるのに(勝手に決めただけやけど)、何浮気してんだよ、とか。

音也とクイーンの遊園地での場面は、今後の二人を決定付ける内容を含んでいるんでしょうね。音也の中の音楽のみを理解するクイーンと、人間性の部分を好きでいるゆり、という対比でしょうか。そして、音也は自分の中の音楽を大事に、というか、それこそが自分、と思っているんでしょうね。

眠るキャッスルドラン。まだ、ビルに寄生してないんですね。

渡と(現代)キングは、異父兄弟ということで確定ですか。キングが人間に育てられたっていうのは、クイーンが育児放棄(相当の理由があったんでしょうけれども)したからなんでしょうか。もしそうなら、キングも悲しい存在として描かれるのでしょうか。

出たぁ〜、名護さんがバウンティハンターをやってるのは、釦集めの為だったんですね。そうか、そうだったのか。

もう、名護さん最高。イクサがなくても、ね。

キングと白峰さんとの関係は?

え?ないって?同じ役者なだけだって?

と、こんな短期間で同じ役者を使う必要ってあったんでしょうか。ザンキさんもやってたけど、あれは時間軸も違うし、明確に別のキャラっていう見た目の違いも強調していたし。今回は、何かわからないですよね。もしかして、キングと白峰さんと関係があるのかも、っていう錯覚をする子供達が出て来るような。

もしかして、キングは名護さんにやられてしまうのか。それか、逆に名護さんがキングに。名護さん散華、となっちゃうのでしょうか。

二人きりで合うって、キングの連れか店の人か知らないけど、中途半端な人数を従えてるやんか。駄目じゃん。

クイーンの姿って、時代というかやる人によって色は変わるけど、基本は同じなんかなぁ。ぷにに処刑されそうになったファンガイアが、一目見てクイーンと判別したし。能力を受け継ぐと、外見も受け継ぐようになるんかなぁ。というか、その能力を表す姿になるのかな。

登場しました、仮面ライダーサガ。ラスボスなのか、噛ませ犬なのか。それとも、空気になるのか。

今回は、全体的に大人しめの回となっていました。まぁ、前回が燃える展開をこれでもかと投入し、物語の要素的にも一段落を付けた(中ボスの撃破)ので、新しい展開に入っていくという立ち位置の今回は、こんな感じで良かったのではないかと思います。

そんな中でも、音也とクイーンの会話は、これからの終盤に向けての、過去編の最終展開に向けての布石となるのではないでしょうか。あの場面の演出って、お互いに言葉ではなく、音楽で会話していた、っていうことなんでしょうか。

あぁ、でも現代のキングの役は、村上幸平氏にやってもらいたかったなぁ。ぷにと結ばれる運命なのに、その運命を弟(きば)に覆されてしまい、失意のまま散華しちゃう、という役なら、村上幸平氏にぴったりなのに(こらこら)。

仮面ライダーキバ 第31話 

2008年09月10日(水) 23時54分
ぷに、かわいいよ、ぷに。

とうとう、ぷにがクイーンオルフェノクに変身しました。555への変身は二回チャレンジしましたが、二回とも駄目でした。人間としては二回死んで、二回オルフェノクの記号を体に叩き込まれましたが、やっと5年の歳月を経て、オルフェノクになることが出来ました。

あ、ち、違いましたね。

ファンガイアでしたね。

元々555でのぷには、最初はオルフェノクの王っていう位置付けやったと思うんですよ。途中で設定を変えて、オルフェノクの記号を埋め込まれた人間としての立ち位置にまで(番組的に)後退しちゃいましたけど、最後までオルフェノクや人間という種族関係なく、それらを含めて「人」であることを信じようとした、「人」を信じようとした、別の意味での母親的なポジションになったと思いますし、それで良かったのではないかなぁ、とも思うわけです。

あ、いや、正直に言います。草加がぷにを母親と言った意味の延長になって欲しかったです。あぁ、続編というか、同じメンバーでリメイクして欲しいなぁ。後1年位が(役者の年齢的にも)勝負だよなぁ。

あ、これ、キバでしたよね、すいません。

な、名護さん、キバを執拗に倒そうとしてたのに。相手が誰かとわかると、弟子になれ、ですか。もしかして、実力ではキバを倒せないので、手なずけようとしてませんか。それも、また名護さんですけどね。

流した涙はいつかは乾く。えぇ、台詞ですねぇ。ジンジンがどうなっていくのか、どう絡んで行くのか。そして、嶋さん、怪し過ぎる。現在のキングの名前も知ってるし(大抵のファンガイアは名前も所在も知らないんですよね、恐らく。知ってるのはチェックメイトフォーだけ?)。

ルークが公園で困っている子供を助けて、子供がおじちゃんって言った時に切れて殺すかと思ったら、流石に子供番組なんで、そこまでは出来なかった模様。

現在のチェックメイトフォーが一瞬ですが、勢揃いしました。かっちょえぇ〜。過去篇のチェックメイトフォー勢揃いも見たかったなぁ。

過去篇で、何気に普通に音也の家に、化け物軍団含めて集合してるじゃないですか。何か、自然な雰囲気だったし。

名護さんライジングイクサ、強ぇ〜。

そして、時空を超えた、母娘のイクサへの変身。痺れました。燃えました。

名護さん、良いとこあるじゃん。下心があるんやろうけど。

過去と現在とはいえ、二回もやられちゃったルークさん、ご苦労様でした。

チェックメイトフォークラスのファンガイアは、殺されてもドランとかに食べられない限り復活するということでしょうか。それにしても、ルークの復活まで22年かかったわけですが、チェックメイトフォーの補充というのは考えなかったんでしょうか。それとも、ファンガイアにとっては、22年なんてへっちゃらな時の流れでしかなかったのでしょうか。

ぷにの変身ポーズ、おかしいよね。変だよね。それにあのメイク、似合ってないよね。勿論、美しいけどさ。

でも、最後の反則後ろからの飛び蹴りは良かったです。こんな燃える回を、爆笑で締めてくれるなんて。

太陽と海の教室 第8話 

2008年09月08日(月) 22時02分
公式サイト http://wwwz.fujitv.co.jp/sun-ocean/index.html

青春してます。でも、主要人物の死が確定されているので、まるでベルセルクの蝕のような、絶望を味わう為の幸せを見せられたような感じで、ちょっとグサっときています。

というか、これだけ織田裕二を空気にするっていうのは、どんな梃入れなんやろう、とも思いましたね。

あの状況でどうやってハチが死んだのか、彼女の逆襲も含めて、来週が楽しみです。

いつも理事長の言ってることの方が正しいと思ってしまうのは、自分の人生に思い出がないからでしょうか。でも、思い出がないからこそ出来る強さ、っていうのもあるのを忘れてはいけません。思い出に縛られないのも、また人生でしょう。

太陽と海の教室 第7話 

2008年09月01日(月) 22時41分
公式サイト http://wwwz.fujitv.co.jp/sun-ocean/index.html

中断にはびっくりしましたが(仕方がないけど)、話の展開にもびっくりしました。

一旦はハチの自殺がなくなったかのような流れになったのに、結局海の上に来週はいるんですね。

ハチ役の人はうまいですねぇ。っていうか、今回の生徒役の人達ってうまいですよねぇ。キリヤンも成長してるし。

最初の頃のつまんなさとは打って変わって、どんどん面白く感じています。いや、ほんとに興奮してます。織田ドラマでこんな気分って久々です。ロケット・ボーイ以来かな。

ボタンのかけ間違えは、どんどんと連鎖して、自分だけではなく他人のボタンまでもなくしてしまうんですよね。

仮面ライダーキバ 第30話 

2008年08月31日(日) 19時35分
ぷに、かわいいよ、ぷに。

ぷにが何かいじらしくて、ほんまにあんたはクイーンなんかっていうのが良いですよ。ビショップは大変やろうけど。

そうそう、ビショップさんって、過去ではルークはタイムプレイに夢中だし、クイーンは子供(=太牙、だよね)をほっぽって音也(のヴァイオリンプレイ、今のところは)にぞっこんだし、キングは行方不明というか生まれたてだし。現在では、ルークはタイムプレイに夢中だし(あ、過去と一緒か)、クイーンは職場放棄の上に渡に夢中だし(あ、過去と一緒か)、キングは未だ登場して来てくれないし(あ、何気に過去と一緒か)、キングの座を狙うファンガイアは登場しちゃうし、もうしっちゃかめっちゃか。そんなん、面倒見きれませんわな。

今回の見所の一つ、名護さん入浴場面ですが、やってくれました、名護さんは期待を裏切りません。シャンプーハット似合い過ぎ。

ライジングイクサも強いのか弱いのかわからないところというか、最初はルークとアベルを相手に押していたのが、段々とヘタれて来るというのも、平成仮面ライダーシリーズの二号ライダーっぽくて良かったです。

音也と次狼の小芝居コントも笑えました。絶対、半分はあの二人のアドリブだろ。

静香の立ち位置がわかりませんでしたが、結局母親(的な)ポジションという落とし込みをしたみたいです。というか、これでまた空気になるか、フェードアウトしそうな感じが。キバットの存在を知っているという立場で、普通の人間とはちょっと違うというか、紅家の事情を知っているのかなって思ったりもしたんですが。

過去篇の力(ドッガ)がルークとキャラが被っていることを逆手に取ったギャグシーンも笑えましたね。スタミナねぇな、ドッガ。

ガルル、バッシャー、ドッガの(この時点では)未来の使用人モンスター+音也イクサが組んでも、ルークは圧倒的ですか。これは強過ぎますね。ルークは自分の強さに飽きて、22年の眠りにつくんでしょうか。

渡は自分がキバであることは、最初は隠していませんでしたが、名護さんに狙われるようになったり、キバはやばい存在みたいな言われ方をしたり、ぷにに見られたくない(それはお互いにですね)、そんな理由で自分がキバだと隠すようになったと思うのですが、とうとう名護さんに見られちゃいました。

って、ライジングイクサが戦ってる前で変身してるじゃんか。ということは、やっぱ隠してはなかったんですよね、多分。

ジンジンは、どういう扱いをしていくんやろう。何か、当初の設定とは変わって来てというか、当初の設定はなくなって、キャラを持て余しているように思えます。

今回は、コメディ展開が中心でしたが、アクションも面白く、役者もイキイキとやっているように感じられて、久々に良い意味で何も考えずに楽しめたました。

来週は、麻生母娘のイクサ変身(あるよね、予告編を見る限りでは)、名護さんの態度に注目です。ルークとアベルは倒されるのかな。

太陽と海の教室 第6話 

2008年08月25日(月) 23時02分
公式サイト http://wwwz.fujitv.co.jp/sun-ocean/index.html

お涙頂戴の典型的な、もう作為まっしぐらな内容でしたが、結構面白かったのは内緒ですよ。

うん。今回は良かった。今までで一番良かったと思います。いきなり、今まで最後だった主題歌が流れて来た時には、見てもないのに、見たような気になってたのは、もっと内緒なわけですが。

織田ドラマって、爆発的に面白い(盛り上がる)状態から、爆発的につまんない(盛り下がる)状態へと急下降する様を楽しむという形式(所謂グダグダ)だったわけですが、やっぱりこのドラマは微妙に違います。ズラしてきてます。

ラスクリは織田ドラマとはちょっと違うタイプ(でも織田ドラマに昔のトレンディドラマのエッセンスをまぶして再構築したものだけど)だったけど、そのラスクリの失敗を参考にして、手堅く纏めてきたなっていうのもあると思います。そんでから、踊るって僕は織田ドラマだとは認識してないんですが(踊るは好きですよ)、それにちょっと近いような感じもします。

視聴率も前回はちょっと上がったようですが、今回はその視聴率の悪さから少し梃入れされたのかな、という気もしています。

それはどの部分かと言うと、本当は今回はUFOガールの誕生日話で終わらせて、スパイスをちょっとだけ多めにかけましたという感じで学校の履修科目問題を取り上げるという形だったと思うのですが、そこをバサっと一旦の解決を見せて、生徒側の主要人物であるハチの自殺を(視聴者に)知らせたというものです。

普通、隠すよね。それか匂わす程度で終わらせますよね。でも、モノローグでもあったように、自殺した(する)のは確定ですよね。そーじゃなきゃ、あのモノローグは詐欺ですよ(笑)。

まぁ、それがね、生と死というテーマにうまく結び付いていたと思うし、結果オーライだったと思うんです、今回のドラマの内容としては。

梃入れっていうのは、織田裕二が顔にピンスポ浴びて、胸に手を当てるっていうシーンがなくなったことを指すんですよね、ほんまは(あのシーン、なかったですよね)。

次回はもう中盤というか終盤だと思うのですが(後二回位?)、何かとんでもない方向(←褒め言葉)に進もうとしてないでしょうか。いや〜、楽しみです。

仮面ライダーキバ 第29話 

2008年08月24日(日) 15時20分
ぷに、かわゆいよ、ぷに。

やっと出て来てくれました。唐突過ぎるし、積極的過ぎるけど。何か、同性から嫌われるタイプっぽい感じのキャラのように思えますが、かわゆいので許します。

おとーやんは、次狼のお友達の正体を知らんかったんか。って、普通気付くやろ〜〜。次狼がおとーやんまで呼び出すということは、あの三人でもルークには敵わないということなんですね。

何処まで強いんだよ、ルークつかチェックメイトフォーって。

この時の共闘を切っ掛けにして、呼び出しモンスターになるというわけでしょうか。

クイーンはキングと結ばれる運命であって、現代にはキングはいなくて、ファンガイアなら誰でもなれる(強くないと駄目っぽいけど)みたいですね。

娘の弟が出てきましたが、あの姉弟の話し振りによると異母兄弟ではないみたいですね。異父兄弟かもしれないし、もしかして双子かもしれないけど。弟も母親経由で素晴らしき青空の会のことを聞いているっぽいし、娘が戦士になったのは母親が死んでから(或いは死んだことによる何かが切っ掛けか)のようです。

父親は生きているっぽいですね。それが誰なんでしょうね。嶋さんが父親という線はなくなったのかな。次狼というのも考え難い状況です。結局、不明なまま終わったりして。

今週は保護者の小悪魔全開もあったりして、表面上はコメディタッチで進みながらも、裏(?)では大きな流れが始まった回でした。テンポも良かったし、謎のちりばめ方も良かったと思います。

来週は、とうとうキバの正体がバレるんでしょか。名護さんの混浴シーンも見物です。名護さんは、今回影が薄かったですからね。いやいや、混浴シーンは見たくないっす。

現代篇のキングは、あの男がやってくれて、しかもまた振られる、何ていう展開ならもう大満足なんですが。それやっちゃうと、ただでさえ主人公が空気っぽいのに、そのポジションまで奪われかねないんで、駄目ですよね。

DVDの補足。
息子中心に話が作られているのを見て、妙に違和感を覚えました。今はやっぱり、おとーやんを中心に話が作られているという印象が強く残るからでしょうか。おとーやんは初期は助演っていうポジションなんですよねぇ。過去の主役は母親って感じだし。

仮面ライダーキバ 第28話 

2008年08月19日(火) 0時20分
ぷに、出てないよ、ぷに。

何だよ、テレビの方にも出てないじゃないかよ。一体何を楽しみにキバを見ないといけないんだよ。

え?名護さんだろ、って?

はい。そうでした。

「さよなら、俺の初恋」

やってくれました、名護さん。

あれ?

娘に惚れてなかったっけ?

そんな設定はもうなかったことになってるの?

クイーンがファンガイアだとわかった名護さん。そして、その息子が彼、だとも。

動き出しましたね。過去に戻るっていうハチャメチャな逃げの展開はどうかと思うけど、名護さんにこの役目を担わせたのは良かったと思います。

警察沙汰になってた件はどうなったの?過去が変わったから、いきなし釈放?それとも逮捕されていた事実すらなかったの?つかさ、あの絵描きのおっちゃん、警察にも影響力を与える人になってたわけやけど、一般的にはそっちの方が成功した人生、と言えるんでないの?

おとーやんが言うには、名護さんは遊びを覚えるともっと強くなると。最初の頃のおとーやんに言われても説得力がないんですが、今のおとーやんに言われると十分に説得力があるのは、やっぱ一番役と役者がシンクロしてるからなんでしょうか。

それに、過去のクイーンに魅かれつつあるみたいな描写もありましたよね、おとーやん。やっと自分を理解してくれる人(じゃないけどさ)が現れた、と。

ライジングイクサはかっちょ悪いと思うですたい。

タイガは異父兄弟ということですか。ビショップは過去も現在も同じ。ルークも同じ。

映画を見て、息子はおとーやんの実の息子とは思ったんですが、血縁関係があるのかどうかはわからなくなってきました。娘とは血縁関係はあるけど、戸籍上の関係はなくて、息子とは血縁関係はないけど、戸籍上(って相手はファンガイアのクイーンですが)の関係はある、という形になるのか。

来週は、娘の弟が登場ということで、実の姉弟ということなら、娘の父親はおとーやんでも次狼でもないような。まぁ、こちらも異父姉弟かもしれませんけどね。

次回、やっとことさ、ぷにが再登場です。実はこれが一番楽しみ。

太陽と海の教室 第5話 

2008年08月18日(月) 22時18分
もう第5話ですか。早いもんですね。通常の織田ドラマなら、ここら辺りで最初の盛り上がりがあって、それ以降最終回近辺までグダるわけですよ。

しか〜し、今回のこのドラマ、初回が織田ドラマの割にはつまんなかったんですが、その後話を重ねて行くに連れて、何故かだんだんと面白くなって行くという展開です。あ、(初回から)話が面白くなって行くのは、織田ドラマの特徴だった。えええええ?と、言う事は・・・。

今回も面白かったんですが、それが次回には落ち込むんだよなぁという心配をしなくて良い(かどうかはわかんないけどね)んですよね、多分。今までの傾向とは違うのなら。

面白くなって来ている要因として、織田裕二と生徒役の人達との壁がなくなって来たというか、織田裕二が合わせているというか、生徒役の人達が実は結構うまいというか、良い意味での相乗効果が出ていると思うわけですよ。

今回のメインの谷村美月さんは言うまでもなくうまい役者さんであるわけで、安心して劇中に溶け込む事が出来るということも要因の一つであると言えます。

うん。今回の谷村美月さんは可愛かった。

ドラマの大きな流れも動き出しましたが、学校の抱えている秘密の問題が、履修科目の授業時間っていうのも、タイミングを外しているテーマというか、え?そんなことなの?って感じで、ちょっと先行き不安。

こんなんなら、理事長が実は吸血鬼だったとか、やっぱり織田裕二はアフリカでやらかしてたとか、そんなファンタジーの方が良いような気がしてきましたよ。

着地点として、実は織田裕二の授業は履修科目の内容であって、問題なしとなった。でも、生徒にとっては、受験勉強には関係ないかもしれないけど、人生にとっては有意義な授業だった、っていうものだと思うんです。でもね、そんなしょーもない展開はやめてよ。折角さ、織田裕二を使ってるんやから。