五月! 

2005年05月01日(日) 18時51分
うふふ、五月よ、五月v
今日は塾があったわ〜ちかれたー
それだけです(ぇ















「・・・・此れは、、、」
青年の目の前には、満干全席のような豪華な食事、
そして

硬い鉄格子の外には虎や豹に喰われる人々があるのであります。



「うぇ・・っぷ!!」


酒池肉林・・・青年にとっては辛い光景でありました。


「こやつ等は、先日、私に逆らった愚か者。元々、料理人だった故、最期は調理してもらう側になってもらったまでのこと・・・。どうだ、愉快だろう?」

愉快?

「・・・・貴方という人は、、此れが楽しいとお思いか!?」

「あぁ、楽しくないか?贅沢できるのだぞ?」

贅沢?

「た、たす・・・げっうわぁぁぁああああぁぁ!!!」

ぶしゅ・・ぐちゃ・・ボリ、、ごりっ!!!







「・・・・・・・・・・・・・のぅ?楽しくないか?財力は嫌いか?」

プチんと、何かが切れる音がしたのです。青年の耳には・・・

「・・・・財力は・・・簡単に言えば、「モノ」です」


大王は目を細めました。







「でも、、、、、人は・・・・・人間は・・・・生きてるんだ!!なのになんで・・?





















なんで、「モノ」に殺されなきゃいけないんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




連休! 

2005年04月30日(土) 22時50分
連休二日目ダーーーィ!
今日は、古いるろ剣のゲームをひたすらやっていました。
やっとコさ渋川町・・・疲れた〜
、いきなりなんですけどね、データを消しました。








はい嘘です(ウザ。
まあ、半分本当なのですが・・・実は今はそのゲーム二回目にやってるやつなんです。
一回目のを消去しちゃったんです(涙
それはそう、、、3年前。私が女子主人公でやっていた時のことです。
チョッとした、好奇心で男子主人公でplayしていた時・・・・わぁ!結構、進んじゃった♪
セーブしちゃえv


ココです、この部分に誤りが無かったら・・・それより全然結構進んでいたデータは消去されなかったんですよ。・・・・・・・・・その後私はいつもセーブをしている部分の所に上書きしてしまい・・・結果・・・・・・・

コンナ感じで、牧物のデータも消しました。ポケ銀も、データ初期化しました(死



まぁ、こんなところで











「・・・・アイツは如何しちゃったんだろうね、ビンゴ?」
少年は呟きました。
悪いようにはなっていないとは分っていても、やはり不安だというのは心の奥で湧いていたのです。

でも彼らは、離れる前に約束をしていたのです。
”必ず、逢う”
そう、云って。



「唄を唄おうか、ビンゴ?」
そう、少年がビンゴに言うと、ビンゴはクゥ〜ンと鳴きました。
ビンゴのクゥ〜ンは了承の合図でした。
何時も何時も、ビンゴは自分の主にこの決まった言葉を云っていたのです。

「........♪〜There was a farmer had a dog
And Bingo was his name-o
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
.........And Bingo was his name-o〜〜♪

どうだい?上手いだろう!」

そう云った彼の顔は太陽のような笑顔。
彼は子供なんです。子供だから、こんなにも輝いた笑顔を出せるのです。
それなのに、子供なのに彼にはこんなに辛い試練が沢山あるのです。





うはうは 

2005年04月28日(木) 23時48分
いきなり小説





















大王は叫びました。

「この男の、たった一人の友人とは何処か!?今すぐに出てこないと、こやつは死ぬことになるぞ!!?出て来い!」

辺りはシンと静まり返りました。



しかし、そんな中で一人の青年が名乗り出たのです。

「私です。王様。私が彼の友です」

「よし、では貴様はこれから私の城に棲むのだ、良いな?なに、お前を殺したりとか奴を殺したりとかはせん。・・・・・ただ・・」




”ただ、試すだけだ”

最後にそう呟いて大王は青年を城に導きました。





うへへ 

2005年04月27日(水) 23時18分
今日は、最悪の日です。ええ、最悪です。最悪が如何したってんだ!!?
えー、最悪と言うのは、
1.理科が補講になってしまった(死
2.まきが危なかった(ぇ
3.My ふぇぃばりっと teacher に挨拶しこねた(涙
です。
まぁいいや、早く小説!!(汗





















そんな大王に、彼は言いました。

「僕には、友がいます。一人だけです。このビンゴのことではないです。
でも、彼は僕のことを大切だと思ってくれます。そう思われるだけで、僕は嬉しいし、恥ずかしくはありません」

それに対して、大王は言いました。

「その男が、いなくなったら・・・?お前は如何する?」

少年は少し考えて、

「それなら・・・私は死を受け入れるでしょう。人の役に立たないなら・・・存在に気付いてもらえないなら・・・・僕は死ぬでしょう」

と答えました。






<明日に続く>

色々あった 

2005年04月25日(月) 19時53分
今日の大ニュースといえば、電車の脱線事故でしたね。帰ってきてテレビをチラ見したら、は?みたいな・・・。俺は、東日本なんでちょこっとだけ、怖い(怯。

ちょっと気分を明るくしよう♪
今日、俺のクラスでは各週体育があったんですよ。俺のクラスの連中はてっきり今日は家庭科かと思っていてですね・・・・(汗。15分経っても、教師が来ないんで、よく確認したら、あれぇぇぇ〜体育・たいいく・タイイイク(ぇ)・PE・Taiiku!!!!!!!!!!ってなワケで、、、皆授業やってるのに、普通に廊下走って、更衣室へれッつ号!!!!

ってな感じですタ。

それではこの辺で










そんなある日一国の大王がそのビンゴを見て、彼に言うのです。

「お前は、その犬と一緒にいつも一生に居てみすぼらしい。
お前等はよく恥をかくだろうが、私には絶対に恥をかかす事など出来ないだろう。
もしも、私に恥を味あわせる事が出来るのならば、お前等の望みは何でも叶えよう。


しかし、それが出来ないのなら・・・・民の役に立たないお前等は死んで罪を償わなければならない」

そのとき、大王は家臣に『一つの余興だ』と言ってケラケラと笑っていました。






<明日に続く>

2日遅れの誕生日 

2005年04月24日(日) 23時36分
タイトル通りなんですが、俺の誕生日じゃないんです。
小学校のダチの誕生日ですよ。
クッキー焼いて持っていきました・・あと彼はテニス好きなのにゴルフ屋で買ったリストバンド(死。ヤベーーー
元気そうで良かった反面、彼は何だか塾の宿題やなんやらで大変そうでした。公立行っていない俺が言うのもなんですが、あんまり無理して欲しくないな。
いやいや、彼が好きなわけじゃないんですけどねvそりゃぁ、容姿良いし、スポーツ万能で、頭も良いですが・・・。


そんな訳で、今日は呟く







キミへ







運動に 夢中なキミ

私の大切なヒト


勉強に 励むキミ

私の大事なヒト


ひとり何時も 輝いてるキミ

私の親友を超えたヒト





全てが明るいキミに

願わくば

その明るさが一生続かんことを・・・・・

後、50分!! 

2005年04月23日(土) 23時10分
今晩は、狐徹さんですよー
では今日は連載モノのみでお楽しみくださいなv


















小さな農村に、小さな魔法使いの少年が住んでいました。
彼は魔法使いの血を受け継いでるからという理由で、両親を殺されて・・・・
ともかく血縁の繋がった人々を皆殺されてしまいました。

そんな彼には”ビンゴ”という、大切な一匹・・いえ、一人の家族が居たのです。

ビンゴも彼を慕い、彼を守っていました。













<明日に続く>

小説なんかも載せたいな〜 

2005年04月22日(金) 19時03分
今日、学校で不審者の話が出たんですよ(も、勿論公式に。
それで、まき(担任)が凄くドもってました。正確にはコンナ感じ・・・
「え―――不審者が出たとのことらしいんですか・・・ココの生徒じゃなくて・・ショ、小学生にその――男性が、ね。ん・・あまぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・詳しくは言いませんけど・・・(黙秘権を主張
とまぁ、、、コンナ感じに。。。SHRのクセして長いなぁ、と思ったッス。

今回から、日記にも連載オリジナル小説っぽくブツを載せたいと思います。
感想なんかあったら、コメントしてください〜
因みに今回のブツは英語の曲、「BINGO」を参考に作っております。












のうかのひとがいぬをかっていた
ビンゴっていうなまえのいぬだった


「......〜♪There was a farmer had a dog
And Bingo was his name-o
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
And Bingo was his name-o――――♪」
よくあの方が歌っていた、この歌を受け継ぐことが 私の償い、罰。


これは世界で一番馬鹿で、優しかった少年の話。



こんばんは〜? 

2005年04月21日(木) 20時25分
むふふ。今日は可笑しな事ばかり。。
なんだか、俺だけ、ロッカーの鍵が渡されなかったんですよ。
というのは、貴重品管理の為とか言って、まき(前回の参照)がロッカーの鍵をくれたんですよ・・・・
俺以外の人だけ!!!
もぅ、さいあっく!!恥ずかしい!


<呟く(ぇ>


しろくろ



空は青色 夕日は赤色 お天道様は黄色 自然は緑色 

これだけの色でも・・・


コンナニすばらしいことが分るはずなのに・・・・



何で白と黒しか使わない?

今の人々は・・・







気分を変える為呟いてみる凡人
な〜に呟いてんだか・・・・・
ほんの〜りしましょ?
(馬鹿だ)(死

もず。 

2005年04月20日(水) 23時22分
23時に書く日記ってありなのか?まぁ、いいや。
今日、まきさんという某数学教師に3回も!三回も指されて不機嫌になりました。
しかも、彼はPCヲタ・・・(汗)PCヲタは嫌いじゃないんですが、(むしろ面白い)授業中にPCの話するなよ〜とか、思ってみたり。。。

<呟き>(書くこと無いので呟いてみたり・・・)


小人さんの恋路


キミの背中が大きすぎて
何だか私はちっぽけな 小人のようで・・・・



其れでも好きならしょうがないと
思う私が健気にみえて・・・

其れは其れで無償に恥ずかしくて
結局どっちなのだか分らない

分ってることは キミといた時間が・・・
嬉しくて 恥ずかしくて


それでもキミに
憧れたし 「好き」っていう感情も芽生えた

其のたび ヒトって不思議って思った



・・・・だから私はキミの元へいくだけ
誰にも止められないし 止めてと言われても止まらないだろうし

私が好きで すきで しょうがなかったキミに・・・


一緒に居てくれますか?





恋愛〜?というより、告白前の心情?
シリアスめいたのはあまり此処では出したくないので〜
デはデは・・・・
P R
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurusee
読者になる
Yapme!一覧
読者になる