平成21年度学童保育の憂鬱

February 26 [Thu], 2009, 20:42
 若い男も書くと聞いているブログというものを、オヤジの私もしてみようと思って、書
くのである。

 20年の、晩秋の、午後六時頃の会議から発する。それから
の経緯と事情を、わずかばかり、ブログに書きつける。

 私には小学一年生になる長男と保育園年中さんになる次男が居る。
私たち夫婦は共働きの為、長男は学業終了後、学童保育に預けている。

 昨年の晩秋、長男をいつもの様に小学校の教室を間借りしてる学童所に迎えに行った。
私の仕事は午後五時頃まであるので迎えに行くのはいつも閉所時間ギリギリの午後六時前になる。
その日はいつもと違い保護者や学童の先生、運営委員の地元の有志、役所の人間が集まっていた。

聞けばその日は市役所主催の「新年度の学童運営」の説明会らしい、初耳であった。

内容は以下の通りであった。

1.市町村合併に伴い新旧久留米市の基準を統一する

2.統一に当たり「久留米市学童保育所連名」に加盟すること。
  (加盟しないと助成金・補助金の類が貰えないそうだ。)

3.児童が怪我をした場合「連合会加入の障害保険、賠償保険以外の責任については、
  一切請求しないこと。

が主な説明内容だったと記憶している。

 西牟田地区は合併前から10年程度の歴史があり、保護者が築き上げたルールが独自にあったが
一切無視される方向性だった。

 例を挙げると、西牟田小学校周辺は農業地帯の為、農業用水路(クリーク)が点在する県下有数の
農業用水路(クリーク)地帯なのである。
農業用水の為柵などは設置されず水深は農繁期になると2mを越える。
そして、所謂「田んぼの真ん中」なので街灯などは皆無である。その為、学校では集団の登下校が義務付けされている。当然学童所も保護者が必ず迎えに来ることになっている。
 過去に不幸な事故が起き其れを踏まえてのことである。
先に述べたようにこの辺りは農家が多い、専業農家では無くても兼業農家が多い、よって土曜日は当然仕事である。仕事は8時出社の人も多い為、学童を午前7時30分頃開所出来るように保護者で7時30分〜9時まで当番制で廻し、午前9時に先生に引き継ぐ形を取っていた。
 土曜日預けない保護者も居るので「不満がない」と、言えば嘘になるが概ね順調にやってこれた。

前置きが長くなったが何を言いたいかと言うと、平成21年度からは「久留米市」の基準に統一する為に、
上記のことが、出来なくなると言うのである。非常に困った。
土曜日の朝は、午前8時半の開所時間を狙って子供達が各自バラバラに登校し帰りもバラバラに下校する様になるのである。 

重ねて言う、非常に困った。危険である。

役人に問た、「なんでそんな大事な事を半年前になって言うのか?」「久留米市内とこの辺じゃ生活環境が違いすぎる」「クリークに落ちて溺れたり、暗がりで事件に巻き込まれたりするのは想定しなかったのか?」

平然と役人は答えた。「全く想像しませんでした。」 

非常に困った。真剣に考えてないようである。

仕方がないので「今日は答えが出ないだろうから帰って検討して再度説明かを開いてください」とお願いをした。

今日子供が学童からプリントを貰ってきた。

内容は「平成21年度久留米市学童保育入所に伴う誓約書」であった。

どうやら久留米市はこのまま4月になるのを待って有耶無耶にするつもりのようだ。

非常に困った。どうしたら良いのだろうか。。。。

何方か知恵を授けてください。


※動揺の中記入をしましたので内容に礼を欠く表現が有るかもしれませんが平にご容赦を。
乱文で失礼しました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurumesi
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像なべけん
» 平成21年度学童保育の憂鬱 (2010年07月10日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kurumesi/index1_0.rdf