【 更新情報 】

スポンサード リンク

車いすバスケの映画なら

今、障害者スポーツ界の花形ともいわれ、人気がある車椅子バスケを、映画でも楽しみませんか!!

車椅子バスケの映画なら「ウィニング・パス」が絶対お勧めです!

映画「ウィニング・パス」は・・井上ひさし原作のベストセラーで、犬が主人公の痛快活劇「ドン松五郎の生活」をヒットさせた中田新一監督の作品で、2004年に公開されました。

「ウィニング・パス」は、アジア初「ゴールドカップ」(パラリンピックと並ぶ世界最高峰の車椅子バスケット選手権大会)開催地である北九州市を舞台に、高校生主人公健太の車椅子バスケにかける青春群像を描いています。

不慮の事故で、下半身不随になった健太が、幸運にも車椅子バスケに出会い、挫折を乗り越え、アスリートとしての第2の人生を進んでいく、そんなストーリーです。

車椅子がコートを疾走し、スピードと鋭いターンの切り返し、車椅子を緩急自在に操り、ところ狭しとくりひろがれる白熱のプレーには、圧倒され、一気に引き込まれます。

この「ウィニング・パス」のプロデューサーの中橋真紀人は、バリアを突き破る車椅子バスケの魅力に感銘し、この映画「ウィニング・パス」を企画したほどです。
松山ケンイチさん、堀北真希さん他らの豪華キャストを向かえ、音楽監督には邦画ヒット作「黄泉がえり」の音楽を手がけた千住明さんで話題が盛りだくさんです!!

ぜひ、車椅子バスケの魅力たっぷりの映画「ウィニング・パス」見ましょう!!

車椅子バスケに引き込まれていくこと間違いなしですよ!!

車椅子バスケのrootsとは

車椅子バスケは、今では、パラリンピックの代表的は競技種目になり、
障害者スポーツの中でも花形ともまでいわれるほどの人気ぶりです。

この車椅子バスケ、いったいいつぐらいから始まりどのようなrootsがあるんでしょうね。

車椅子バスケは、歴史があるんです!
車椅子バスケは、1890年代初めにアメリカで生まれ、
1946年に第二次世界大戦で車椅子生活となった傷病軍人たちが始めたのが最初とされています。

ほぼ同じ頃イギリスで、ストーク・マンデビル病院の脊髄損傷センター所長クットマン博士により、
リハビリテーションのひとつとして、車椅子のネットボール(バスケットボールの元になったスポーツ)が、
はじまりました。

この2つの流れは、1950年代にひとつになり、車椅子バスケが各国に広がり、
1960年第一回パラリンピックから、公式競技になりました。

日本では、前記のストークマンデビル病院の脊髄損傷センターで学ばれた中村裕博士が、
1960年頃、国立別府病院などで車椅子バスケットボールを紹介されたのが最初とされています。

車椅子バスケは、こんなrootsがあったんです。興味深いですよね。

現在では、82の国や地域が国際車椅子バスケットボール連盟(lWBF)に加盟し、
レクリエーションとして楽しんでいる人たちを含めると、
世界で100,000人以上がプレイしているそうです。

これからも、もっともっと車椅子バスケをする人が増えていくことでしょう!!

車椅子バスケにかかる費用

車椅子バスケは、数ある障害者スポーツの中でも、
花形スポーツといわれるほどの人気があります。

車椅子バスケの魅力は、
なんといっても車椅子ならではの、迫力とスピードです!
この魅力に、引きつけられているのは、
障害者よりも、健常者!ともいわれているです!

これからもどんどん車椅子バスケをやりたい人が、増えてくるでしょう。

そこで、これから車椅子バスケをしたいのに気になってくるのは、
車椅子バスケにかかる費用ですよね。

特に、健常者は、車椅子を普段使わないので、
車椅子の費用は、想像がつきませんしね。

車椅子バスケをするには、バスケット用の車椅子が必要になります。
バスケット用の車椅子は、一般の車椅子とは違い、
タイヤが八の字になっていて、すばやいターンができ、
そして転倒防止用に後方にも小さな車輪があるのが特徴です。
高さなどが、調節できるものと、それぞれのプレイヤーにあわせた固定用があります。

種類があるので、価格は様々ですが、1台25〜40万円ほどのものが多いようです。
バスケット用の車椅子を扱うスポーツ用品店で、
購入することができますが、インターネットの、色々なショップサイトからでも、
手軽に購入できます。レンタルもしてくれるところもあるんですよ。

これで、車椅子バスケを始めることができますね!

車椅子バスケなら「リアル」を読もう

車椅子バスケというスポーツがありますが、
聞いたことくらいはある人も多いのではないでしょうか?

「リアル」という車椅子バスケの漫画もありますしね。
この車椅子バスケ、障害者のスポーツだろうとカタを括って舐めている人も多いようですが、
それはとんでもない勘違いです。

車椅子バスケの魅力は、先ほど触れた漫画「リアル」でも分かります。
「リアル」は、あの大人気バスケ漫画「スラムダンク」を
描いた井上雅彦さんの描く車椅子バスケの漫画です。

障害者とか関係なくバスケに対する情熱がひたすらあふれていて、
3人の主人公のそれぞれの「リアル(現実)」に色々感じるところのあるストーリーです。

「リアル」は読んでいてとても惹きつけられていきます。

車椅子バスケは障害者スポーツの祭典パラリンピックの種目でもあるわけですが、
パラリンピックで車椅子バスケといえば大人気の花形種目なんですよ。

国際車椅子バスケットボール連盟 (IWBF)なんて団体もあり、
このIWBFには現在75ヵ国が加入しているという人気ぶりです。

車椅子バスケのことを知ったついでに、「リアル」を読んでみてはいかがでしょうか?

モバチュウで車椅子バスケをみよう

車椅子バスケは、今や障害者スポーツの中でも花形とまで言われ、人気のスポーツです!

車椅子バスケの魅力は、なんといってもスピード感と迫力です!
そんな魅力あふれる車椅子バスケ試合、見てみたいですよね!

そこで、車椅子バスケの試合を手軽に見ることができるのが「モバチュウ」です。
「モバチュウ」とは、携帯電話ののテレビ電話機能を使ったインターネットライブ中継です。

携帯電話で撮影・発信するので、電源やインターネット環境がない屋外でもライブ中継ができ、
テレビ電話機能付き携帯電話さえ持っていれば、
全国どこからでも、だれでも情報を発信することができるシステムです。

さらに、携帯電話映像だけではなく、ビデオカメラ映像や、VTR映像、
テロップ情報などを複合的に組み合わせることで、
車椅子バスケをはじめとする障害者スポーツ競技の試合の様子や各種イベントに合った、
ライブ感やエンターテインメント性のあるコンテンツを発信することができるんです。
「モバチュウ」は、車椅子バスケの試合を文字情報(テロップ)やビデオ映像(VTR)を交えて
インターネットへ配信しています。
臨場感あふれる車椅子バスケの試合を手軽に楽しむ事ができます。

「モバチュウ」で車椅子バスケの試合を見て車椅子バスケの魅力をいっぱい味わってみませんか!!

パラリンピックを見よう!車椅子バスケの魅力

パラリンピックは、聞いたことはあると思いますが、
どうしても関心は、同時期に開催されるオリンピックに、いってしまいまいがちですよね。

でも、実はパラリンピックも見所いっぱいです!とにかくすごいんですよ!!

パラリンピックとは、国際パラリンピック委員会が主催する身体障害者を対象とした
世界最高峰のスポーツ競技大会です。

オリンピックと同じ年に同じ場所で開催され、
夏季は陸上競技・自転車競技・卓球・サッカーなど、
車椅子競技では、バスケット・テニス・フェンシングなどがあり、
冬季はスキー・ホッケー・車椅子カーリングなどと数々の種目があり盛沢山です。

パラリンピックでは、身体障害はありますが、
選手たちがそれを感じさせないすばらしい華麗なプレーを見せてくれます。

オリンピックにも負けてませんよ!!

今後は、冬季には2010年バンクーバー大会、夏季には2012年ロンドン大会があります。
ぜひ、パラリンピックを見ましょう!!

今まで、関心がなかった人でも必ず惹きつけられること間違いなしです!!
そして、数あるパラリンピックの競技種目のなかでも、
花形ともいわれる「車椅子バスケ」に注目です!

車椅子バスケの魅力は、何といってもスピード感と迫力です!
車椅子を巧みに操りながらの熾烈なポジション争いや
車椅子同士の激しいぶつかり合いには、目がはずせません!
スピードと迫力に、時間がたつのも忘れてしまうほど圧倒され、
あっという間に車椅子バスケのとりこになってしまいますよ!!
P R
カテゴリアーカイブ