自動車の廃車ならガリバー!まずは廃車見積もりから!ガリバーで自動車の廃車をするなら面倒な手続きや車の引き取りもスムーズ!廃車証明・必要書類、重量税・自動車税の還付の手続きも安心!かなり細かいサービスが行き届いているのがガリバー廃車サービス!

ガリバーとカービューはどちらが高額買取するか?

ガリバーもカービューも事故車買取査定中古車買取査定としています。今までの経験では、事故車を処分する場合はカービューで、中古車買取の場合はガリバーを使うことが多いです。特に事故車の場合、複数業者で一括見積もりした方がベストプライスが出ることがあるためです。ただ絶対というわけではないのですが・・・ガリバーは、中古車販売網を持っていることもあり、高値で買取しやすいのかもしれません。確か買取後2週間ぐらいで売却できるそうですから!在庫リスクが少ない分、買取査定も高くできるのかも!
 
   
Posted at 14:01 / 廃車手続きのこと / この記事のURL

リサイクル券(預託証明書)について!紛失したら再発行できる?

2005年に公布された自動車リサイクル法により、自動車買取査定中古車買取査定事故車買取などでは、リサイクル券(預託証明書)が必要になります。なお、バイク買取査定では、リサイクル券は必要ありません。バイクは、自動車リサイクル法で対象車両外なので!その代わりバイクは、2004年からスタートした『二輪車リサイクルシステム』により、メーカー希望小売価格に予めリサイクル費用が含まれているようです。なお、自動車のリサイクル券は、紛失すると再発行ができないので注意してください!しかし、もしリサイクル券(預託証明書)を失くした場合、『自動車リサイクル料金の預託状況』が証明代わりになります。『自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)』から印刷できます。ただ、自動車リサイクル法以前に購入した自動車を売る場合、その時にリサイクル費用が別途請求されるようです。廃車見積もりの際は、ちょっと注意しておきたいですね!
 
   
Posted at 15:08 / 廃車手続きのこと / この記事のURL

自動車の処分・廃車はガリバーのような専門業者が便利!

そもそも自動車をまともに中古車販売屋とか整備工場で廃車・処分しようとしたら、平気で10万くらいは請求されると思います。不動車なら引き取り料も発生するので、なおさらですね!そもそも自動車の廃車・処分で一番面倒なのが廃車手続きです。そもそも廃車するには、運輸支局や自動車検査登録事務所で手続きする必要があります。管理人もやったことがあるのでわかりますが、面倒です。専門業者以外は嫌がりますからね!そんなことを考えるとガリバーは全部代行してくれるので便利といえます。しかも安いですから!仮に売却する自動車に価値が無かったとしても、お得といえますね!
 
   
Posted at 15:53 / 廃車手続きのこと / この記事のURL

管理人が始めて自動車を廃車にした時の体験談!今なら間違いなくガリバーを使うね!

今まで10台以上の車に乗りついできましたが、実は廃車手続きをしたのって1台だけなんですね。事故したときも廃車にしないで修理したほどですから!ただ、あの時は本当に調子の悪い車(知り合いの空き地に放置していた自動車)をバッテリー交換してタダ同然で譲ってもらった車だったのですが・・・最後は本当に壊れて動かなくなりました・・・

結局、その車(軽自動車)を廃車にしたんですが、当時はガリバーなんて自動車の買取査定が無い時代でしたので、全て自分で廃車手続きをしました。当時はお金が無かったので仕方が無かったですね。

特に陸運局や警察署などに行った覚えがあります。特に一番面倒だったのがが廃車する軽自動車の引き取りですね。既に動かなくなったいたので、解体屋を回っ手配したほどです。

なお解体屋に自動車を売る場合、知り合いとか紹介経由で無いと、法外ではないのですが、かなり値段をふっかけられます。その値段を考えればガリバーで廃車の廃車見積した方がいいと思います。

それを考えるとガリバーの自動車買取査定って便利ですよね。普通の中古車から事故車・不動車まで、ガリバーなら何でも買取査定してくれますので!しかも引き取りはローダーで迎えに来てくれますからね。廃車手続きや廃車証明書も出してくれますから、今なら間違いなくガリバーを使いますね!

まあ自動車の廃車手続きをして色々知識は付いたのですが、2度はしたくないなというのが本音ですね。
 
   
Posted at 09:21 / 廃車手続きのこと / この記事のURL

自動車を不法投棄すると罰則規定は?私有地の不法投棄車の処分方法は!

自動車リサイクル法のおかげで、ここ数年の自動車の不法投棄は減っているそうですね。ただ、それでも無くならないのが自動車の不法投棄!そこで自動車を不法投棄した場合の罰則規定および、その処分・処理方法について調べてみました。

基本的に不法投棄は、5年以下の懲役(最高)もしくは1000万円以下の罰金となります。そして場合によっては、この両方が科せられるそうです。といっても現実問題として自動車を不法投棄する人は、足が付かないようにナンバープレートを外すのはもちろんですが、車体番号を削っているケースが非常に多いです。

特にナンバープレートが外されている場合、自動車の所有者や名義人を割り出すのに役立つのが車体番号です。しかし、名義人がわかってもそれが車の所有者とは限らないケースも当然あるわけです。要は、名義変更をしていない場合、もしくは業者に処分した自動車が登録抹消せずに意図的に捨てているケースなどがあるからです。

また私有地に捨てられている不法投棄の自動車は、その土地の所有者が色々と手続きをして処分・処理するのが普通のようです。この場合、まず私有地のオーナー(所有者)が自動車の所有者を探して自動車の撤去と損害賠償を請求することになります。ここで注意することは、自分に関係の無い不法投棄の車だからといって、公道に移動させたり勝手に処分することはいけないそうです。

そこで自動車の所有者がわかり、自動車の撤去を拒否された場合、裁判所に強制執行を申し立てをして、第三者が撤去します。この費用に関しては、後で所有者に支払わせることも出来るそうです。

ただ、所有者がわからない場合はどうなるのか、ちょっと気になりますね。

また自動車の不法投棄は、市区町村で独自の取り決めがある場合が多いです。もしお困りの場合、市区町村の役場・役所の環境局などで確認してみるといいです。
 
   
Posted at 15:49 / 不法投棄のこと / この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!