車庫証明と行政書士

車庫証明を自分で申請する時間のない方であったり、よくわからないという場合には行政書士さんに頼むという方法もあります。
行政書士というのは依頼をうけて報酬を得て、役所に提出する許認可といった申請書類の作成だけでなく、提出代理といった業務を行う仕事です。

つまりこうした書類に関してのプロなので、丁寧にしっかりとした書類を作り提出してくれます。
車庫証明は自分でも書くことができますが、どうしても難しいわからないといった場合もあることと思いますので、もしわからない、そうした調べる時間もないというのであれば、プロの方に任せるというのもよいのではないでしょうか。

行政書士に頼む場合は、いろいろと探す方法がありますが信頼できる所を選びたいですね。

**オススメサイト**
ガイガーカウンターを探そう
 

車庫証明

車庫証明をとってないとどうなるのか・・・?
まず、車庫署名がとれないことには車を保有することはできませんが、中には他人から譲り受けた車などの場合は車庫証明をとらずに、保有しているってケースもあるようですね。
新規登録する場合や、移転した場合には、はじめから車庫証明がとれないことには登録ができません。
車庫証明に虚偽があった場合などの罰金は20万円以下だそうです。

おすすめ情報
話題のクラウドについて
女性の薄毛の原因を探れ
 

個人売買の場合の名義変更

個人で車の売買をする場合には車の名義変更がきちんとされるかどうか確認しなければいけません。
よく個人売買で問題となるのが、春先に売買したものの名義変更がされていなくて、車の税金が元の所有者のところに納付書が届いてしまうケースです。
そんなことがないように、個人売買の場合は気をつけたいものですね。

おすすめ情報

集客にはチラシが1番
イントラレーシックって?
 

車庫証明の条件

〜車庫としての必要な条件〜
●駐車場が自宅や事業所から2km以内である
●自動車を道路から支障なく出入りさせることができる
●自動車全体を収容できる大きさがある
●保管場所を使用できる権原を有する

〜注意事項〜
●ガレージなど屋根付きの場合は高さにも注意が必要です。
●お店などのお客様専用駐車場を借りることはできません。
●市営住宅などは、承諾書をもらうのに日数がかかります


おススメサイト⇒貯蓄性の高い学資保険を探そう
 

名義変更とは

「名義変更」とは正式には「移転登録」のこと。

自動車の名義を変更する場合、すなわち自動車の「所有者」が変わった際に変更登録する手続きのことをいいます。

どのようなケースで自動車の「名義変更」の手続きが必要になるのか。

主な「名義変更」が必要となるケースは、
・自動車の売買によって持ち主が変わった場合
・個人間での譲渡の場合
・ネットオークションで落札した場合
・転居などにより住所が変更になった場合
・自動車の使用本拠地が変わった場合
・結婚して姓が変わった場合
です。

 

名義変更の手続き

自動車の「名義変更」の手続きは用意する書類が少々面倒だけで思ったほど簡単で、誰でも手続きを行うことが出来ますよ!

しかし、「名義変更って大変」といった思い込みをされている方が多いのも事実です。
そのため、業者さんに「名義変更」を依頼するのが普通だと思っているはず。

業者さんに依頼する2万〜3万程度の高額の手数料がかかります。

確かに車庫証明申請から陸運局での手続きなどで最低でも2度足を運ばないといけませんが、「名義変更」を自分で手続きすれば、車庫証明の手続きや名義変更手続き費用を含めても3千円程度で済むのです。
※新しいナンバープレート代は含めていません

時間がある方は自分で名義変更をしてみましょう。

さあ、誰でも簡単に取得できる名義変更をしよう!

 

必要な書類

■事前に準備するもの

 ○自動車検査証(車検証)

 ○(旧所有者の)譲渡証明書・印鑑証明書・委任状

  ・譲渡証明書と委任状に実印を押印します。
  ・印鑑証明書は発効日より3ヶ月以内のものです。
  ・検査証と住所、氏名が変わっているときは、住民票、戸籍謄抄本を添付します。
  ・所有権付きの車は、ディーラー・信販会社などの書類が必要です。
   書類をもらうのに日数がかかりますので事前に準備しましょう。
  ・旧所有者が名義変更に行く場合、委任状は必要ありません。
   実印と身分証明書(免許証等)をご持参下さい。
  ・委任状での名義変更のさいは「有効期限」が記載されている場合もありますので、
   注意してください。

 ○(新所有者の)印鑑証明書・委任状
  
  ・委任状には実印を押します。
  ・印鑑証明書は発行日より3ヶ月以内のものです。
  ・新所有者と新使用者が異なる時は、新使用者は印鑑証明書又は住民票、委任状が必要です。
  ・新所有者自身が登録する時は委任状は必要ありません。

 ○車庫証明

  ・警察へ申請しますが、申請から交付まで3〜5日程かかりますので、
   名義変更するさいには最初に段取りしましょう。
  ・車庫証明がとれない車は登録出来ませんのでご注意を。
  ・車庫証明は証明日の翌日から40日以内のものです。
 

必要書類A

■陸運局で揃える書類

 ○OCRシート
  
  ・陸運局で記入するマークシートのこと。

 ○手数料納付書
  
  ・手数料印紙を貼る用紙。
  ・手数料は登録の種類によって異なる。

 ○所得税・自動車税申告書
 
  ・税金関係の書類になります。
  ・書き忘れ防止のために、検査証のコピーを用意しておく。

 

名義変更の手順

@必要書類を準備
新所有者と旧所有者が書類を作成する必要があります。
書類作成は、名義変更をする上で一番面倒なこと。
陸運支局へ行く前に、できれば事前に申請書類は一式、もしくは陸運支局でしか入手できない書類以外は記入も済ませておくとよいでしょう。

A陸運支局へ行く
管轄する陸運支局へ行きます。
陸運支局は土日祝日が休みです。
週末、月末、年末、年度末は混みます。
平日でもディーラーの方でいっぱいですので、書類に不備がないこと確認しつつ余裕を持って望みましょう。

B手数料印紙の購入
自動車検査登録印紙(500円)を貼った手数料納付書を入手します。

C申請書類を作成して提出しよう
移転登録申請書(OCRシート第2号様式)に記入して、あらかじめ用意した書類と一緒に窓口へ提出します。
審査官が書類に不備がないかをチェックします。

D新しい車検証を手に入れます。
上記の書類を提出後10分程度で、新しい所有者情報が明記された車検証を窓口で受け取ります。

 

車庫証明とは

自動車を登録する際には、「保管場所法」という法律に基づき車庫証明を取ることが義務付けられています。
車庫証明は自動車の保管場所のある地域を管轄する警察署で手続きをします。
車庫証明を取るための、条件は。。。。

1.自宅から保管場所までの距離が直線で2キロメートルを超えない範囲であること
2.道路から支障なく出入りができること
3.自動車の全体を収容できるものであること
4.自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権原があること

車庫証明は車を保管する場所がきちんと確保されていることを証明する書類です。
管轄の警察署から発行される。