アバウト・シュミット 

2007年03月09日(金) 7時47分
貴重な金曜日の2時間を返してくれと言いたい。0点だ。

何を言わんとしていたのか、さっぱり分からなかった。いや、正確には、おぼろげには理解できるか。
要は定年を迎えて無気力になったオジイの悲哀だ。それ以上でも以下でもない。俺に理解できるのはここまでだ。
仮に製作者サイドにこれ以上の狙いがあったとしても、少なくとも俺には届いていない。残念だ。

こんな事を言っては申し訳ないが、こんな事は世の中にいくらでもあるでしょう。
別に展開が「ありがち」だから面白くないのではないと思う。
ありがちでベタベタな展開の物語でも面白い映画はいくらでもある。
そしてそれらが面白いのは、ありがちな展開をマイナスと感じさせない何か(映像がすごいとか)があるからだ。

しかしこの映画の場合、日常茶飯事な出来事を、ごく日常的に描いているだけであり、これだったら「アバウト・シュミット」ではなく「アバウト・鈴木」でも十分に成り立ってしまうではないか。面白い訳が無い。
多くの人が、「共感できる」とレビューしていたが、共感できるというより、「よくある事だよね」で流せてしまうくらいのものだ。

他の人のレビューを見ると、最高傑作と褒めちぎっている人が非常に多い。
この差はどこから生まれるのだろうか?俺の精神がどうかしてしまったのだろうか? 一度病院に行ってみよう。

最後に。
星空を見上げて亡き妻に問い掛けるシーン。流れ星で啓示を受けるニコルソンオヤジだが、あまりにもチープ。シュミットは世紀の駄作だった。

結婚が考えられない魔物-4 

2007年03月09日(金) 7時40分
前回、意思はハッキリと伝えた方が良いと提案させていただきました。
しかしその際、一つだけ肝に命じて置かなければならない事があると思います。
それは、結婚を否定するという事は、相手の女性そのものを否定するも同義だという事です。
従って、それ相応の修羅場は覚悟しなければなりません。

恋愛シミュレーション 

2007年03月07日(水) 12時23分
少し前、ドラマの「電車男」を見ていたら、昔プレイした事のある恋愛シミュレーションゲームの事を思い出した。
あの超有名な恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」だ。
恐らく誰もが一度は聞いた事があるのではないだろうか。
このゲームは高校3年間という限られた期間の中で女の子と仲良くなり、卒業式の日に告白される事が目的という、男子の欲望を見事に具現化したゲームだ。
今回は、当時20代前半だった俺の「ときめきメモリアル」に関する悲哀と感動に満ちた物語をお届けしようと思う。

ある日、俺はゲームを買いに近所のゲームショップに出掛けた。
その時の俺には特に目的のゲームはなかった。
ただ、強いて言うなら「俺の心を満たしてくれるゲーム」に巡り合える事を望んでいた。
そのような漠然とした気持ちで店内を物色していた時、俺の目にあるゲームソフトが飛び込んできた。
それが「ときめきメモリアル」との出会いだった。

ヤツの第一印象は、それはもう最悪なものだった。
このゲームは絶対俺に向いていない。
パッケージに描かれている、髪を真っ赤に染め上げた女子高生の絵を見た瞬間、俺はそう確信した。
俺はお前のような髪の色をしたフザけた女子に告白される事は望んじゃいない。
何はともあれ、とりあえず髪の色を落として出直して来い。話はそれからだ。

画面の中の女の子とお話して一喜一憂している男共の心中を計り兼ねていた俺は、元々この手のゲームに対して非常に嫌悪感を抱いていた。
そんな思いも手伝い、一度は陳列棚に戻し掛けたのだが、そこでふと考えた。
やってもみないでこの手のゲームに偏見を持ったままでいいのだろうか?
もしかすると意外な発見があるかもしれないではないか。
そしてさんざん悩んだ結果、俺はこのゲームを購入する事にした。

結婚が考えられない魔物-3 

2007年03月07日(水) 7時40分
鬼の様な男と罵られるかもしれませんが、そうする事が最善の策だと思うのです。
何故なら、知人の女性に、彼に結婚する気があるのかないのか、その真意が掴めずにヤキモキしている人がいました。
その手の話題になるといつの間にかウヤムヤになってしまうとか、或いは彼が全くその手の話題に触れようとしないとかで、その女性は非常に悩んでいる様子でした。

無理もない事だと思いす。
何故なら彼女にしてみれば、彼の方が結婚する気になるまで何もせず待つか、その彼を見限って他の男を探すか、あるいは無理やりにでも結婚に持ち込むか。
彼の真意が掴めないがゆえに、選ぶに選べない選択肢が突如として現れてしまうのですから。

岡山のハト 

2007年03月06日(火) 8時07分
四国の香川県に出張に行った。その帰りでの出来事だ。

香川県の坂出(さかいで)から、マリンライナーという列車で岡山まで戻った。岡山から新幹線で東京まで戻る為だ。
無事に打ち合わせを終えた安堵感からか、前日の日曜日から現地入りしていた俺の疲れはピークに達し、出発まで50分以上はある新幹線を待ちながら、16番線のホームのイスでグッタリしていた。

誰もいないホームで一人イスに座ってうなだれていると、ふと自分の視界に何かが映った。
なんだろうと思ったものの、首を回すだけの余力がない俺は、視線だけをその方向に移した。
すると、どこからともなく現れたハト3羽とスズメ1羽が、遠くの方から俺の方に向かってテクテク歩いてくるではないか。
その歩みは遅かったが、しかし着実に俺に向かって歩を進めてくるように思えた。

予想通り、奴らは俺からわずか1メートルほどのところで歩みを止め、物欲しげな目で俺の顔をうかがっていた。ちなみにスズメはどこかに行ってしまった。
俺は乗り込む車両の都合上、ホームの一番端のイスに座っており、ほかに誰もいない事から推測するに、その視線は俺に向けられていると解釈するのが妥当だ。

「マメか・・・」

俺は一人つぶやいた。

結婚が考えられない魔物-2 

2007年03月06日(火) 7時37分
彼女との結婚生活を、違和感なく脳裏に浮かべる事が出来るのであれば、何も問題はありません。
二つ返事で了承し、二人で手に手をとり、幸せという大海原にとっとと漕ぎ出してください。
漕ぎ出しやがってください。
しかし検討の結果、彼女にとっては非常に残念な事ながら、自分には全く結婚の意志がないとの結論が導き出されてしまった場合、これは大問題です。

この場合、考えられる対処法は下記の2通りになるでしょう。
(1)上手く話題をすり替えてひたすらゴマかす
(2)自分の意思をはっきりと伝えてしまう

晴れ男 

2007年03月05日(月) 7時42分
自らを「晴れ男」と豪語する知人がいる。会社の同僚である「K」がその男だ。

Kは旅行が好きで、ここ最近は、ほぼ月1回のペースで小旅行に出掛けているらしい。
当然の事ながら、旅行当日は晴れの日もあれば雨の日もあるはずだが、K氏曰く、かなりの確率で「晴れ」になるのだという。

天気予報で「雨」と予想されていても晴れになったり、或いは雨が降っていても、自分が出掛ける時になると雨が上がったりするらしい。
以上の事実からKが導き出した結論が「自分はかなりの晴れ男」というもの。

確かにそう言う人はよくいる。
俺も雨に降られた日には「俺って雨男なのかなぁ」などとつぶやく事がない訳でもない。
いずれにしても冗談の範囲であり、本気でそう思っている人はいないと思っていた。

が、すごく身近にいたのだ。自分の事を本気で晴れ男だと考えている人間が。
いかに自分が優れた晴れ男なのかを、口角泡を飛ばして説明するKの顔は、真剣そのものだ。語気も強く、自信に満ち溢れている。

結婚が考えられない魔物-1 

2007年03月01日(木) 22時51分
めでたくも結婚が決定した二人は、当日までの間に結婚式の準備を進めなければなりません。
もちろんそこには数え切れないほどの魔物が潜んでいます。
俺としても早くその事について書きたい。ひのきの棒をもって右往左往している皆様に、少なくとも銅の剣程度の武器を差し上げたい。
しかし魔物が潜んでいるのは、何も結婚準備の中だけではありません。
何と驚くべき事に、それ以前にも強力な魔物が存在しているのです。
どうやら今回はその事について書かなければならないようです。
その魔物とは「そもそも今の相手と結婚する気があるのか」です。

ビジネスマン 

2007年03月01日(木) 12時26分
ある月曜日の午後。
出張を終え、新幹線で四国から岡山に向かっていた俺は、かなりイラついていた。
その原因は明らかだった。新幹線の喫煙席が空いていなかったのだ。
愛煙家の俺としては非常に辛い状況だった。

岡山駅のホームに降り立った俺は、まず一服するべく真っ先に喫煙所に向かった。
喫煙所には女性が一人、灰皿の隣の席で読書をしていただけだった。
年の頃なら25、6か。ロングヘアーで顔がよく見えないものの、芸能人に例えるなら知念里奈(←微妙)ではないかと思われた。
しかしその佇まいからして、知念里奈(以下、知念)を遥かに超える器である事は容易に推測できた。

知念なら守備範囲だ。イケる。そう判断した俺に、もう迷いはなかった。
そう、灰皿を挟んだ知念の隣に腰を降ろしたのだ。
他の席も空いているというのに、さぞ気持ち悪い思いをさせた事だろう。
だが知った事ではない。何故なら旅の恥はかき捨てだからだ。

はじめに 

2007年03月01日(木) 7時58分
2003年10月11日(土)
この日は俺と奥さんの結婚式でした。

互いに結婚を決意してから結婚式当日までの約1年と3ヶ月。
その結婚準備期間には様々な困難がありました。

式場側に異様に高額な見積もりを提出されては自分の不甲斐なさに枕を濡らしたり。
席辞表の印刷に失敗してはパソコンモニタに正拳突きをお見舞いしたり。
息抜きにプレイしたゲームで全滅してはコントローラを全力投球したり。
P R
最新コメント
アイコン画像こけし
» アバウト・シュミット (2008年10月19日)
アイコン画像ぷるん
» アバウト・シュミット (2008年10月06日)
アイコン画像よしと
» アバウト・シュミット (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» アバウト・シュミット (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» アバウト・シュミット (2008年09月24日)
アイコン画像ぱいん
» アバウト・シュミット (2008年09月20日)
アイコン画像海賊王
» アバウト・シュミット (2008年09月14日)
アイコン画像鶴たん
» アバウト・シュミット (2008年09月07日)
アイコン画像ミポ
» アバウト・シュミット (2008年09月02日)
アイコン画像けん
» ビジネスマン (2007年03月05日)
月別履歴
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ken
読者になる
Yapme!一覧
読者になる