【 更新情報 】

スポンサード リンク

黒執事は完全なギャグ漫画

黒執事の面白いところは、見た目はとてもきれいな絵柄なのに、実は完全なギャグマンガだというところです。
黒執事は、イギリスの名家、アントムハイヴ家の御曹司・シエルに仕える執事・セバスチャンのありえないほどの超人的名活躍ぶりを描く内容になっています。
しかし、黒執事のセバスチャンのそのバカバカしいほどの超人的な活躍が最高に笑ってしまうギャグマンガになっているのです。
黒執事の物語の設定は、執事という仕事が実際に存在していた19世紀イギリスの貴族の屋敷が舞台になっています。
黒執事では、執事以外に家令、庭師、料理人、家女中などの当時の実際にあるべき使用人たちも登場しています。
そして、執事の日常の有能な仕事ぶりや料理、デザートにいたるまでのこだわりにいたるまでも、黒執事の中でかなりまじめに執事の仕事ぶりを描いています。
しかし、そのような真面目な設定の中で、シリアスで美麗に描かれている執事が、あまりにもばかばかしい非現実的な活躍を繰り広げるというギャップが、かなり面白いマンガになっていて、そこが黒執事の魅力といえるでしょう。

黒執事のコスプレ

黒執事は、多くのファンサイトが存在しいて、夢小説までも掲載されています。
黒執事は、ファンの間でちょっとした社会現象になっているようです。
中でも、黒執事のコスプレは人気が高いようで、黒執事のコスプレ衣装の通信販売のサイトが多く見られます。
もちろん、黒執事のセバスチャンの衣装から、ファントムハイヴ家の紋章バッジまで、黒執事アイテムが全てそろえられるようになっています。
私自身、コスプレの良さはあまり理解できませんが、子供の頃にキャラクターの「なりきりセット」で遊んでいたような、あの感覚なのでしょうか?
コスプレを楽しむ人は、黒執事の衣装を着て、その人物になりきることで漫画と一体化する。そんな感覚を楽しむ大人が増えているのでしょうね。
驚いたことに、この黒執事のコスプレサイトでは、黒執事に出てくる人物のウィッグまで販売しています。
黒執事の衣装とウィッグ、またその人物にそっくりのお化粧をして、なりきることを楽しむ人が多いということなのですね。

黒執事はアニメ化もされた人気漫画

黒執事とは、月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス刊)に2006年10月号から連載されている、人気漫画作品です。
黒執事の作者は「枢やな」(とぼそやな)です。
黒執事のストーリーは、ファントムハイヴ家の当主である、シエル・ファントムハイヴに仕える執事セバスチャン・ミカエルスとその使用人たちの日常と、シエルの裏家業を描いているアクションシチュエーションコメディーです。
黒執事の物語の舞台は、19世紀のイギリス風のパラレルワールドです。
黒執事の作品の世界の描写は、基本的には史実のイギリスに忠実ですが、携帯電話が登場したり、テレビが出てきたりと、独特な「黒執事」の漫画の世界が形成されています。
現在、黒執事の単行本が4冊発売されています。
また、黒執事は2007年にアニメ化されている、人気漫画のひとつです。
黒執事の主人公である、執事のセバスチャンはスーパー執事!「当家の執事たるもの、このくらいできなくてどうします?」が口癖の知識・教養・料理・武術・・・全てが完璧のスーパー執事なのです。
P R