引っ越し

July 30 [Thu], 2009, 11:07
ブログ引っ越しました。
月をめぐる冒険 http://ameblo.jp/kafka73/

待ち人来たり

May 15 [Fri], 2009, 23:05
http://www.shinchosha.co.jp/murakami/

子供らしさ

February 03 [Tue], 2009, 1:08
http://kodomo.akahoshitakuya.com/
ふーん・・・

宇宙人

February 02 [Mon], 2009, 22:27
ある意味、赤ちゃんは宇宙人だなー。だから好き。
これ、かわいすぎっ芋虫かっ
最近、甥が出来たので、ますますベビーフェチです。

こっちもかわいいよー赤ちゃんの変顔たまんないなー。

かわいい奇跡

マルチバース

February 02 [Mon], 2009, 21:53
初めて、あこがれの毛利さんと佐藤勝彦先生のサイエンスカフェに参加した。
宇宙業界では、すごいビックネームな二人だ!どちらの先生も大好き!これはなかなかの倍率だったが、キャンセル待ちで行く事が出来た

かなり興奮!
少人数だったから、落ち着いた雰囲気で良かった。
どの先生にも言える事は、年齢に関係なく、少年らしく、純粋な動機が原動力になっている所だ。
どこの会社に行ったって、成功するだろうし、何倍もの年収を保証されるはずの学歴なのに、純粋に「宇宙を知りたい」ということを原動力にけして楽ではない研究の道に進むとは、並大抵の精神力ではやっていけない。

今回は、「宇宙は無数にあるか?宇宙の創生、マルチバースと人間原理」という内容で、多宇宙(佐藤先生は無量宇宙と訳したいのだそうだ、その方が趣があるから)のこともそうだけど、人間原理の部分のお話もとても面白かった。佐藤先生の話は、型にはまっていなくて柔軟でいろんな考えがあっていいと思うと言っていて、興味深かった。
宇宙は幕であるとか、ひもであるとか、沢山ある(無数に)とか、いろんな理論があるのだそうだ。
次元もいくつもあって、もしかしたら、まったく同じ世界が重ならない部分に存在するかもしれないとか、まるでリアルドラえもんのような夢のある話で、ワクワクしてしまった。
先生も、宇宙の物理法則は美しくエレガントなのだと言っていた。数式で宇宙が成り立っているなんて。自然のすべて物理法則があるのだそうだ。
どゆこと?って思うけど・・・いっか。エレガントだから。
宇宙が沢山あるという事は、曼荼羅の世界のようだと。時々思うが、科学と宗教という一見遠いものがどこかで重なるってのはなんだか興味深い。宗教には興味ないけど、そう考えると、人間の想像力ってあながちいい加減でもないのかもーとか。なんかすごい。

毛利さんが、佐藤勝彦先生に「原動力は何ですか?」と聞いた時、「宇宙の事が知りたいんです。知らなかった事を知れるのが楽しいんです!」と言っていた時の顔が、とてもかわいらしくて(失礼だけど)なんか、キュンとしたなぁ。
いや、佐藤先生は、もともとかわいらしくて、テレビで見てた時からファン。爆笑問題の太田に突っ込まれてドギマギの姿もとてもキュートです。あー、ますます大好きだなー。


宇宙に終わりはあるか

February 02 [Mon], 2009, 21:28
小久保先生が和製なら(賢そうな柴犬に似ている気がする)、村山先生は米国製な講義をしてくれる感じで、こちらもとても楽しかった!
元バークレー大学の教授で、プレゼンも上手でアメリカ的かも。この先生も、すごい人で国がアメリカから呼び寄せた人らしい。現代のガリレオ。でも、全然、フレンドリー。難しそうな先生じゃないところが素敵。普段はごく普通の3児の父なのだそうだ(今、次女が反抗期だそうです)。
偶然にも、私が住んでいた町のすぐ近所のバークレー校の教授でした。すれ違っていたかも。親近感。
http://www.ipmu.jp/jp/members/HitoshiMurayama.html

星と銀河はたった0.5%に過ぎない(こんなに広いのに!)。宇宙の80%以上の物質が地球には存在しない物質で、暗黒物質とか暗黒エネルギーとかで、これがないと、宇宙は出来ていない(なんか、悪そうな名前・・・)。

宇宙は最終的にはどうなるかというと、膨張してビックリップ(引き裂く)を起こすかもしれないと言われている。宇宙は膨張しているから、遠くの銀河はどんどん見えなくなり、観測できなくなってしまうから、はやく予算をつけて研究しなくてはならないわけです。
無限と思われる宇宙にさえ、始まりがあり終わりがある。すべてのものに終わりがあるというのは、なんだか救いでもある。そのたったひとときの瞬きのために自分が生きていて、何かを感じたりするのなんてとても不思議な事だ。このちっぽけな人間が壮大な宇宙の一握りを理解していることもとてもすごい事。なんだかクラクラしてしまう。

物理は苦手でさっぱりわからないのだけど、物理学者から言うと、宇宙の成り立ちは、本当に美しい物理が存在するのだと言う。←小久保先生も魅了された一人だと言っていた。
先生に質問したら、最終的にはたった一つの物理で森羅万象を説明できる物理法則が見つかる事が目標なんだそうだ。
それって、すごくない?かっこいいなぁ〜。でも、物理学者は福山雅治(ガリレオの)のようにモテないんですよ、と笑っていた。

ボールの落ちる速度なんか、なんだよ?と思っていたけど、宇宙の物理法則はわかりたいなぁー。でも、一生かかっても、生まれ変わってもわかんないだろうなぁ・・・ねぇ、アインシュタイン。

君を振り向かせたい

February 02 [Mon], 2009, 21:21
最近、好きなCM。こんな想いで生きていたいなー。・・・なんて言える年でもないか・・・。
音がずれたり、掠れた声、その外し加減がいい。

国会

January 08 [Thu], 2009, 20:56
実家に帰っています。
どうして年寄りはNHKなのか・・・雑音がないから?わかりやすいのかなー・・・と思いつつ、見た事もない国会中継を父と見る。
で、度肝抜かれました。「議論になってないじゃん・・・」頭悪いの?国会議員って・・・。
こんな話し合いしてんの?国会って・・・。

主には「定額給付金」について。ほんと茶番。いい大人が。どっちも。
子供の喧嘩よりバカらしい。揚げ足取りのオンパレードなんだよなー。大人げない。しかも本音なんてなし。

とにかく、野党は、低額給付金に疑問がある点を指摘。それはいいとして・・・なんだけど、その言い方もあの手この手で、総理を陥れるような語り口調だし、でもそれに対抗する総理も、笑ってばかりで(ごまかし?)答えは濁し、検討はずれ(わざと?)、下手の事言えないから、もう観点ずれてるし。議論じゃないですけど・・・。
いくらアホな私でもわかるわッて突っ込みどころ満載。もう、今、解散しろって感じだった。

「定額給付金」てさ・・・焼け石に水みたいなことして、景気回復もないだろ。お金持ちの人は、そのお金をもらって、よりお金を使って景気回復してほしいとか意味不明。お金持ちの人は、そんなお金もらわなくたって、欲しいもの買うでしょうよ。
しかも、本当に困ってる例えば家がない人や身分証がない人は、住民票さえ不明な訳だから、もらえない訳でしょ。そのシステム自体、おかしくね?
本音は、選挙前に票が欲しいからって言えばいいじゃん。ほんとよくわからん。信憑性がないんだよなぁ・・・。何よ、その机上の空論。

始めはお金持ちはだめって言っておいて、今度は1800万以上はだめって、何よ?その所得。そこからして、もう世間とかけ離れてるじゃん。その後、また撤回。景気回復にすべての人にって。規制を厳しくしないのは、要はより多くの家庭の票を落とすのが怖いから。
そもそも、無理あるじゃん、その法案。

そんな無駄な論議している間に、介護でも行ってこいや、って思ったね。
介護や医療費の事を言う議員もたくさんいるけど、そもそも経験してない人の言う事なんて、私は信じない質なので。
仕事ない人だって、介護の世界は人材不足だし、要はバランスが悪いわけじゃん。みんな、辛い事はしたくないのは同じだ。いろんな場所でなんか便乗している人がいる気がするな・・・。国会の議論もそうだ。
国会議員は、1週間に1回介助現場に行って、おむつ変えてこいよ!
もういっそのこと、少子高齢化を一緒にして、教育現場で介護の勉強すればいいじゃん。道徳じゃん。きれいごとばっかり言いやがって。誰でも老人になる。それを子供の頃からちゃんと見せて、介護して、それは悪い事じゃないと思うし、自然な事だ。知識は本だけで養われるものではないだろう。心を育てるのは大切な事だろうし。
老人にとっても、話し相手が出来るのは痴呆防止に繋がるし。どうして同じ人間なのに分けるんだろう?その方が不自然だ。若いお母さんなんかは、トラウマになるとかわけわかんないこと言う人もいそうだけど。
インディアンみたいに老若男女みたいな場所は日本にはない。なんでだ?いろんな人が交じれば、人は刺激を受けて、色々な事を考えるはず。
でも、どうしても管理しやすいために、区分する。

・・・まぁ、私の案は、極端ですけど。うーん、そんなに突飛でもないとも思うんだけどなぁ・・。田舎者だから?

もしもだけど、そういう風になれば、雇用も必要になる。そういう施設こそ(議員宿舎なんていらんから)家を用意してあげるとか、保育所も併設して(子育ても同時に出来るし)、もっと条件をよくすればキツい仕事でも、なりたい人は増えるかもしれないし。
子供の方がまだエネルギーもあるし、大人より素直だから、そういう姿を見て、なりたい子もでてくるかもしれない(子供はひねくれた事を言っても、なんだかんだで優しい生き物です)。
これ、一石何長にもなると思うけど。困難はすべて統括!で、そこに税金だって使えば解りやすいじゃん。一つなんだから。

人が増えれば、負担だって減る。かたや解雇されて仕事がないと言ってるけど、介護はずっと人不足。海外からお金をかけて、つれてくるプロジェクトだってある。

子供は何もできないか?老人は何もできないか?それではあまりに人間というものを知らなすぎるぜ、子供老人を侮ってないか?と思って。

間の世代ばかり圧力がきて、税金ばかり徴収される。方法を考えてよって思う。原因とやかく言う前に、生産性のある話してよーって思う。そして、その定額給付金の2兆円どこにあったのよ?って感じ。

仕事があったって、正社員だって、幸せばかりでもない。税金は多く払っているし、仕事は増えるし、終電でヘトヘトになって帰ってきて、会社でも大変で家庭でも嫌み言われて、子供は何を考えているのか解らなくて、あげくにニート(ニートは自力でやるならよし。これ持論)、親は痴呆・・・とかだったら、ほんと死にたくもなるだろうさ?
でも、これは別に国のせいとは思わないけどね。でも、全く関係無しとも思わないけど。

景気って言ったって、バブルが異常だったのに、所得が減ったら我慢するのは当たり前な気がする(バブルの恩恵にあやかってないので、なんとでも言える)かと言って必要なものは買うんだし。そもそも日本人の気質からして見栄っ張りだから、そこそこお金だって使うとこは使うとも思うしなー。人とあまりに違う生活は嫌だろうし。
日本だけ頑張ったって無理じゃん。そもそもアメリカがこけたからだし、世界情勢だってあるじゃん。オバマさん、頑張って。ってか頑張っている。もう、ブッシュ、バカだし。セレブ上がりってだめね・・・。←毒舌ですが、いいんです。無名な一般人なので好きに言えるんです。それくらいの小さい自由。

この前、修学旅行で、初めて国会議事堂に入ったけど、タクシー通勤なのね。運転手付きのね。議員って。近くに住んでるんでしょ?電車で通勤してこいやーと思って。いや、むしろ、自転車で。環境大臣とかさ。

派遣の事も話題に何度も上っていた。ここぞとばかりに言っているけど、派遣だって、まぁ時代というものもあるし、自分で選んだ人だっているだろう。当初は。その辺は価値観が変わってきた事でもあるだろう。
まぁ、やむを得ずという人もいるだろうから、そこは一言で言えないけど。でも、自分で選んだ人までなんか便乗しているかも・・とも思う。

価値観は曖昧なものだ。一昔前まで、エコなんて、貧乏臭かったけど、今は少しかっこ良かったり。まぁ、人の感覚ってイメージで簡単に変わる。話しずれたけど。
残された正社員だって、楽ではないはずだし。その辺は個人責任の人だっているのに、何でも雇用形態が良くないってのはおかしいかも。確かに、同じくらい働いていたら、腑に落ちないから、その辺はいろんなフォロー体制が必要にはなるだろう。いちいち、困難にぶつかったら、間をとったりとかどんどん変えて行けばいいのに。間違えだったらまた変えたらいい。変えて行く事でいい方法を見いだしてく行くしかないのに。昔はこうで・・・とかの話も、もう合わないソフトを無理矢理インストールしているようなもんだ。

カリスマ性がある人がいないから、総理大臣なんかいらんじゃん。今の日本。本当の意味で国民の代表とかいうなら、総括はコンピューターにすればいいんじゃないの?国民の多数決で。コンピューターはどんな人にも平等よ?ある人が言っていた。人間は裏切るけど、コンピューターは裏切りませんって。←同感!
PC触れない人は、わかりやすい場所で票をとるとか。そうすればあらゆる層の人の意見が聞けるかもしれない。

国会ってニュースでしか見た事がなかったけど、省かれてるけど、ばかばかしいやり合いなんだな・・・知らなかった・・・←遅すぎると思うけど、でも世間を支えてる、たいていの労働層は、フルで国会なんて見れない人がほとんだだ。

・・・まぁ、政治の事をしらない私が偉そうに言ってもそこもまた、たわごとに過ぎないんですけどねー。
熱くなっちゃったー。えへへー。迷惑なほど長いけど、いいの。自己満だからー。ちょっとすっきり。

あけまして世界天文年

January 06 [Tue], 2009, 22:56
今年はガリレオが初めて望遠鏡で天体観測して400年世界天文年です
http://www.astronomy2009.jp/

この前、ガリレオの覗いた望遠鏡を作ってみたよ。木星、金星は見えた。ガリレオ衛生のエウロパ、イオ、カリスト?らしきものも。ガリレオは、これで夢中で月や星を観察した訳だね

正月から仕事でした。かろうじて靖国神社に初詣に。
明日から少し遅めの俺正月。
突然ですが、明日から帰省します。
私が帰省している間に甥が産まれそうです。産まれるといいなー。見たいなー

久々に、おかあの茶色いおかずを食べたい。自分で作ってもなんか違うんだなー。
ルークと一緒に寝る。ムフー。

なんか、コレいいよね。たむらしげるの実写版みたいで。孤独でも寂しくない感じ。
http://www.toxel.com/inspiration/2009/01/03/beautiful-moon-photography-from-russia/



夜空のムコウのムコウ

December 26 [Fri], 2008, 23:11
今年も終わり・・・?いつの間に・・?
いつも思うが、年末も年を取るのも特別なように感じるが、全く普段と変わりなく時を刻んでいるに過ぎないから、物理的に言えば何も変わらない出来事。
けれども、人間とは、何事にも意味を持たせようとする。
年末だから・・・
年始だから・・・
○才だから・・・
区切りをどこかでつけて何かを決めようとするけれど、本当にそうか?それは自分で決めるのをきっと何かの力を借りて決めたいという潜在意識が働いているのではないか?
と、ややシニカルにリアリストに言い訳してみます。
というか、実際、節目だからと決めた事が何か良かったためしがない。から、思い立ったときが「その時」なんだ、と思おう。
誰にだって平等に均等に時間は刻まれているけれど、きっとその人の時間軸だって存在するはずなのだ。人間臭く言うと。
そんな自分時間をとらえる強さと夢見がちな幼さが欲しいとも思う相反するロマンチズムな今日この頃です。

夜空のムコウのムコウまで行って、夢なんかもう見ないと思うその果てに、宇宙の物理法則の美しさに心を飛ばしてどこか楽になる自分がいます。心理的な向こう側に物理的な向こう側がある。そんな事実に救われています。どうしようもない世界の中で。生まれた不思議の中で。自分のこの宇宙の法則の一つなのだと。偶然が重なって生まれた事はとても小さな出来事だけど、宇宙の小さい小さい歴史になる。それってなんだかとても素敵で涙が出そうです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒猫
読者になる
ブログ引っ越しました。
以前のブログはこちら。
月の裏側〜宇宙で迷子日記
http://apollo73.cocolog-nifty.com/blog/
宇宙から地球にきました。
E.T.から黒猫になりました。
迷い人で独り言を言うのは同じです。
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像黒猫
» 清里 (2008年11月24日)
アイコン画像黒猫
» 海人 (2008年11月24日)
アイコン画像honokoha
» 清里 (2008年11月22日)
アイコン画像honokoha
» 海人 (2008年11月22日)
アイコン画像黒猫
» 現実逃避2 (2008年08月11日)
アイコン画像AS
» 現実逃避2 (2008年08月11日)
アイコン画像黒猫
» 転々と (2008年06月27日)
アイコン画像A.S
» 転々と (2008年06月27日)
アイコン画像黒猫
» 転々と (2008年06月12日)
アイコン画像honokoha
» 転々と (2008年06月11日)

フリースタイルなヒトのツーハンカタログhaco.no.14

メールフォーム

TITLE


MESSAGE