不妊症治療薬の副作用、怖くないですか?



わたしの以前の仕事仲間の話を聞いてください。

結婚して10年、もう3年くらい不妊症で病院に通っていて

病院にかかりながらもありとあらゆる方法を試しても

うまくいかず、一時はノイローゼ気味になってしまった

人がいます。

ノイローゼが理由で会社も辞めることになり、大変だなぁ。と思ってました。

そんな彼女が「聞いて!赤ちゃんができたの!」と久々に

連絡をくれました。

どうやら「最後の手段で試した方法が良かったみたい」といっていました。

>>彼女が試した方法ってどんな方法?



不妊症治療薬の副作用についてです。

不妊症治療薬はクロミッド、セクソビッド、フェミロン、セロフェン

ヒュメゴン、hMG-フジ

フェルティノームP

プロファシー、HCG持田といろいろあります。

クロミッドは不妊治療の初期に処方されるお薬です。

3〜4周期で効果がなければ(妊娠しなければ)

それ以上続けると逆に妊娠しにくくなってしまうそうですので

気をつけないといけないですね。

その後は、HMG-HCG療法にはいるお医者さんが多くなったようです。

この療法で怖いのが卵巣過剰刺激性症候群の副作用が

でる人がいるという事です。

副作用ではないですが、HMGは種類によっては痛いと言う話をよく聞きます。


現在では、専門のお医者様にかかれば副作用が出ないように

処置してくれるそうですが、なんとなく不安ですよね。

他にも、多嚢胞性卵巣症候群という病気があるのだそうです。

あなたはどうですか?

痛みに耐えながらストレスの中で不妊治療をするよりも

リラックスして楽しく赤ちゃんを待ったほうが

いいと思いませんか?

もし、不妊治療を始めようか悩んでいらっしゃる方は

病院行く前にはじめてみる価値、あると思いますよ。

>>楽しく赤ちゃんを待つ方法とはどんな方法?
P R
カテゴリアーカイブ