ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE 

March 03 [Mon], 2008, 10:46
コンテンポラリーダンスと、アフリカンパーカッションと、コントラバスの
コラボレーションというステージ「ITOKO」を見てきたわ。


これがよくってさー。
なんかもう途中から、見たり、聞いたりするんじゃなくて
ステージ丸ごと体の中に感じた。
溶け合って、あたしはただそれを感じるだけでよかったの。
ふいに涙が流れたわ。すげー気持ちよかった。


コントラバスってあーゆー風にも仕えるんだって単純に面白かった。
なんだかよくわからないいろんなもので弾いたり、
床において何本も使って弾いたり、
頭のところに竹の風鈴をつけて頭をぶんぶん振り回したり、
へぇーーー。って感じ。


アフリカンパーカッション、て言ってるけど名前がわからないんだけど、
でかいジャンベみたいののまわりにアルミっぽい金属で作った
じゃらじゃらものすごいうるさいのをつけてて、
そのじゃらじゃらを両手でべんべこはじいている時はマジでおかしかった。


そしてダンスは、本当に私的なフィジカルな表現で、ダンスではなかった。
パフォーミングアートとも違う。
このジャッキー・ジョブさん、かわいい人、もう日本からいなくなっちゃうんだって。
また見れるかしら。

とてもすばらしい体験でした。

ITOKOインフォメーション 
神楽坂セッションハウス 

鳥茶屋 別邸 @神楽坂 

February 26 [Tue], 2008, 23:14

こちらの名物はうどんすき。
でもたまんねー。スゲーぶっといんだもん。
「一度食べたら必ず覚えていてくださいます」
って仲居さんが言ってたけど、
別の意味で忘れられないよ。。。

もともとすいとんとか分厚い麺がキライなあたしには
向かなかったな。

だけどそのうどんすき以外はどれも
珍しくて美味しかった。
とっても見た目もきれいだしね。
老舗のことはある。
とても上品で満足の品々です。

もてなしにも使える上品で美味しい店です。
でもうどんすきは・・・勧めないです。

鳥茶屋さんはココ

avocafe@神保町 

February 24 [Sun], 2008, 23:02

なんとアボカド料理のカフェーです。
でも結構アボつかってないのもあったぞ。

かわいらしい店内は金曜の夜ということもあって爆混み!
かろうじてカウンタに小さくなって座りました。

アボカドとチーズのオムレツ
アボカフェサラダ
アボカドのトムヤムヌードル
を食べました。
オムレツは結構見た目も味も美味しかった。


そして目を引くのはコレ。フルーツのお酒。
カウンターでまんまつけてて出してくれる。
泡盛コーヒーのお酒もあったぞ。
いちご飲んだらすごく美味しいし、ガーリーなお味に満足。

帰りはアボカドの種もらって帰りましたー。
混んでないときにまた行ってレポートしまーす。

わたしいまめまいしたわ@東京国立近代美術館 

February 23 [Sat], 2008, 22:41

なかなかよかったよ。すごく満足だよ。
あるテーマに沿っていろんな人のが集まっているのはお得だよね。
ただでさえ安い美術館なのに。

一番はっとさせられたのは、
identityをテーマにした展示。

「この7つの文字」とかいう文字だけが書いてあるの。
生き物にはできない表現だなーって。驚いた。

1枚の紙を破いた上で、一枚の紙のように
レイアウトしてあるのとか、
同じノリでひとつの薪?の真ん中を
くりぬいてばらばらにして薪に盛ってあるのとか、

まさにidentityってなんだろうっておもうよね。


目玉のスフィンクスもすごかったよ。
あらゆる人種、年代、性別、人間ではないものを
組み合わせているように見えた。結構でかいし圧巻。


ビデオインスタレーションはどれもかなり面白かったー。

あんまりレヴューになってるとはいえないけど、
とにかく見て!って感じ。ここは本当に安いしね。
東京国立近代美術館
大人420円。金曜は20時まで。

あ、9日までか・・・

坐・和民、あらゆる街角で 

February 19 [Tue], 2008, 10:45


1年前のある寒い夜、というか夜中。
我々は凍えていた。
したたかに飲んだ後、「鍋が食べたい。あったまりたい」と
渋谷の街をさまよっていた。
しかし明け方近い3時半に鍋を食べれる店はあまりなく
戸をたたいては丁寧に断られ。。。を繰り返しているうちにもう4時に。

ああ、もう鍋は食えないのか・・・・。

誰か「あそこに和民があるよ。」
誰か「ええ?でも和民でしょ。」
みんな「・・・・・・・・。」
誰か「もういいじゃん何でも。寒いしさ。」
あたし「そだね。坐はいったことないし」

ということでしぶしぶながら和民へGO!

4時なのに気持ちよく席に案内される。
朝方でも鍋もある!
さらには大容量で低価格のあったかいお茶やらのソフトドリンクが充実!
酔いすぎ+寒すぎの我々には天国でした。

「あー。なんでもっと早く和民に来なかったんだろう」
「最初から来てればよかった・・・泣」
「なんかこういう居酒屋はずいぶん来てなかったけど、すげーいけてる」
などなど口々に和民を誉めそやし、朝を迎えた。

本当に坐はいけてます。
安いし。なんといっても酒が飲めない人がいるときは
重宝するソフトドリンクが充実。
200円とかで300mlくらい入ってるあったかいお茶がうれしい。
困ったり、まったく探検欲が沸かないときは
その街の坐・和民に行く。大好き〜。

でも三茶店はvodafone完全に圏外!

ブレイク−ィング @ シアタートラム三軒茶屋 

February 17 [Sun], 2008, 22:36
友人とあたしのメールのやりとり:
友「明日の芝居の招待券あるんだけどいかない?」
あ「何系?」
友「マレーシアの劇団。かな」
あ「それってマレー語?」
友「マレー語と英語のMIXかな。」
あ「ビミョー過ぎるよ。絶対寝るって」
友「いいじゃん寝ても。一緒に未知との遭遇しようぜー。」

「未知との遭遇」という言葉に一本取られ
オッケー!と返事。

それがなかなかよくってさー。
マレーシアは島の集まりだし、他民族多言語なんだって。
しかもマレー人優位らしいの。
そんで舞台の世界でも異なる民族間や言語間の交流は希薄なんだって。
それをブチ壊せ!っていうプロジェクトなんだよなー。これ。
それで「ブレイク−ィング」breakingなんだよね。
思わず重くて壮大な3部構成。

1部はなんかとても美しい舞台だった。
英語だったけど、別に言葉は要らないんじゃないかな。
あたしの見かたではそうだった。
どれもが美しくてそれだけで十分だった。

2部はすごく前衛的な言語のお話。
母語と国語、共通語と自分の言葉、言葉と文化、
言葉っていうのは要するに何なの?ていう叫びと検証。
現在6000語くらいが存在するらしいけど、
100年後には半分に減るといわれているらしいよ。
「思考するときは母語をつかう。言葉は思考に多大な影響を与えてる。
言語が減るということは、思想や文化が減ることだ」
て、あたしもそうおもうよ。
共通語は便利だけど、言葉は減らしたくないよ。

3部は・・・暗かった。これで気分が悪くなった。
ずーっと拷問して洗脳する過程、
人を矯正していくこと、を見せられた。
これ実際は深いテーマなんだと思うのね。
でも後味わるすぎ!

芝居を見たのは久しぶりだった。
まったくレヴューになってないけど、これにて御免!

シアタートラムはこちら

「果てしなき渇き」 深町秋生 

February 15 [Fri], 2008, 23:32

ほんっと暗いねー。暗いよ。
amazonのレヴューをよんで相当のエログロを予想しておりましたが
実際はそんなことはなく、ただただ暗く引きずり込んでいくお話。
出口がなくて、お先真っ暗、地獄へのドライヴ。

amazonのレヴューでたしか
「暴力と性描写が生々しくて途中で断念」とか言う方がいた。
確かに見たくないもの、知りたくないものを突きつけられた感はあるね。
なんか最近のティーンズ小説とかよりやっていること自体は
衝撃ではないような気がするけど描写がしつこくて、怖い。

amazonのページ

「このミス」大賞をとっているだけに物語に厚みあります。
納得いかないとか、背景がうっぺらいってことはない、しっかりしたつくりだと思います。
この人の2作目のほうがおもしろそ。

「箱男」 安部工房 

February 09 [Sat], 2008, 23:30

ちょーーーヤバイ!
もうこっちまで現実感なくなって漂いだしちゃうほど。

なんていうか非日常を日常的に書いている落ち着いた文体が
あたし的にはそーとーキテるね。
あからさまにSFとか別の世界の話っていうんじゃなくて、
とんでもないことをやりながらもとってもフツーの語り口なんです。
加えて夢想癖が大炸裂して、読み手までもじわじわと侵食されていくの。

ぜひ一読あれ!

坦々麺 @亜麺坊 上野店 

February 09 [Sat], 2008, 23:23
結構おいしいよ。
まあこの値段だしてもぜんぜんいいかな。
http://r.gnavi.co.jp/g095626/

ファミリー向けの感が強いラーメン屋さんにしては
かなり健闘してると思った。
ただ麺はねー。どうしようもないかな。
途中からのびちゃってさ。
確か辛口にしたような気がする。

ここは陳麻家の系列店らしい。
陳麻家の麺のほうがまだ好きだな〜。

食べログとかみるとめった打ちにされてるね。
そこまで悪くなかったよ。
また行ってもいいと思う。
ただ坦々麺以外は知らないけどね。

POLEDANCE 2回目@池袋 

February 01 [Fri], 2008, 9:21
さてさて、また行ってきました。
今回のところは遅くから始まるレッスンで便利。
ピラティスっぽいウォームアップで結構つかれる!
筋トレぽくてなんか部活とか思い出しちゃう。

すごくテクニカルに教えてくれて、コツがつかみやすいの。
体の使い方とか、力の流れとかそういう感じがつかめる。
1回目のスタジオではまったく回れなかったけど、
ここはすごく回りやすかったな。

メニューはその日の流れなのかもしれないけど、
この日はフロアムーヴメントはなし。
そのまま終わるのかな、と思いきや、
最後今日のテクニックを取り入れて各自1分づつ発表会。
ええー!

なんかすごい人とかいるし、
フロアとかまったくやってないのに1分て・・・?
「ハピ子ちゃん、・・・できる?」ときかれ、
「やるしかない!」と叫びながら立ち上がりスタート!

あたしの場合ポールとまだ仲良くなってないから
フロアでテキトー踊るしかないんだよね。
でも結構盛り上げてくれて
「すごい。いきなり世界入ってるねー。いいよ。」
とか言われて、みんなやさしい。ありがと。

でもすごく楽しいよね。自分の未熟さを痛感できて。
恥ずかしいって気持ちは捨てないといけない。
「何があっても笑えればそれでいいじゃんか!
芸人になろうぜ!」っていうのが本日の教訓ですね。
テクニックよりもパッションね。

テクニックならここ、
楽しくエロく魅せるならあそこ、
って感じで複数のスタジオを併用するのがよさそうね○
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurokuro9
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1978年1月6日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-海とヨガ
    ・テレビ-海外ドラマ、アメアイとか
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年10月14日)
アイコン画像めーたん
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年10月06日)
アイコン画像きりひと
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年10月04日)
アイコン画像ハム太郎
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年09月28日)
アイコン画像ikumi
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年09月24日)
アイコン画像南雲
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» ITOKO@神楽坂SESSION HOUSE (2008年09月18日)