会計事務所と起業

April 06 [Sat], 2013, 12:33
起業する際の計画の段階で、あなたは固定経費をどこまで算出していますか?頭の中だけではダメです。確りとエクセル等を使い最低限これだけは支払わなければ行けない金額をはじき出してみて下さい。

まず人件費。一人で起業するのであれば「あなた個人が必要な月収」を考えてみて下さい。ここで陥りがちなのが「生活費まで経費に交ぜて計算する」という落とし穴です。

例えば「会議飲食費や接待交際費を飲食代に交えて少しでも人件費を下げよう」というのはチョッとだけ知識のある人がやってしまう最初の間違えです。

家族4人、住宅ローンを含め月収は現金で40万円は必要。そうであれば40万円に社会保険料や源泉税を加えた金額が固定経費になります。

続いて地代家賃。ネットビジネスなど在宅で行えるものであれば『0円』で計上してみて下さい。『なぜって?』あなたの家はあなた個人の給与から支払うお金であり会社は関係ないのです。

ですからあなたは月収40万円を死守する事が計画です。会社はあなた個人の家に無料という行為で間借りしていると考えて下さい。事業が軌道に乗り売上が伸びた時に初めて家賃を計上すれば良いのです。

税法上、一部の計上は可能ですがそれは最初の段階では考えず後から控除されれば良いではありませんか。

経費を正確に算出すると言う事は、公私混同をしない事が第一歩です。「代表者なんだから会社も個人も一緒」と考えている方。その考えが会社の経費と個人の財布の境目をなくし会社を大きく出来ない中小零細企業経営者の始まりと思った方が良いでしょう。

こうして「事業を行う上でかかるお金」を「公私混同させず」に一つ一つはじき出してみて下さい。そうすると自ずと固定経費は正確に算出されてきます。

東京都品川区の税理士事務所で働くスタッフのブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurokawa2013
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kurokawa2013/index1_0.rdf