2012/10/17 amber gris 3rd birthday event 「コーラルリーフに星の雨」 @恵比寿リキッドルーム

October 20 [Sat], 2012, 9:40
出張のため、残念ながら途中参加。

Kaya
久々に見たKayaさま。お美しい。そして、高くもなく引く苦も無い独特な、素敵な歌声です。
打ち込み主体のトランスチックな音の上で、Kayaさんの堂々たる歌声が響く。そして、その素敵なお衣裳。
素晴らしいステージですね。

9GOATS BLACK OUT
Ryoさんのファルセットが好きです。唸り声から普通の声、ファルセットまで出し切る歌声がすごいなあと思います。
楽曲は複雑な印象を受けますが、高揚感があって、不思議とのってしまいます。
白っぽい衣装も素敵ですね。

amber gris
攻めの姿勢を感じる素晴らしいステージだったと思います。特にリズム隊の迫力があったような気がしました。
選曲も激しめの曲が多かったような。
最近気になるのはwayneさんです。人物像を掴めない感じに惹かれております。ステージ上では横向きになってることが多く、コーラス担当で、意外とアグレッシブなステージングも見せてくれる。気が付くと目で追っておりました。
手鞠さんの声も調子よく、温かい歌声が会場を包んでおりました。素敵。
ニューシングル・ニューアルバム・全国ワンマンツアーの告知がありました。楽しみです!

というわけで、楽しいイベントありがとうございました!
参戦された皆様もお疲れ様です。

2012/10/14 レインマン主催(!?)学割始めます(!)。 『あなたと創りたかった偏った世界』 @池袋サイバー

October 20 [Sat], 2012, 9:11
久々の更新ですね。すみません。またライブ記録になります。

@カルペディエム
好きなんですね、このバンド。本日のお目当てです。この日はセイジさんのドラムありでした。
ファンタジックな雰囲気はありつつも、メロディーを重視した日本のロックの王道を行く曲調だと感じます。そして、その楽曲への取り組みが真摯であるのだろうなというのが伝わってきます。楽曲自体がすごくいいと思うし、楽器も上手だし、ボーカルの声質は独特の癖がありますが、安定していると思います。聴きやすいのですよ。
この日は、そのストレートな音楽がすごく色気を持っているように感じました。素直に格好いいと、ときめきました。
へたな煽りをせず、黙々と楽曲を披露するさまも好みです。ベースのHeroさんは割と派手に動いてアピールしたりもするのですが、ボーカルのクロさんギターのナオさんがあまり観客にアピールしない人なので、そのくらいのバランスが私には心地よく感じます。観客を乗せることを意識しすぎるよりも、己の世界観に没頭してくれた方が好みなんですよ。何ていうか、煽りをすると観客という日常ファクターをステージに持ち込んでしまうような気がして。

Aリビドー
初見でした。ハードな感じの楽曲でしたね。ボーカルさんが金髪・細身の長身なので絵面が良いと思います。男前すぎないところが良いと思いました。(何の感想?)

Bスィミー
久々に見ました。昭和歌謡な雰囲気もある、メロディー重視なロックですかね。若干ギターの音が小さかったです?

Cぼたん一家
気になっていたバンドでした。
真っ黒でハードなイメージの衣装、黒めの化粧が素敵です。楽曲はハードロックな感じ。でも、演歌っぽいメロディーとアレンジのハードな曲もあって、聞いていて面白かったです。
ボーカルが女性なんですね! きれいな声でも歌うのですが、デスボイスで唸ったり、叫んだり。格好いいです。で、MCでしゃべると可愛い声。ろみさんを思い浮かべてしまいました。
あと、MCの時のキャラ作りはやりすぎ感があって、そこがいいです。

Dレインマン
サポートドラムが変わりまして、久々のレインマン。
なんか、派手になってました。陽さんが金髪でカラフルな衣装を着ている……。仁さんとハルさんのメイクは密室風なままでしたけど、衣装は垢抜けた感じかも。池袋サイバーっぽいというのかな。ヴィジュアル系ですものね。
以前のレインマンは観客置き去りで、毒々しい世界観のステージを見せる感じでした。こちら側と断絶した狂おしい雰囲気。それに気圧される感覚が好きで見てました。
それが段々とお客さんを意識するステージングに変わってきたんだろうなと思います。それに伴ってお客さんも楽曲にノルようになったし、ヴィジュアル系らしい華やかさ、若々しさが出るようになったんだろうなと思います。
寂しいような嬉しいような。バンドに対する視線がもはや親目線だよ(笑) 何様って感じですね(笑)

というわけで、楽しいイベントありがとうございました。
参戦された皆様もお疲れ様でした。

夏の終わりの思い出 Plastic Tree、cali≠gari、サマカニ、バクチクフェス

September 23 [Sun], 2012, 12:49
9月に入ってから2日間取り残していた夏休みを利用して名古屋・大阪までライブを見に行ってきました。
そのあとは、休日に東京近郊のライブ。
ということで、夏の終わりに出来た素敵な思い出を記しておきます。


2012/9/13
Plastic Tree 2012 秋ツアー「Flowers of Romance」
@名古屋ダイヤモンドホール

ものすごく久しぶりに見たPlastic Treeのライブでした。
1曲目からThirteenth fridayで、「うおおお! こんな雰囲気のある曲を醸せるのはプラだけだろおおおお!」と、鳥肌が立ちました。久しく忘れていた感覚です。
ケンケンさんが入ってから3、4回見た程度だったかな。そのうち何回かは音のバランスが悪くて、いやにドラムの音がでかくて雰囲気がでないなーと感じたこともあったのですが(下手スピーカー前とか、私のいた位置が悪かっただけなのかもしれないけど)、今回はすごく馴染んで聞こえました。一から4人で積み重ねてきたものが良い形で出てるのかなーと思えて、それもちょっと感動でした。
セットリスト的にはトロイメライ以降の曲が多いような感触。ブッチさん在籍時代の曲。
花にちなんだ選曲もあって、テトリスとかガーベラとか。ガーベラはもしかしたら、私は初めてライブで聞いたかもしれないです。なんだか竜太朗さんが可愛らしく歌ってまして、ちょっと和みました(笑)
安定感のあるいいライブでした。安心して見られる。
それはつまらないという意味ではないのです。プラらしい繊細さと激しさが同居して、切なさと儚さと轟音に包まれる気持ちのいい空間だったんです。で、その空気にふわ〜っと乗っかれる感じ。ステージの上の人たちを信頼できる感じが心地よかったです。やっぱり、長くやってるバンドで、こちらも長く聞いているファンだからかなあ。
素敵なライブでした。


2012/9/14
「ただいま、インディーズぅ?さよなら、ビクターぁ?」
@なんばHatch

楽しいライブでした! ステージ上の四人も楽しそうにしていたように見えたので、それも良かった!
誠さんの衣装は毎回そんな派手な感じではなく、青さんの衣装も落ち着いてきた感がある中、やはり研次郎さんのゴージャス衣装と秀仁さんのアバンギャルド(というのかな)な衣装はすごいですな。石井さんは赤髪の付毛を少し入れてたんですかね? あんまり地毛を染めそうな人じゃない気がするので。それをふわっと盛り上げ、Tシャツは物販で売っている自分デザインのTシャツ。「俺が着ていればみんな買ってくれる」という理論らしいです。
セットリストは「11」の曲を多めに入れつつも、フラフラスキップとかありましてね。楽しかったです!
恒例の関係ないからは誠さんが前フリを押し付けられて困惑しておりました(笑)
アンコール後はなぜかsadie pink galaxyさんの話題が盛り上がりまして(青さんと秀仁さんはお店に行ってきたらしい。一緒に行ったのだろうか……)。サディピンだかピンギャラだかと略されてました。石井さんはサディーさんにもらったというSPEECIESのTシャツを着てました。
石井さんの着てたTシャツ(自分デザインとスピーシーズのやつ)は両方とも客席に投げられた模様。自分デザインのやつにはカリガリメンバーおよびスタッフさん数名のサインが入っていたみたいです(笑)
で、アンコールの白眉はなんといっても青さんのウサギ帽子……。大阪で見つけて速攻で買っちゃったようです。説明が難しいですが、白い帽子本体にウサギの耳がピンと立って付いてるようなデザイン。遠目から見ると、材質はもわもわしてそう。これを被ってアンコールに出てきてずっと被ってました。青さん!!!!
――そして、これはBUCK-TICKフェスに続く大いなる伏線となっておりました。
そんな感じで楽しいライブでした!
あれ? Plastic Treeは真面目に音楽の雰囲気的なこと書いてたのに、カリガリはMCとかのことばっかり私書いてね? まあいっか。


2012/9/17
emmuree SUMMER FESTIVAL 2012  『続・季節外れの、サマァカァニバル。』
@高田馬場AREA

稀に高田馬場AREAにライブを見に行くことがあるのですが、なんか疲れるのですよね。それは若いバンドと若いファンのノリに着いて行くのがしんどいところがあるからだと思うんです。
が、今日のAREAはちょっと違う。年齢層高めの出演バンドと観客(もちろん若い子もたくさんいたよ!)。とても居心地のいいAREAでした。

@MONAURAL CURVE
初見です。ほぼサマカニのみでしか活動してないようです(来月はライブするみたいですけど)。
正統派なイメージの音楽でした。BUCK-TICKとかから連なるダークを美徳としてメロディーも大切にするロックな感じって書けばいいのかなあ。素直に格好いい音楽!と思います。
衣装は英国寄宿学校の制服みたいで、よいです。ギターのズルさん。金髪巻き髪でああいう上品な衣装は正解です。萩尾望都好きにとっては正義です。本人がどんなお年だとしても、遠目にそれっぽく見えればセイギなんです!

AMUNIMUNI
何気に楽しみにしていたMUNIMUNI。
AREAが手刀になった瞬間でした。
歌がはっきりしない楽曲なんですが、それがいいのですよ。
ドラムがチャヂさんですごく迫力があり、テツ……じゃないトシさんのしっかり低音を支えつつ迫力のあるベースがあって、摩天楼様とアンクーさんの掻き鳴らすギター。それらに溶け出すようなボーカルとコーラス。その音がライブハウスを覆って、高揚感が湧きますね。
チャヂさん卒業しちゃうんですねえ。残念。「摩天楼ちゃ〜ん!」なんてMC中に言うの、この方だけだと思う。
あとは、アンクーさんが入って初のムニムニ鑑賞でした。よく馴染んでいるのではなかと。多分、年齢が他の人に比べて結構若いんじゃないかと思うんですけど、ほっそりした小柄の体型で、女の子がマニッシャな格好しているみたいな雰囲気がいい味を出しているのではないかと。(こっそり、dummy-xDの活動も待ってます!)

BThe CANDY SPOOKY THEATER
見たい見たいと思っていてなかなか見られなかったThe CANDY SPOOKY THEATERをやっと見られました!
楽しかった!
ゴシックホラーな雰囲気がAREAに広がった! ジャックオランタンとかシャンデリアとかをステージに置いたり、音の雰囲気に凝ったり、その雰囲気作りはかなり徹底されていました。
ドラムがなくて打ち込みの音を多用しているので、踊れる感じの楽曲。ポップさはあるけど、明るくなりすぎず、あくまでホラーなのです。ディズニーでこういう作品があった気がする。
メンバーのヴィジュアルは思っていたのとは違ったけど、それでもゴシックホラーだわ!という感じ。
 ボーカル:ソフトモヒカン(?)で眼鏡。襟たてた吸血鬼っぽい。
 ギター:眠り男っぽい感じ?
 ベース:ゴシックな魔女っ娘。というか、魔女っ娘になりたい魔女……。アップライトベース(というのかな?)をずっと弾いていました。

Cthe god and death stars
いつもの通りaieさんの歌は感情的です。ギタリストとは思えないというか。
そして、ゴッドさんのバンドの感想では書いていますが、Kazuさんのボトムを支えるベースが素敵すぎる。
そして、Kazuさん、小雪担当ってaieさんに言われてた(笑)
これからも大切に聴いていきたいバンドだなあと思いました。

Damber gris
ちょっと音が合ってないところがあったのかな?ってところはありましたが、満足!
相変わらず素敵なステージです。
手鞠「殊くんにイベントの日程がなんで今日なの?って聞いたら、(小声で)『敬老の日だからだよ』って」とMCもうまくなっている模様。

Eemmuree
素直に格好いいですね!
ダークな世界観なんですけども、会場中を巻き込む力強さを感じました。
ストレートな暗黒ロック(ってなんだろう?)のノリやすいような楽曲だけではなくて、じっくりと雰囲気で聞かせるような曲もあって興味深く聞いていました。
想さん、昔に1回手刀で見たことがあって、それは手刀だから近くで見みれたのですけど、この日はかなり後ろで見ていて、でも、この日の方が大きく感じたというか、アグレッシブで会場を掌握するパワーを感じました。音の包み込む感じとか、暗黒な雰囲気とかが大きくなっているような気がしました。


2012/9/22
BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE
@千葉ポートパーク内 特設野外ステージ

ビール飲んだり、チョリソー食ったり、踊ったり、声を出したり。満足です。
メリーの直前に特効の爆発音。これがかなりすごい音量で、火薬の臭いもすごくて、通報されたりしないかと思いました(笑)

@メリー
すごく久々に見ましたし、多分2回目くらい。ガラさんが着物を改造したみたいな衣装で来たと思ったら、割と早めに脱ぎ、そうしたら、腕を真っ黒に塗っていました。
CD聞いていても思いましたけど、いい声を持ったボーカルですよね。演説もそのあとのヒューマンパークも楽しかったな。学習机と習字と倒立も見られて満足。

Aムック
最初、黒のフードみたいなのを被って出てきたタツロウさん。それでバクチクのジュピターを歌っていました。
ムックのライブにはいかなくなっちゃったんですけど、久々に見られて楽しかったです。ファズとか楽しいですね。
蘭鋳はやっぱりしゃがんでジャンプでした。

Bcali≠gari
石井さん、少し硬かったかも?
青さんはすごく張り切っていて、マネキン→マッキーナであ一手に煽り役を買ってました。マッキーナでのジュリ扇踊りはものすごいキレでした。歩き方とかモデルみたいだった(笑)
石井さんは大阪で見たみたいな赤髪付きの盛った髪型に、セクシーすぎる網の服(赤い房付き)とダメージスキニージーンズ、青さんはゴシックな雰囲気の黒のワンピースの裾から白い襞が見えていて素敵でした。
で、びっくりゲスト今井さんが途中で登場!おお、石井さんと今井さんが並んで歌ってギター弾いている!お、そこに青さんきたーーーーー!!!!という夢の競演を見せてくれました(三人が並んでちょっとしたら、石井さんは「ここは青さんに任せればいっか」みたいな感じでちょっと後ろに下がっちゃいましたが)。
石井さんの格好に負けないようになのか、(というか、今井さんも相当に派手な赤いスーツ着てたけど)、エビ(?)の帽子(レディーガガとかが好きそうなやつ)を被っていたように見えたんだけど……見間違えかなあ。

CBREAKERZ
楽曲はポップで疾走感のあるロックで聞きやすいですね。
そして演出力、トーク力が高い。
最初随分と大きなサングラス付けてるなあと思ったら、すぐにとって、そしたら頬に「B−Z」と書いてある!というBUCK-TICKファンを喜ばす演出。
それを描いた状態でBUCK-TICKへ挨拶に行ったら、櫻井さんに「かわいいね」って言われたって言って嬉しそうに「くふふふふ!」と笑っていました。で、ただ、自分たちのバンド名の最後をSじゃなくてZにしたばかりに、どこかの超有名バンドみたいになっちゃったんすよねえ……と。
で、最後は25周年おめでとうぃっしゅを観客と決めてお開き。面白いバンドですな。
あ、そういえば途中でギターとちゅーしてたのは……私の見間違えだろうか。。。

Dacid android
細身のyukihiroさんに悶える女子が多数周りに居ました。体にフィットするような衣装なので、その体型に映えます。
あとみんなよく踊る! たしかにのってると気持ちのいい音楽です。
同期の音を使った踊れるロックだけど、クールでドライな印象。メカニカルというかシステマチックというか。
最後のLet's danceだったかな?は楽しい楽曲です。最後にマイクを放り投げて退場するyukihiroさん。ゴツッていう音が会場に響いて、最高に格好いいです。
CDも持っているのだけど、ライブ会場で聞いた方がずっと格好よく聞こえるなあ。

ETHE LOWBROWS
全く知らない状態で見たのですが、多分、DJとかそういう技術を入れつつ、他の音も入れつつなユニットであるようです。が……残念なことに機材トラブル(?)で音が途切れ、また途切れ……。おそらく、野外のクラブ的なノリにやる想定だったステージがちょっと残念な格好になってしまいました。途中で今井さんとコラボ。

FBUCK-TICK
ということでトリ! 初BUCK-TICKでしたが、これまでのバンドがBUCK-TICKの曲をセットリストに組んでいたこともあり、素直に聴けて、格好いいなあって思いました。これが後続の色々なバンドの祖となるバンドなんだってことがちょっと体感できた感じ。
で、アンコール1曲はお楽しみな感じで、ガラさんと青さんが出てきて一緒に歌うという!びっくりどっきり企画!
ガラさんは多分私服で、青さんは私服かもしれんが、ばっちりメイクしてあのウサギ帽子を被っている! ここに大阪の伏線が回収されました(伏線とは言わないか)。
櫻井さん、青さん、ガラさんが並んで歌う図って……なんかものすごかったです。

で、多分、一番最後の曲はBUCK-TICKの一番新しい曲で、それで終わりにしたっていうのは、これからもBUCK-TICKは続くからよろしくっていう意思表示みたいに感じられて、BUCK-TICKファンは幸せだなーと思いました。
曲が終わった瞬間に花火がバンバン上がり(結構な数が上がった)、それがポートタワーの窓にキラキラ反射、次の瞬間、特効の爆発音、とド派手な演出で終了。楽しかったです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ツツジ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月11日
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-音楽鑑賞(ヴィジュアル系好き。Plastic Treeやcari≠galiが好きです。)
    ・読書-漫画から小説まで。(荒木飛呂彦さんとか西炯子さんとか浅田次郎さんとか神林長平さんとか…)
読者になる
ヴィジュアル系バンドや漫画・小説が好きです。
もういい大人なんですけどね…
このブログではアルバムの感想、漫画・小説の感想をとりとめもなく書いていきたいなと思います。お気軽にコメントください!
twitter始めました→tsutsuji_nnkttm
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像kaz
» 弐瓶勉さんのバイオメガ (2016年09月01日)
アイコン画像parajumpers bomber jakker
» SBR23巻発売ッ!! (2014年12月03日)
アイコン画像Parajumpers masterpiece series
» SBR23巻発売ッ!! (2014年12月03日)
アイコン画像Giuseppe Zanotti wedding shoes
» 2011/10/30 レインマン「大切なもの」@浦和ナルシス (2014年09月26日)
アイコン画像north face outlet store
» SBR23巻発売ッ!! (2014年09月05日)
アイコン画像buty ugg australia opinie
» SBR23巻発売ッ!! (2014年09月01日)
アイコン画像cizme stil ugg
» SBR23巻発売ッ!! (2014年09月01日)
アイコン画像michael kors hamilton handbags sale,michael kors wallet case
» 2012/5/10 SHINJUKU LOFT 13/35th Anniversary 『master+mind 〜strikingly expressive〜』 @新宿ロフト (2014年08月26日)
Yapme!一覧
読者になる