我是日本人。 

December 26 [Mon], 2005, 21:46
今日から習っていた中国語会話教室の先生がかわった。

先週まで教えてくださっていた先生は大学院生だった為

修士論文に専念するために退職されたみたい。

人数も少なくてなかなかアットホームな感じだったので
クラスがかわるのは・・・ちょっと不安だったけど、なんとか今週の授業も終えて帰宅。

前の先生はテキストを中心に基本文型を主に、時々応用だったけれど、
今回の先生は違うらしい。

テキストを見るために下をむいたり、メモをとるのに必死になってはいけないと教えるタイプのようだ。
つまり『会話』に重点を置くタイプ。

会話重視っていうのも悪くない。
あんな風に流暢に話せたらいいなぁ〜と思った。

でも・・・・合流させてもらった先のクラスの方が全然上のクラスだったために
移動した私たち(3名)はチンプンカンプン・・・・。

聞き取りはなんとか・・なるものの質問や例文つくれといわれると、途端口が貝に・・・。

恥ずかしいとかいう理由ではなく、ただ単に分からなくて話せないのだが
先生は『日本人は恥ずかしがり屋ですからねー』と言う。


すると生徒の1人である50〜60代の女性が
『彼女達は恥ずかしいわけではなく分からないんですよ』と言った・・・。


まさにその通りで3名で頷いたりして・・・。クスクス笑っていた。


その女性は英語が堪能で学生時代日本語が話せないアメリカ人の先生から習ったことを
話し始めた。

彼女曰く『私はYES・NOをハッキリ言う事と、ヘラヘラ笑わないことを学んだ』


よく聞く日本人の悪い所を自分は持っていないというわけか。





私はいつも思うんだけれど。
英語にしてもドイツ語にしても、中国語にしても。

必ず先生は『日本人だから』みたいな表現をして日本人だから出来ないような言い方をする。


語学を習うのに、日本人のままで習ってはいけないの?

私は外国語を習うときのメリットは色んな交流も広がるし、日本ではない文化や知識が増えるからだと思っている。

でもそれらを得るためには日本人であることを否定しなくてはいけないの?

私自身に特に愛国心があるわけではないけど。


日本人のままで世界を知る方が、よっぽどステキなことに思えるのは私だけ?


中学校の前 

December 26 [Mon], 2005, 0:55
毎日バス通勤している。

毎朝、母校であるO中学校の前をバスは走る。

私は中学校の3年間が何よりも最高に楽しかった。

と、思うようにしている。

実際、本当に楽しいことも多かったし、友達もイイ奴ばかりで、
土日の休みですら学校へ行きたいとさえ思っていたほど中学校は楽しかった。

でも、それは私がかってに美化しているだけかもしれない。

楽しいことばかりだったか?と問われると楽しかったと答えるかもしれないけど。
本当のところ・・・本当に楽しかった?

部活は運動部だった。
運動が苦手なくせになぜ運動部。
なんでだろうか。思えだせないけど特に他の部と迷うことなく
私はバスケットボールをはじめた。

このおかげで背だけは・・・チビだったのに標準サイズにはなれたんだけど。


私の学年は・・何人いたかな。
途中バトミントン部から数人かわってくる子がいたりして・・。意外と多かったな。


今でも交流のある子はいるし、皆仲がいい。
でも私はこの時の部活メンバーが嫌いだ。
部長はシッカリしたフリをして遅刻はするし、感情的で気分屋で上にたつ人間性は全くなかったし、
副部長もへらへら笑ってるだけでまとめる気はなさそうだった。

そんなメンバーを見て私はいつもイライラしていた。

もちろん顔には出さないけど。
だって私はそんな部長や副部長ですら任せておけば自分は楽だと思っているような
最低な部員だったからだ。


特にバスケに対して情熱もなく、強い学校でもなかったし。
試合も部長、副部長だからと言う理由だけでスタメンを決めるようなチームだった。

いくら、毎日頑張ってもダメなのだ。


中学校の3年間で私は諦め癖が身についてしまった。
逃げる癖とでも言うべきか。

こんなに嫌いな自分じゃなかったのに。
何時の間にか逃げる癖がついてしまって。

癖はなかなか治らない。



ほんと諦めるって動作はイチバン簡単にできる。
こわいくらい簡単に。



母校の校舎を見るたびに
楽しかったはずなのに

涙が出そうになるから

毎日見ないように

思い出さないように


結局こうやって過ごすうちに諦め癖も逃げ癖も治らないまま。



文章下手だけど始める。 

December 26 [Mon], 2005, 0:48
ブログをはじめてみようと思う。

ここへ書くと言うことは不特定多数の方がもしかしたら読むかもしてないけれど。
思ったことをダラダラと書いていけたらな、と思う。

はっきり言って文章を書く才能はない。
チンプンカンプンな文章を書くことになるだろうな。

と、自分ではじめからボーダー低く設定しとこう。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurokagejibunn
読者になる
Yapme!一覧
読者になる