ゴルフな一年

November 19 [Thu], 2009, 21:55
なんてことでしょう
このブログどんだけ放置してるんでしょうか?(笑)
クロイ☆、この1年わずっとアメブロの方でブログってました

え〜、今年わ何と言ってもひたすらに、
石川遼君を追いかけて(笑)、主に関西、九州方面の日本男子ゴルフツアーを
いろいろと観戦しまくっておりました

日本各地でたくさんの遼ファンの方々と出会いまして〜、
一緒に毎回18ホール歩いて回ったりしてましたよ。。。。

来週わまたツアーで仲良くなった京都の遼ファンの女性と
カシオワールドオープンの遼君の応援で高知県に
行ってきます

太平洋まじかのゴルフ場で、紅葉も楽しんできますわぁ
でわでわ、また

BREAKERZ Zepp ツアー

December 05 [Fri], 2008, 20:12
今年の夏・秋はVAMPSの名古屋、福岡、大阪ライブに参戦しましたクロイどぇす。
そしてこの12月は、BRAKERZのZeppツアーに参加。
明日は福岡のライブ。再来週は仙台。そのあとは、26日の名古屋Zepp。
そしてオーラスの赤坂ブリッツのBREAKERZライブに参戦します。

まだまだ暑い季節だったHYDEのライブも終え、DAIGO率いるBREAKERZのツアーえの参加も
終わると、いよいよ年末&年明け。
なんとも今年も過ぎ去るのがとっても早かったです。
皆さんわどんな12月を過ごされるのでしょうね・・・。
でわでわ、また。お逢いするときまで、see you♪

クロイ、高橋大輔をみる

July 05 [Sat], 2008, 21:03
先日テレビでも放映されたフィギュアスケート日本代表エキシビション『ドリームオンアイス2008』を見に、新横浜スケートセンターに行ってきました一番のお目当ては、かねてよりファンの大ちゃんこと、高橋大輔君の演技をまじかにみることクロイの手にしたチケットは、スケートリンクですべる選手にもっとも近い、スーパーアリーナ席の最前列、なんと一枚1万8千円也ラルクのチケットより高いの買うの初めてで、チケットが現金にみえたわ〜(笑)でも、そんなの全く気にならないほど、クロイは一度フィギュアスケートなるものを、どうしてもこの眼で直接みてみたかったのです。
当日、横浜はあいにく朝からの雨模様でしたが、そんなこんなのどこ吹く風。
お気に入りの選手の演技がみれるならどうってことない新横浜(笑)・・・の駅に着き、『ドリームオンアイス』最終日の夜の最終公演の時間を待つ。
大ちゃんのスケートはやっぱりカッコいい日本選手の中じゃあもうどこをみたって彼に追いつける人材は今後まずひとりもいないだろう。それはその演技をみて、オーラを感知して、そしてあの彼の一種独特なエキゾチックな東洋美をみて(笑)そう確信しました。
海外の招待選手のステファン・ランビエールやジョニー・ウィア―の人気も凄かったです。
特にステファンの振付師の本物のフラメンコダンサーとのコラボレーションな演技には、会場中のお客さんが総立ち大絶賛
そしてジョニーの『アベ・マリア』のすべりの美しさ、どこか荘厳で優雅な身のこなしは、パワーで押すのが常套のアメリカ選手には稀有な個性で、プレゼントも持ちきれないくらいもらっちゃって、1度幕の向こうに持って帰って再度、フィナーレに登場しなおしたほどでした。

ステファンもジョニーも大ちゃんも、皆すごい仲良しさんなのね〜。一緒にすべるのが楽しくて仕方ないって雰囲気でしたよ、彼ら(笑)
素晴らしいショーはそれはそれで、仲良い彼らが生でみれて、クロイは違う意味でも萌えさせてもらいました。
テレビでは放映されませんでしたが、フィナーレでスーパーアリーナ席のクロイたちは、リンクの前にみんな立って、出場選手全員とハイタッチがしあうのが、ああいうショーでは恒例なんです。
ラ〜っキー〜♪。ステファンも大ちゃんも、小塚君も、中庭健ちゃんも、中野友加里さんや奈々ちゃんともみんな、ハイタッチしてきましたよ〜♪最高だぁ♪
真央ちゃんと安藤ミキティーだけは、フィナーレに登場しませんでしたけど。
大ちゃんがたくさんみれて、大満足どぇした。大ちゃ〜ん♪♪って呼ぶと、こっちみてにっこり笑って手を振ってくれましたよ←かわゆかった
実物はテレビよりも華奢で小柄で、よくあの細い身体で世界と闘ってるなあ〜と、改めて大ちゃんの内包されたパワーの巨大さに驚かされました。だってホントに華奢なんだってば!真央ちゃんの方が、よっぽどガッシリしてましたョ(爆)
いやはや、ともかく、また見に行きたいぞ!フィギュアスケート!
生は凄い迫力だね・・・・やっぱり。今後の日本フィギュア界、大ちゃんの世界チャンピオン奪取が、本当に期待されるところです。『バチェラレット』の振り付けの宮本さんの新しいプログラム『eye』で心機一転頑張ってほしいです。『バチェラレット』の振り付けには、開始から終了まですべての振り付けに一個一個意味があるということなんですが・・・・・・・、それ説明するともっともっと長くなるから・・・・あえて割愛します(笑)

トゥーランドット観劇

April 11 [Fri], 2008, 22:26
4月9日夜7時開演の『トゥーランドット』をみに赤坂サカスの赤坂ACTシアターへ行ってきました。クロイの指定席はなんと最前2列目の一番右端席(笑)そこは実に実に、オイシイ席だったのどぇす半地下のオケボックスのメンバーさんもすっかり見渡せるほど舞台に至近距離のうえ、クロイの目の前にある数段の階段上には、畳半畳ほどの突き出したちっさなステージがあり、そこから役者さんたちがみんな客席へと降りて演技したり、舞台へと上がったり・・・・(笑)
クロイの目の前をあの・・早乙女太一君演じる美しい『ミン』が行ったり来たりあ、ありえん・・・くらいラッキーじゃあああーーーっあまりの接近度にクロイさん興奮状態のまんまの3時間どぇした。
参りました・・・・(笑)真横を太一君が通って行ったときは、足がぶつからないように注意したりして・・・・こんなに何度もまじかで太一君をみたのも初体験で・・・KING HYDEの箱ライブの最前列になったときでも、ここまで近くないわよ・・・てなくらい大接近できました『トゥーランドット』の舞台もよかったし、感動的どぇした。色っぽい太一君の半裸の拷問シーンには萌え萌えで(笑)なんだか正視できないくらい痛々しかった名演技中村獅童演じる『ワン』との拷問シーンでの妖しい絡みすら美しく悩ましかったです。大満足の『トゥーランドット』・・・いやいや、早乙女太一DAY♪でした。
2月にも太一君の舞台を2度みて、この赤坂のこけら落とし公演。クロイの期待を裏切らない天才少年のオーラにまたも悩殺されてしまった・・・・。
早乙女太一の身体には本当に菩薩が宿っているのか?本当ぽいね・・・(笑)彼が過ごした16年は、ただの16年ではない。どれだけの長い長い年月を、彼は生き抜いてきてのだろう。あの薄い氷のようなたおやかな微笑は、決して16歳の少年のものではないと断言します(笑)美しいものには闇があり、毒もある・・・。真実の美とは・・・・なにものにもおかされない荘厳さと謎をもつ。早乙女太一の深淵をちょっと(かなり?)覗けたような気がする深い舞台どぇした。またすぐ、会いに行きます。太一君に・・・・・(笑)

KISSツアーその後・・・

March 06 [Thu], 2008, 22:45
ラルクKISSツアーが終わって3週間。時間の流れとは早いもので、HYDEソロツアーのチケット当落の発表もとっくに終わりました(笑)さてさてまた皆さんは無事ソロライブのチケットをゲット出来ましたでしょうか?
クロイはKISSツアーでは例の如く大阪城ホールとオーラスの福岡マリンメッセのライブに参加してきました。
最終日には接吻をフルコーラスで聴けたのがサプライズだったらしいんどぇすが?←あんまクロイ的にはそうでもなかったけど(笑)何より我らがKING HYDEの髪型がノーマルに短くなってたことが見ていてウレシカッたどぇす(苦笑)

写真はその接吻の聴けた福岡マリンメッセ。と、近所の駐車場にあった心憩うモニュメント?『うみはすき?』・・・・・って、好きですとも〜〜〜っ・・・・みたい、な?(笑)凄い寒い日でさあ、前の晩とか雪降ってたってHYDEもゆってたなぁ。爆風吹いてた岸壁で、クロイも凍えてました
なんかあんまり寒いんでさ、思わずあったかそうなツアーグッズのレディーススタジャン買っちゃいましたよ(笑)

『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』

September 27 [Thu], 2007, 22:29
ラルクライヴのチケ当落が発表になりましたね。さて皆さまは無事よろこびのチケットをゲット出来ましたかクロイ☆はなんとなくゲット出来ました(笑)
『またハートに火をつけろ』ツアーでは、松山 鹿児島 神戸とまったく違う地方の3ライブを堪能できて、楽しい夏を送ることが出来ました来冬も素敵なラルクさんに出会えますように(笑)
てなわけで、なぜか今頃、先月また遊びに行った、我が家のドールさんたちの古里、『天使の里』での、ルノアと美都のショットどぇす。

無常

June 14 [Thu], 2007, 3:30
長年お世話になっていた俳優さんが先日亡くなりました。真夜中の家族からのメール。京都の映画界で彼を知らないひとはいないくらい、たくさんの作品に出演していたキャリアの長い、若手の役者の先生的な俳優さんでした。
明るい笑顔と大きな声が特徴で、クロイが会うときはいつも笑顔でいろんな貴重な話や、体験談を教えてくれていました。
剣術、武術に限らず、誰も出来ないような縄術やあらゆる技にたけていた彼は、必殺シリーズや『座頭市』の映画にも毎回のように数多く出演し、撮影現場を明るくしたり盛り上げたり、陽気で博識だった。

勝新太郎さんの最後の『座頭市』の映画で、巨大な樽のなかに入ってそれを猛スピードで転がせていたのも、そんな芸当は彼しか出来なかったからでした。
ある日、一緒に皆で、滋賀の山奥までロケに出陣したとき。クロイの家族がそのドラマに出演したときも、一生懸命殺陣を指導してくれました。『この作品には、すごい手ごたえを感じるんや』と、めちゃくちゃ張り切って、猛暑のなかみんなで日が暮れるまで撮影した。松竹の撮影所で会うたびに、クロイのことを気にかけてくれ、撮影の合間や本番前のテスト間にも、いろんな話を聞かせてくれました。自分が出演してきた作品の裏話や、経験談などは本当に興味深い話ばかりで、どんなに楽しかったことだろう。たくさんの現場をみてきた私にとっても勉強になることがありました。

クロイが出逢ったどの役者さんよりも、彼は元気で明るかった。
いつも撮影所に行けば、何かの作品に出演していて、現場にいた。
あの夏、一緒にロケに同伴し、製作したドラマの完成サンプルビデオはもちろんいまも、クロイの手元にあります。それが形見がわりになるとは、夢にも思いませんでした。映画の都、京都からひとつの役者魂の火が消えました。

わたしたちの教科書

June 10 [Sun], 2007, 21:20
いまの社会は子供に冷たい。子供たちの未来は暗い。教師は聖職ではなく、教室も聖域ではない。
10代の子供たちの間でいま、ひとつのドラマが話題になっている。学校で謎の転落死をした少女のいじめの実態を暴くために、孤立無援で学校と、いじめていたであろう子供たちと闘う、ひとりの弁護士の姿を描いた、重いテーマのサスペンス『わたしたちの教科書』がそれだ。世の中のドラマがすべてバラエティー化され、どんな真摯で真深な事件も、いとも軽く忘れ去られるようになったこの日本。世界史上かつて前例のない、猛スピードで恐るべき高齢化の進化をたどり続けている国。
2055年以降、日本は人口の約半分が65歳以上の超高齢化国家になる。

この国は、子供に冷酷だ。現実をみない楽天的な国家には欠陥だらけの現実が、いっさいみえてはいない。やがて、日本は滅びるだろう。アジアのなかで、最も悲惨な崩壊の歴史をたどることになるだろう。私がもし、いま小学生なら死んだ方がましだ、と思う日が必ず1度はあるだろう。
わたしたちの教科書は、歴史のなかにある。それぞれの記憶の中に存在している。
だが、人間はすべてを正しく学び取るほど生き続けてはいけない。
やがて来る死の予感の前に、子供たちの未来に手をさしのべる知恵も、努力も惜しむのだ。

地球のための教科書をいま、世界は必死にひもといている。手遅れだと知りながらも。
自分の次に生まれる命が無数にまだあることを、想像しながら生きている人間がいったいどれだけいるだろう。
今の社会は子供に冷たい。だが、どうか、それでもたくましく呼吸して欲しい。
たとえ、明日、死ぬ運命だとわかっていても。次の命のあることを思いながら、私達は生きてゆくべきなのだ。
そうだ。わたしたちの教科書は、わたしたち自身で作り続けていくべきなのだ。
この世の中に、あらゆる命のある限り。

L'チケ到着

May 26 [Sat], 2007, 22:18
『またハートに火をつけろ!』のチケットが本日到着しました。
A会場は1階20列め、B会場も1階21列め。んで3場所のC会場わ、1階17列め・・・どぇす。
これ、かなりいいんちゃう?(笑)ほとんどS席の直後かしらん?
AもBも中よりなんだけど、ちょうど通路真横で、右側がフリーな席なんで思い切りはじけられそう(笑)
最近L'さんにも会ってないしライブも参戦してないんで、ライブエナジー充電しっぱなんで、
この夏わ飛ぶぞ〜と(笑)そのあとで、NEWアルバム・・・楽しみだなぁ

ローテンションわ生まれつき

May 18 [Fri], 2007, 23:00
最近よく職場でテンションが低いと言われるクロイどぇす(笑)ことわっときますけど、それわ生まれつき低いんでわざとじゃないっす(爆)
まあね、ひとさまみてると大抵わ、クロイの何倍もハイテンションだから・・・・ね(苦笑)
私のテンションが上がるのわ、HYDEっちみてるときくらいちゃうか〜?あと異様に美しい景色やドールをみたとき?・・・・とか、ヤフオクでカッコいいドールの衣装をたまたまみたとき?くれーだな。あとねえよ(笑)400年も生きてる魔女にしてみたら、どんな奇奇怪怪な出来事も珍しくもなんともないからねえ・・・・いちいちハイテンションになんかなってられるかっつーの(笑)
あ、でもね、夏の花火とかみたときわ、とっても自分だけで盛り上がってるわよ〜(笑)火をみたら騒ぐ、獣の本能が刺激されるのかしらん?(爆)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuroi
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
P R