§ 

2007年03月15日(木) 22時58分



楽しかった貴方との時間



今は一人で過ごしています




毎日のように貴方と過ごして来た時間は私の生きている証でした




右側が寂しくなった今


まるで心臓がえぐられたように

身体は冷たく

心さえなく

穴が空いて寒いです



あの頃は貴方の手の温もりで体温を保っていました


温かみを亡くした私は
死体ですか?


貴方は私さえも埋めずに
去るんですね


憎い


憎いです…


今でも貴方を愛する気持ちなどこの身と共に滅べばいい



けれどもう少しで貴方の隣にずっと……




貴方は気付かないだろう

私の存在すら忘れてしまうだろう


いいの


傍に居させて?


貴方は冷たい人なのね

埋めてくれもしない冷たい人…



私は違う

貴方を愛しているから貴方の最後を…



そっと

花びらに囲まれて綺麗に閉じ込めてあげる


私の御人形さんだもの


ずっと

ずっと


愛してる

そしたらまた私を温めてくれる?


貴方の手は冷たくなっていく


臓器が冷めないうちに私のぽっかり開いた左胸を埋めて下さい



私のは貴方が連れていった…


貴方の心は私の…でしょ?


息絶えそうな貴方の温もりは生暖かく静かに休む…



私の大好きな御人形さん…




§ 

2007年03月14日(水) 14時09分




君に会いたい




ただそれだけで今日この日まで頑張ってきた





君に会うのは何年ぶりなんだろう



君を思い浮かべながら歩く僕ははやさを増していた




一秒でも早く会いたいから




君は小さく手をあげ


久しぶり



と照れ隠しをしながら笑った君は誰よりも愛おしい



寂しい想いをさせたね



君の顔から目が話せない僕は
少しくすぐったいよ


§ 

2007年03月13日(火) 22時14分



本当は貴方に伝えたかった





時が経つのは早すぎて


まだ時間の流れにとりのこされる僕




1番先に伝えなきゃいけないのに




言ったら貴方は反対するだろう


僕を叱るだろう



けど僕の意志は固く結局貴方に何も告げず前へ進んでしまった…


ごめんなさい



愛してくれるからこそ伝えられなかった…




僕は何度自分に後悔しただろう……





夢ならば早く覚めて下さい……




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuroga
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
アイコン画像§
アイコン画像§
アイコン画像§
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる