【限定】バリ鰹らーめん(白湯) @麺屋AMORE (麺や 而今)

May 05 [Fri], 2017, 8:30
麺や 而今さんで修行を積まれて今春卒業された、

アモーレ石坂さんが5月の連休中に出身の麺や而今さんで

ご自分の新店舗で提供される作品を披露されると聞き、

早速、大東市の而今さんへ突撃してみました。



お店の前まで来てみると・・・

而今ファンの麺友さん達の姿があり、ご挨拶m(__)mペコリン

開店時間まで、麺談義に華が咲いていましたが、

開店時間となり、楽しい時間もすぐに終わり、

店内からアモーレ石坂さんが登場となりました。



開店のご挨拶に、麺友さん達からツッコミを入れられ、

笑いを集める場面もありましたが、

皆から愛されるキャラの石坂さんであると改めて感じられました(^^)/

そして、挨拶の後、行列が次々と店内に吸い込まれていきます。



入口の暖簾と看板は「麺屋 アモーレ」となっています。



ロゴは浜松のプロの方に書いてもらったそうです。

入口近くの券売機に向かい、本日の限定ボタンを探します。



(◎_◎;)ボタンオオスギール

券売機に貼りだされてあるPOPを見ると・・・



限定Aボタンを押すようです。

キョロキョロと探してみると、最下段にありました(^^)/



食券をGETして開いている席に案内され、

食券を而今ママに手渡して出来上がりを待ちます。

店内を見渡してみると・・・・



「真鯛らぁー麵 日より」さんのハンドメイドの

ショップカードが設置してありました。(*^。^*)ホッコリ🎶

厨房の中では石坂さんと而今のゆうき店長がラーメンと格闘されていました。



そして、バリ鰹らーめん(白湯)の登場となりました。



具材は2種類のチャーシュー、白ネギ、ホウレンソウ、メンマが載っています。



ロース肉のレアチャーシューはシットリとした肉質ですが

スープの熱で徐々に硬くなり始めていました。

早目に頂いた方が肉の旨味を感じながら頂けるようです。



鶏ムネ肉は柔らかく、サクッとした食感を楽しむことができるチャーシューです。

ホウレンソウの緑がビジュアル的にアクセントとなっており、

濃厚スープの中で箸休め的な存在となっています。

麺は多加水中細縮れ麺を使用されているようです。



スープと適度に絡み持ち上げて来ます。

スープはカツオの旨味を前面に押し出した白湯スープです。

コクと旨みが感じられますが、・・・



石坂さんの工夫で、スープが鰹だけで単調にならないように

敢えて背黒煮干しのビター感をアクセントとして用いているようでした。

ビターな鰹白湯スープは、大人の味付けとなっています。

スルスルと頂いて完食です。

ごちそうさまでした。



夜の部では鰹清湯も用意されているようでしたが、

諸般の都合により訪問を断念せざるを得ませんでした。

石坂さんと次にお会いできることを楽しみにしています。

静岡で開店楽しみしています。

頑張ってくださいね。(*^。^*)



黒帽子的評価:★★★★
大東市灰塚6-7-9
072-873-0147
11:00〜14:30(L.O.)
18:00〜21:30(L.O.)
火休み

  • URL:http://yaplog.jp/kuroboushi/archive/2694
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒帽子
読者になる
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
http://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf