【新店】塩中華そば@おれ流ラーメン 鶏さき麺いち

April 03 [Mon], 2017, 8:30
多くのラーメンファンにとって、大東市といえば

麺や而今さんを思い浮かべてしまいますが、

その大東市に3月29日に「おれ流ラーメン鶏さき麺いち」が登場したと、

☆ひろさん情報にて、確認のために突撃してみました。



この日は気になる限定を提供されている人気店コラボがあり、

当初から、限定を頂くつもりで予定していましたが、

3月末から4月にかけての新店ラッシュに遭遇し、

泣く泣く、新店訪問を選択することとなりました。(´;ω;`)シンテンオオスギール!

お店の前まで来てみると・・・



大きな布看板が掲示されており、店主のラーメンに対する本気度が伝わってきます。

串かつ もつ鍋 酔笑本店という居酒屋さんの2毛作店のようです。



店内に入り、空いている席に座りメニューを確認してみると・・・、



白湯、清湯、汁なしの3ジャンルに分かれてのご提供となっています。

既に、オープン日から出遅れての訪問となっているため、

メニューの最初のこってりは他の方がレポされると想定して、

今回は敢えてパスすることにしました。



選択したのは出汁感が分かりやすく、

調整が難しいと言われる「塩」の中華そばでお願いしてみることにしました。

店内は・・・

L字型のカウンター席が9席あり、

4人掛けのテーブル席が2卓用意されていました。

厨房の中では男性店主が一人で切り盛りしており、

ホール担当の女性スタッフ1名の2名体制にて営業されています

塩中華そばの登場となりました。



具材はチャーシュー、白髪ネギ、糸唐辛子、ネギ、

穂先メンマ、ナルトが載っています。



チャーシューは大ぶりな2枚の肩ロースのレアチャーシューが

スープを隠すように載っています。



メンマでは、穂先メンマを採用されており、

店主のラーメンに対する拘りが見えるように思います。

麺はミネヤ食品製と思われる多加水中太ストレート麺を使用されていました。



麺肌がツルツルしており、喉越しの良い麺となっています。

スープの持ち上げも悪くありません。

個人的には、ミネヤさんの麺はお気に入りの麺の場合が多いです。(^^)/

スープは鶏ガラ主体の清湯スープを採用されています。



ほんのりと鶏の旨味を感じさせ、

塩分濃度も高すぎず、バランスの良い一杯となっています。

スルスルと頂いて、完食となりました。

ごちそうさまでした。



「鶏さき麺いち」のネーミングを初めて聞いた時に

京都・円町のミシュラン掲載された山崎麺二郎をイメージしました。

こちらの店主名「森崎健一」からつけられた「鶏さき麺いち」さんも

ミシュラン登録されると、面白いことになると思った黒帽子でした。

そうなると、個人名をイジッてネーミングする新店が流行るようになり、、

新店訪問が一層楽しくなるかもしれません。(笑)



黒帽子的評価:★★★
大東市氷野1-15-21
072-872-6666
11:00〜14:30
火休み
  • URL:http://yaplog.jp/kuroboushi/archive/2644
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒帽子
読者になる
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
http://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf