ラーメン@らーめん おが多 キスケBOX店

May 24 [Wed], 2017, 19:30
青い国 四国の最南端に行ってみようとし、足摺岬を目指してみました。

地図で見るより、かなり距離があり、時間もかかりますが・・・



到着した時の爽快感は、例えようがありませんでした。

太平洋に突き出した足摺岬。



太平洋の荒波で出来た洞穴からみる水平線。



暫く、足摺周辺を散策した後、松山を目指します。

お目当ては過去、3回振られている春光亭さん!!

移転前のお店は訪問できないまま、

移転リニューアルオープンしたとの情報を

麺友さんから頂いていたため、

今年こその思いはとても大きく膨らんでいます。

ほぼ開店時間に新店舗に到着したものの・・・



(;´・ω・)ムムム・・・?



なにか様子がおかしい雰囲気が漂っています。

店舗に近づいてみると・・・



・(;^_^A アララ・・・

今回も訪問することはできませんでした(´;ω;`)

仕方なく、次なるお店に向かいました。

松山では安定の人気店、「おが多」さんです。



無休営業のお店であるため、確実に訪問できるはず!

お店の前まで来てみると・・・



暖簾には醤油味にこだわる!の文字や



鶏で作る極みスープの文字が並んでいます。

メニューを確認してみると・・・・



シンプルに当店一押しのラーメンをお願いしてみました。



店内はほぼ満席状態でしたが、食べ終わったお客さんの後に

次々と次のお客さんが入ってくる人気ぶりでした。

そして、ネギらーめんと呼べそうな、「ラーメン」の登場です。



具材は大量のネギ、小ぶりなチャーシュー、キクラゲ



ネギの下からはモヤシも登場してきました。



麺はウェーブのかかった多加水細ストレート麺を使用されています。



喉越し良くするすると頂くことができます。

スープは鶏ガラスープにイリコ系出汁をあわせたような、



透明感がありスキッとしたキレのある、

醤油のカエシを使用したスープとなっています。



塩分濃度が濃すぎることも無く、むしろアッサリとしたスープは

松山に根差す甘口ラーメンとは一線を画した、

昔ながらの美味い中華そばの印象です。

スルスルと頂いて完食完汁となりました。

ごちそうさまでした。(^^)/



本店はJR松山駅から2分で到着できる便利な場所にありますが、

おが多さんでは2番町にも支店ができていたようです。



黒帽子的評価:★★★☆
松山市宮田町4
11:00〜23:30
無休

昔ながらのちゃんぽん@ちゃんぽん亭 イーグル

May 24 [Wed], 2017, 9:00
未訪問の南予方面へ向かって、愛媛で最初に訪問したのは、

ちゃんぽんの街、八幡浜!!



商店街へ入って行くと・・・

黒い商店街の幟があちこちに立っていました。(;^_^A



黒い商店街って・・・((+_+))アヤシイ・・・



人通りもまばらです・・・



黒い電話ボックスがあり・・・



黒いジュースの自動販売機も設置されています。



郵便ポストまで、黒く塗られていました。。(◎_◎;)アレマ!

なんで黒なんでしょう・・・(意味不)

すると、・・・

こんなPOPが掲示されていました。



黒い湯けむり温泉に黒い商店街あり!

地元では有名な話のようです(;^_^A

ブラックリストの案内も用意されていました。



更に進むと、黒い商店街の幟とともに目につくのが・・・・

「八幡浜ちゃんぽん」の幟も沢山並んでいるのが目立ちます。



地元で人気のちゃんぽん亭イーグルさんに到着です。



外待ち3組ほどありましたが、すぐに店内に案内されました。

空いている席に座り、メニューを確認してみると・・・



デフォの昔ながらのちゃんぽん580円をお願いしてみました。

ローカル価格で、お安く頂くことができます。



店内は昔ながらの食堂のようで、小上がりや



テーブル席も用意されています。

滞在中、食べ終わったお客さんの後に次のお客さんが訪れ、

ずっと満席状態が続いていました。(*^。^*)

そして、昔ながらのちゃんぽんの登場です。



具材はモヤシ、ニンジン、ネギ、キャベツ、タマネギ、豚バラ肉が載っています。




サッパリとした塩味のスープとともに、美味しく頂くことができます。

どこか懐かしい味のちゃんぽんです。  



麺はウェーブのかかったストレート中細麺を使用されています。

スープとの相性もよく、スルスルと頂くことができます。



スープは鶏ガラベースのスープに、まろやかな塩のカエシが合わさり、

豚肉と野菜の旨味が溶け出したちゃんぽんは、

サッパリとした味付けで頂くことができます。

スルスルといただいて完食完汁となりました。

ごちそうさまでした。



お店をでて、港のほうへ行ってみると・・・

青い海と緑の山が見えます。



爽やかな海風が通り抜け、とても気持ちの良い場所です。(*^。^*)

その後、更に南を目指し、水中展望船に乗れば、

綺麗なサンゴ礁と多くのカラフルな魚が見られました。



日本一の清流、四万十川では洪水にも対応できる

沈下橋に多くの観光客が来ていました。



ラーメン店は、札幌ラーメンのチェーン店と

豚太郎のFC店が点在しているエリアでした。



黒帽子的評価:★★★☆
八幡浜市仲之町358-2
0894-22-2492
11:30〜21:00
水休み

油そば@油そば めんらく

May 23 [Tue], 2017, 19:30
休日を利用して観光を兼ねた遠征を実施しました。

途中の岡山にて昼食をとることにしました。

前回、岡山遠征を実施したとき、

昨年まではなかったお店を数件、発見しております。



油そばのお店は関西ではすでに登場していますが、

岡山で油そばの看板はめずらしいので、記憶の片隅に残っていました。

今回、確認のために突撃してみました。

お店の前まで来てみると・・・



岡山のランキングで7位入賞されたようです。

何のランキングかはハッキリしませんでしたが・・・(;´・ω・)



とりあえず、店内に入り券売機に向かい、油そばを購入してみました。



カウンターの一番奥に座り、食券を女性スタッフに手渡して、出来上がりを待ちます。

めんらく亭さんは、岡山、仙台、沖縄に店舗拡大中のお店だそうです。

めんらくのおいしい食べ方とPOPが置いてありました。



1. 酢とラー油を1周半から2周かける。
2. タレがすべての麺に絡むようにしっかり混ぜる。
3. そして、暑いうちに食す

と書いてありました。

関西では混ぜ麺の流行があるため、いまさらの話ですが・・・

油そばの登場となりました。



すかさず、ネット上にて確認しておいた温泉卵無料クーポン画面を提示して



温泉卵をGET!

ややオイルが多いように思えましたが、

麺の下には、ねぎと醤油ダレが潜んでいます。



麺は自家製太麺を使用されており、



ゆで加減も丁度良く、もちもちとした食感の麺を楽しむことができます。

具材は、ねぎ、海苔、メンマが載っています。



蓮華がありませんでしたので、両手による天地返しは諦めて、

箸による天地返しを繰り返し、タレをシッカリと麺に絡めます。



オイリーな油そばのため、のど越し良くするすると頂くことが出来ました。

酢や魚粉を入れる前に麺がなくなってしまいました。

サクッといただいて完食です。



カエシの醤油ダレの醤油カドが尖りまくっていたのが印象的でした。

カエシを修正すれば、もっとおいしくなるように思います。

ふと気が付くと・・・・・

カウンター横に何やら雑誌が置いてありました。



どうやら、この「おかやまラーメン総選挙」にてのランキングのようです。

雑誌を手に取って、中をぱらぱらと捲ってみると・・・

汁なし・つけ麺ジャンルで7位となっていました。

ちなみに記憶が定かではありませんが、以下のようなランキングだったように思います。

1位:虎ぼるた 備前汁なし担担麺
2位:えびすらーめん
3位:烏城
4位:琥家
5位:麺や 岩田
6位:麺屋べんてん
7位:油そば めんらく

だったように思います。

未訪問のお店が3件もあるため、

今年の宿題店とすることにしました(#^.^#)

さて、先を急がねば((((((/・ω・)/



黒帽子的評価:★★★
岡山市北区表町2-2-6 アウルスタイル表町ビル 1F
086-224-7888
11:00〜20:00
不定休
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒帽子
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf