飽くまで選択するのは貴方

November 28 [Sun], 2010, 16:58
選択肢を相手に与えること。

相手を人として尊重すること。

何を、誰を、選ぶかは、飽くまで相手の自由であるということ。

自由という言葉無しには存在しない貴方のスタイルを、何があっても侵してはならない。

自分を大事にする、という意味がよくわからなかった。

自分の時間と才能を守り育てなさい、という意味なんだと解釈した。

凛として一人で立っていられるように。

凛として一人で何でもこなすようなエネルギィを。

私は道を与えられた。

恋であって愛であって哲学であって・・とにかく、追っかけよう。

貴方の悲しみを無くしてあげることはできないけれど、隙間を少し埋めることぐらいなら私にも出来るかもしれない。

すべての自己愛を混乱を狂気を、正しく優しく戒めてくれる貴方に感謝する。

今日も貴方を想いながら、進まねばならぬ。

私が私を殺してはならぬ。腐らせてはならぬ。与えられた命を一生懸命になって生かしていかなければならない。

だからこんなちっぽけな不安や物思いに囚われる自分とは、お別れしなきゃ。

さよなら。呼吸が苦しくなるほどの「考」の産物。

さよなら。無駄な想像力と記憶力。

さよなら。弱くて一人で立っていられない「女」。



「冷たい言い方をするようだが、凛として一人で立っていられなくなった娘には魅力を感じなくなってしまうんだ。」





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうか
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kuro29jj/index1_0.rdf