女中「うさぎ」 

October 15 [Mon], 2007, 23:58
本名:因幡野 小雪(いなばの こゆき)

もともと栗栖川邸(栗洋館)の隣、「水曜報國社」(武器商人)の社主で栗栖川と海軍士官学校での同期、舛尾(ますお)の屋敷に奉公する女中であった。
ちなみに舛尾邸の別名は「水曜館」・・・栗洋館に並び市民に揶揄され、「みずようかん」・・と呼ばれている。

 小雪は裕福な家庭の一人娘であったが、「函館大火」で家も家族も失ったところを舛尾に拾われ、女中として奉公することになった。
 家族を持たない舛尾は娘のように可愛がり、日中は学校へ通わせた。

ウサミミは舛尾が一人前の女中となったということで小雪に贈ったもの。舛尾邸の女中のシンボル。(バニーガールのはしりなのかもしれない・・・)

 春のある日舛尾はビジネスで海路、シンガポール経由でドイツに向かったが、音信不通に。
夏を越えて秋になっても戻らない・・・
 主人が戻らず、たった一人で屋敷を維持してきた小雪が毎晩すすり泣くのを見かねて執事猫田は、栗洋館への一時雇用を提案。
 一時的に小雪は栗洋館の女中となったが、ウサミミは主人から与えられたものであるから外そうとしない・・栗洋館では「うさぎさん」と呼ばれている。

 小雪は主人、舛尾の船がインド洋で潜水艦に沈められたことを知らない・・・・


 


女中「あかがねさん」と「しろかねさん」 

October 15 [Mon], 2007, 23:21
栗洋館の「家女中」(House Maid)

本名不明。
旦那様の交友関係から依頼され「行儀見習い」として来ている、どこかのお嬢様であることにはかわりがない。

ほぼ同期の奉公であり双子のように仲が良い。



左:「あかがねさん」 右:「しろかねさん」


清宮 那奈(すがのみや なな) 

October 15 [Mon], 2007, 23:16
節子お嬢様のご学友。
栗栖川邸(栗洋館)の女中、亜矢奈(あやな)の妹。



千葉縣出身

美々香お嬢様 

September 17 [Mon], 2007, 22:45
美々香(みみか)
栗栖川のお嬢様のうち、一番下のお嬢様(第五お嬢様)

のんびり、おっとり、やさしさいっぱい

ちょっと舌が短いのか「お姉しゃま、お姉しゃま・・」と言うので、「しゃま」と呼ばれています。



出生:中国 哈爾浜(ハルビン)

琴子お嬢様 

September 17 [Mon], 2007, 22:37
琴子(ことこ)

栗栖川家第四お嬢様。

とてもおとなしいがキレモノ。(念のため・・・アタマの回転が速いということ)
お嬢様たちの中では生まれも育ちも日本。和風たっぷりのお嬢様。




出生地:東京

椿姫お嬢様 

September 17 [Mon], 2007, 22:27
栗栖川家 第三お嬢様。

おっとり、おとなしいお嬢様。

でも言うこときつめ。





出生地:ドイツ

えりかお嬢様 

September 17 [Mon], 2007, 22:14
栗栖川 えりか

栗栖川家の第二お嬢様。

出生地:ドイツ ライプツィヒ
栗栖川の養女。名前はドイツ時代のErikaをそのまま和名に



姉妹5人の中で最も活発できつい性格。

節子お嬢様 

September 17 [Mon], 2007, 21:34
栗栖川家筆頭お嬢様

栗栖川 節子


栗栖川家を代表する「真性お嬢様」




出生:ドイツ ライプツィヒ 「レーベンスボルン」
栗栖川の養女となる。

執事の猫田です。 

May 10 [Thu], 2007, 23:00


執事として恐い旦那様、気の強いメイドたち、小生意気なお嬢様たちに囲まれ細々と生きています。

所属:北部憲兵隊司令部 函館地区憲兵隊です。
階級:一応「憲兵大尉」です。
任務:「旦那様」(海軍技術中将)と「お嬢様たち」(「あの実験」の生きた軍事機密)の監視と護衛・・・とりあえず「ケンペーさん」の標準業務です。

 このお屋敷では泣く子も黙る(ハズの)「憲兵さん」や「特高」なんぞはヒエラルヒーの最下層に位置するようです。

この耳ですか?
そう。軍の「あの実験」に志願したので。お嬢様たちと同じ「あの実験」・・・・
P R
執事猫田の履歴
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:猫田
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1911年2月24日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
対外的には海軍技術中将、栗栖川の屋敷(通称:栗洋館)の執事
北部憲兵隊(函館)所属の陸軍憲兵大尉
任務は栗栖川の(思想的)監視・護衛だったのだが・・・



2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
DER KOMMENTAR