開花株のクリスマスローズ 

January 27 [Tue], 2009, 10:03
クリスマスローズはよくトールペイントの絵柄の中にも描かれて

いるので以前から私の中では憧れのお花でした。

色々な種類があって花の色もさまざま…見ているだけで癒されますね。

特に人気なのはホワイト系のお花です。

種から育てるのもいいのですが、花がつくのが3年くらい

かかってしまう種類もありますので、すぐにクリスマスローズ

を楽しみたい方はツボミがついた鉢植えを購入することをおススメします。

置く場所は強い光が当たらない室内に置いてください。

高温多湿に弱いので、夏はかなり控えめに水をあげてください。

秋以降は乾かないように水を十分にあげてくださいね。



>>クリスマスローズの詳細はこちら





苗からの栽培方法 

January 27 [Tue], 2009, 10:15
種類や地域に関係なく本葉が1枚展開した苗が生育がよいようです。

クリスマスローズの1年を通しての活動は秋から始まります。
10月になるとクリスマスローズの根は土の中で活発な成長を始めます。

9〜11月までは害虫や病気にやられないように、殺虫剤の散布が必要です。

1月からはツボミも大きくなり始め、開花準備を始めます。

2〜3月開花します。冬の寒い時期に彩りを見せてくれますよ。

4月にはお花は終盤に入り色あせ始めます。

5〜8月は花芽を作る準備に入り、新しい葉が出始めます。

これは株の動きになりますが、苗の成長も同じサイクルで成長します。

春から夏は害虫から守ってあげて、直射日光に当たらないよう置き場所
を変えてあげるといいようです。





>>クリスマスローズの苗を見る方はこちら




P R