【 更新情報 】

スポンサード リンク

子供でも簡単にクリスマスリースが作れます!

クリスマスリースの簡単な作り方は、やはり折り紙で作るリースが一番でしょう。
もちろんクリスマスリース自体は、ビーズや植物のツル、マカロニや松ぼっくりの実、鈴などを
使ったものがありますが、折り紙なら手作りクリスマスリースが子供でも簡単に作れますし、
材料費もかかりませんので、たくさんの子供達や親子で手作りクリスマスリースを一緒に作って、
クリスマスの思い出にしてもいいですよね。
折り紙リースの作り方は簡単で、段ボール紙をリース型(ドーナツのような丸型)に切り、
紙テープで切り取ったふちを補強して、段ボール紙に色紙を貼ります。(リースの原型)
そこに、折り紙で折った鶴や、サンタさん、トナカイさんなどをリースに貼り付けていけば、
手作りクリスマスリースの完成です。
その他にも、新聞紙を丸めてワッカ(リース)をつくり、リボンでとめてボンドで色々な飾りを付けていく
方法も簡単にクリスマスリースが作れます。
また材料も100円ショップで、テープやリボン、可愛い飾りのものがすべてそろいますので、
小さいお子さん向けにオススメです。
最近では、ネットショッピングで、クリスマスリース簡単手作りグッズなんかもあります。
値段は少し高めの1000円〜5000円ほどしますが、クリスマスリースの作り方や
キレイな装飾がたくさんあり、クリスマスプレゼントとして、手作りクリスマスリースを
プレゼントしても喜ばれるでしょう。

クリスマスリースの意味を知ろう!

クリスマスのときに作ったり、飾ったりするクリスマスリースには「永遠」という意味があるそうです。
その丸い形は終わりの無いエンドレス、つまり生命・幸福がいつまでも続くようにという願いが
リースに込められています。
色合いによる、クリスマスリースの由来は、グリーンは「作物の繁栄」 赤い実は「太陽の光」
リボンやベルなどは「魔除け」という意味があるようです。
ロマンチックなクリスマスに、リースはぴったりなアイテムといえますね。
クリスマスリースの「リース」とは英語で「wreath」と書き、「花輪,花冠,冠,輪状のもの」を
意味しますが、ギリシャ・ローマ時代に花や枝、葉などで作った丸い輪を酒宴の時に用いたり、
賞として授けたりしたことに起源します。
クリスマスシーズンになると、玄関や壁などにクリスマスリースを飾っているご家庭が
たくさんありますが、松ぼっくりやリボン、鈴や折り紙、ドライフラワーやりんごなどを
材料としてクリスマスリースをよく見かけます。、
材料やリースを飾る場所には特に決まりはなく、クリスマスの楽しみのつもりで、
まずは子供と一緒に作ってみて、リースを飾ってみてはいかがでしょうか!?
最近では、ネットショップなどでブリザードフラワーのクリスマスリースが人気があるみたいです。
他にも、可愛らしい花柄のリースや、色合いが素敵なアレンジクリスマスリースなんかも売られて
いますので、クリスマスプレゼントとしても、喜ばれるでしょうね。