風邪をひきました。 

December 05 [Wed], 2007, 16:42
久しぶりに喘息がひどいです。


呼吸音、ひゅうひゅうぜろぜろ


しんどい…


心まで弱って、いらないことばかり考えて、つらい。


芝居に向いてないんじゃないかとかね。
いつも考えるけど。


誰かがほしい。
誰かがほしい。


優しくしてくれる、私を肯定してくれる、いっしょにいて苦しくならない、気持ちわるくならない誰かがほしい………。


どうして 私 は こんなに ひとり なのか し ら ?


しんどいよー…。


誰か、誰かいません か ?


私に出会うはずの誰か、いませんか?


どこにいる ん ですか ?


つらいよー…


誰か 誰か、いませんか?


どこに いるんです か ?


ひとり は つら い 。


もう 足元 が崩れて

ひとりで 立っ ていられ ない 。


ひとりでひとりでひとりで。


きつい……もう……つらい……


誰か 見つけて 選んで 『私』 を 。

寂しい。 

September 26 [Wed], 2007, 17:10
なんだかなぁ、私。


結局、泣けなくて。
泣いたら、全部認めてしまうようで。
あれだな、谷川まんがの『星の速さで〜』の志伸の台詞だな。『泣いたり、取り乱したりしたら、ほんとのことなんだってわかっちゃうじゃん』みたいな。うろ覚えだけど。

泣いたら少しはすっきりするかもしれないのに、親に気付かれたら心配されるなー、とか、瞼はれたらますますブサイクになるなー、とか考えて、泣けない。


まぁそんなこと考えてるうちはまだ余裕があるのかもしれないけどね笑


なんかね、私って昔から人の顔色ばかり伺って、気を使って自分は疲れて、しかも大事なところで気を使いきれてなくて空気読めなくて、結局いつも自己嫌悪。昔から、そう。


全てのことを、心のどこかで少しずつ諦めるようになった。何年か前から。


いまも他人を心の底から信じきることが出来ないし、そもそも信じるって何?って感じ。
ていうか友達って何?恋愛って何?付き合うって何?


いま私は、たぶん寂しいんだと思うのね。
自分が寂しいんだってことに、しばらく気付けなかった。この虚しいよーなのはなんだろーなーって思ってた。たぶん、ずっと前から、本当にけっこうずーっと前から、私は寂しかったんだと思う。


自分じゃない、家族でもない他の誰かに、存在を認めてほしかった。自分と他人をつなぐ糸のあまりの細さに、いつも不安を感じてた。いつも誰かに私を選んでほしかった。


だけど日常の忙しさにそんな心細さはまぎれていっちゃって、ぼんやりした虚しさだけがいつも残った。それに18にもなって、私のこと好き?うちらって友達だよね?なんてことも言えなくて、だけど確認したくて遊びに誘ったりするけど誘いすぎて嫌がられてないかなとか心配したり。


なんだろー。
私、バカかなぁ。


誰と一緒にいても、一緒にいるって気がしなくて、どう思われてるか気になって辛くて。会いたい、ってぼんやり考えるけど誰に会いたいのかわからなくて。


結局 私は愛されたいんだと思う。
その証拠に、ほらいまだってこんなに寂しい。

もうだめだ 

September 20 [Thu], 2007, 13:33
だめだ
泣きたい
でも泣けない。
授業があるから。
つぎは政治学
そのあとは貧民の台本をコピーしに行って、放課後は貧民の稽古。

明日は早朝バイトだから帰ったらすぐ寝ないと。

明日は朝から放課後まで学校があるからだめだし。

土曜にダンスから帰ってきたら泣こうかな。


だめだ
もう…………

もやもや。 

September 16 [Sun], 2007, 14:01
親のスネをかじって遊ぶ、阿呆な大学生にはなりたくないって思ってた。

だけど今、学べるというこの環境に慣れて、私はどんどん阿呆になってく気がしてならない。


もっとがむしゃらに頑張りたい。
思いきり、とか、必死に、なんて言葉を使わなくなって久しい。


はじめて書き上げた戯曲は私だけの世界で。


まだまだ足りない。
もっと書きたい。
もっと芝居を造りたい。


どうすればいい?


とりあえず今、目の前にあるのは学祭公演の準備。


私は、私は何がしたいんだっけ?


芝居がやりたいのは間違いないんだ。


芝居をやってる私がいて、私自身が完成する…と言ったら大袈裟か。


なんなんだろう。
でもなんか違う。
なんか、しっくりこない。

台本がー、とか
舞美がー、とか
役者がー、とか
そーゆー具体的なアレじゃなくてもっと、観念的てゆーか、空気っていうか。そーゆー不確かで掴みにくい、何か。私自身についての、何か。


それがビタっとハマる瞬間を探してる。ずっと。
絶対あるはずなんよ。


学びたいものは何。


造りたいものは何。


もっと………もっと、なんか。


なんかしたい。
なんか欲しい。

ウズウズしてる今!


色んなもの観たい。

澄さんの舞台とか、いいむろさんのマイムとか、Baku-団さんの芝居とか。



観たい。



観て、このモヤモヤが行き着くところを探したい。



10月観たい公演多すぎ!
貧民の稽古があるけど、なんとかやりくりして行きたいな。

人を恋うる… 

September 06 [Thu], 2007, 11:15




嬉しくなる

淋しくなる

ずっと見ていたい

どこかへ行ってほしい

話していて楽しい

腹がたって涙がでる



言い換えてしまえばそれは、好き、以外のなにものでもなく。



最近の私は、おどけることすら出来ず、息をつめて見ないふりをするだけ。

生来が楽観的な私、涙をこらえてこらえて帰宅しても……例えばお風呂に入って気に入りのシャワージェリーを使う、好きなマグで紅茶を飲むなどすれば、辛い気持ちは小さくなる。


そして、人に相談するタイミングを、逃す。


だからこのことを知っている人はごく少ない。
そして、私がこんなにも心痛めていると知っているのは、私だけ。


知らないでしょう。
私がどんな思いでいるか。

でも知ってくれなくていいよ。

惨めになるから。

それでなくても最近の私はみっともなくて、自己嫌悪で吐きそうなんだから。


会わなければ辛くない。


会わなければ、他の子と楽しげに話している塲に居合わせずにすむ。


でも会いたい。


会いたい。





ずいぶん久しぶりに会って、友人としてのふたりの蜜月期間がとっくに終わっていたことに、ようやく気が付いた。

から笑いが漏れた。

友人としてすら、私はもう『一番』ではなくなっていた。


足元が崩れていくような感覚。涙すら出ない。


家に帰っても、部屋に篭って泣くことすら許されず(何故なら私がひとりで部屋に篭るのに、親が過敏に反応するから)両親と夕飯をとり、長風呂をして、ドラマを見た。




強くなりたいな、と思った。

こんなくだらないことに振り回されて、私は馬鹿みたいだ。

みっともない。

強くなりたい。


+++++++++++


イノセントワールドの服が欲しい。

きっちりとした衿の、パフスリーブの生成のブラウスにはピコレース。

ひろがる膝丈スカートにはパニエを。

足元はレースのついたソックスと、つやつやストラップシューズ。

ひかえめなクラシカルロリータが似合う女の子になりたい。

手足は細くて目が大きくてあざといくちびるの可愛い女の子。

主食はマカロンとチョコレートですいすいとキレイな水を飲む。

血管に流れるのは赤くて透明な甘いイチゴシロップ。

つるんと丸いマッシュルームカットで揺れる髪の毛はミルクティーの色。


あのね、わたしはいつかお人形になるの。


世界は甘いお菓子と楽しいことと、ロックな音楽で出来ているんだよ。

もしどうしようもない事があったら?

泣いちゃう。誰かが助けてくれるまで。

悩みは?

ないわ。世界はわたしにいじわるしないもの。






なんてね。
そんな夢みたいに可愛い女の子になりたいなりたいなりたい。

強くて可憐な女の子になりたい。

いまどうしようもなく寂しいなんて、くちが裂けたって言えない。

愛されたいなんて言えばみじめでみじめでやりきれなくなるのが分かっているから。


嗚呼、本当に今、心から強くなりたいと思う。

可憐になりたいと思う。

愛されたいなんて思わないでいいくらいに強く可憐な、自分の足で立っていられる私になりたい。


まずは、痩せるところからはじめよう。

かんがえごと。 

August 12 [Sun], 2007, 22:28
きよみさんに『ブログ更新しろよー』と言われてから早何週間…?

すいません。

栗子です。


最近は毎日毎日、大学と稽古場と家の往復で、かなり肉体的に疲れがたまっているみたいです。


何故か毎日、帰りの電車のなかで、もう無性に寂しくなって孤独に喰われそうになります。

でも駅から家までの道をぷらぷらと歩くころには孤独なんてどこへやら、にやにやしながらウォークマンから流れるマキシマムザホルモンやTommy february6を口ずさんでます。


なんなんだろう、あの孤独感は。


不思議だねー。




さて、ミュージカル『チンチン電車と女学生』の広島公演本番が近付いてきました。

今日は衣装つき通し。
心配していた早がえも難無くクリア。
呼び込みもなんとか身体に入ってきた感じがします。まだまだ頑張るけどね。


本当にこの作品に出会えてよかったと、心から思います。
まだ本番が終わってないんだから、しんみりするのは早いと思うけど、そう思わずにいられません。


ラストのエノラゲイの接近音と爆音のSE、初演の本番のときに克服したものの、不安でした。


その瞬間、私はBスタの真ん中に、呼び込みのあの若干間抜けな衣装で腕を組んで立っていました。


セミの声、チンチン電車の『チンチン』という音のSEが聞こえ……私の思い違いでなければ……私の周りにいた方々の視線が遠慮がちに私に注がれました。

ある人は鏡ごしに、ある人は視界のすみっこに、私を見ていたような気がします。


爆音を聞いて、腕を組んだまま私は硬直しました。
左の二の腕においた右手に、握ろうとしていないのにぐぅ…っと力が込められ、左の二の腕に指がぎりぎりと食い込みました。
血流が滞ったのでしょう、左手の先が痺れ、つめが青黒く変色しました。


でも発作は、起こりませんでした。


心臓は異常なはやさで脈うち、頭の芯は相変わらず、きんと冷えましたが、床に倒れることも唸り声、叫び声をあげることはありませんでした。


ひとつは、視線に守られていると感じたから。

ひとつは、少しばかり私自身が成長したから。

ひとつは、ユースを卒業したことによる微かな『よそ者感』。


寂しさと、あたたかさが混在する不思議な感覚。


こうして私は大人、になっていくのかしら。


と、思いました。










さて、最近 自らの恋愛観に真剣に不安を覚えます。

恋愛の必要性を全く感じません。
というか男性嫌悪の気がますますひどくなったようで……。男性嫌悪というよりは、性、生殖に関する全てにひどい嫌悪感を覚えます。
処女でもないくせに。
セクシャルマイノリティであることを自覚したのは小学6年生くらいの頃のことでしたが高校3年生くらいの頃からどんどんその質が変わっていっているような気がします。

私はどうなるんだろうか。

わからなくて怖くなる夜が頻繁にあります。

人並みに幸せになれればいいな…と、ぼんやりと思います。

まぁ、今のところ何不自由なく暮らしているので(嘘。ちょっとだけ不自由。でも我慢できる範囲内。)大丈夫なんだと思います。

こういうところで毒を吐いたあとに、自分でフォローを入れることが出来るようになったのも、ちょっとした成長と呼べるのかな笑。


明日からお盆やすみ。
大学は15日からまたはじまるので休みは二日間だけだけど、のんびりしようと思います。

消えすぎててほんとすいません。 

June 30 [Sat], 2007, 14:20
最近、大学がいそがしすぎてこっち放置しまくりでした。

栗子です。

昨日は舞台芸術専攻の面子で親睦会がありました。
大学通りの焼肉屋で食べ放題。
酒はいるとみんな人かわるねー笑
私は少ししか飲まなかったけど、私より飲んでない子がベロベロになってた。
酔ってるひとほど「酔ってないもん」って主張するの、アレなんなんだろうね。

ビール飲んでも顔色一つ変わらないお父さん(あだ名)に
「粟島ちゃん、今度いっしょにゆっくり飲もうや」って言われました。
家飲み希望〜。
大人数の居酒屋飲みが意外と苦手やと気づきました。
お酒は家でのんびりゆっくりちょっとずつ飲みたい栗子です。

さて、大学に入学して3ヶ月ほどになりますが、
大学で知り合った子たちいわく栗子は

「男前」で、「落ち着いてる」っぽくて「恋愛経験豊富」そうで
「姐さん」って感じで「とにかく強そう」だそうです。
マジか。



暗中模索のち晴れ? 

May 22 [Tue], 2007, 14:43
大学の先生の奨めで
『そんな無茶な…』と思いつつ、毎週末は芝居を見にあちこちの小屋に足を運んでいる栗子です。


こんにちわ。


幸か不幸か、現役の役者さんの知り合いが少なくはない私。
『見に行く芝居がない』なんてことにはなりませんし、大概チケットもとれます。

でも、ここ最近芝居を見に通って気付いてしまいました。

知り合いの出る芝居を見るのは、かなり悔しいということに。

知り合いの方々は実力も芸歴もコネクションも、栗子みたいな駆け出しのぺーぺーとは比べたら失礼なほど持ってる。

上手くてベテランな人がクオリティの高い芝居に出るのは当たり前のこと。

でも、悔しいのです。

知り合いに楽屋見舞いを持って劇場へ行くたびにどうしようもない焦燥感に胸が焼けるのです。

私はこの人たちのファンじゃない!
役者として対等でありたい!


芝居を見ること自体は勉強になります。
頭では理解できているし、実際に得るものは大きいです。

でも、私はこんなところで何をしているんだろうとも、思います。


世の中にはこんなに芝居があふれているのに、私は今までどうして何もやってこなかったんだろうとか。



私は何がしたいんだろう。どんな芝居がしたいんだろう?最近は演出にも興味がある。
今まで見たことない芝居を作りたい!!
じゃあ劇団を旗揚げする?…誰と?
芝居において信頼できる人………大学ではまだ、見つからない。
大学のみんながどれだけ芝居が好きか、まだわからないから。
私が作りたいものを明確に感じ取ってくれる人。
そんな人を探すには、まず私自身が作りたいものの明確なビジョンを持たなくちゃ。

ぼんやりとしたイメージなら抱いてる。

正反対なものを抱いたパワー。

下品なまでに優雅。
残酷なまでに少女趣味。
ポップに可愛らしく、
毒。




リラックスしているパワー。
これは、私の叔父さんが私の文章を表現した言葉。
私の芝居を表現した言葉。

演劇論や、戯曲論については両親よりもよっぽど尊敬できる叔父さんは、ビールのロング缶を5本も空けながら私に語った。

リラックスしているパワー。

その言葉を聞いたとき、私は自分が間違ってなかったことを確信した。
私はその言葉どおりに生きたいと願い、そうなるように努力してきたから。
その瞬間、作りたいものの断片がひとところに集まった。
まだ、溶けてひとつの世界を生むほどではない。
てんでばらばらに散らばっていたイメージのかけらが、ほうきで掃き集めるみたいにして中央地点に集まった。

それだけのこと。

でも私はまるで啓示を受けたような気分になって、その夜はなかなか寝付けなかった。


たぶんこれから先、私はあと何回か同じような体験をするんだろう。

芝居かもしれない。
誰かの言葉かもしれない。
小説かもしれないし、
一枚の写真かもしれない。

なんらかの外からの刺激を受けて、私の中に世界が確立していくんだろう。

箱のなかに落とされた水滴が、箱を揺らす度に他の水滴とくっついて、最終的にひとつの大きな水の塊になるみたいに。

そして私やりたいことがはっきりとわかったら、芝居をする仲間を探そう。
力を貸してくれる人を探そう。




暗中模索と胸を焼く焦燥感の先に、雲の切れ間が見えてきた。

趣味・買い物 

May 13 [Sun], 2007, 16:27
私の趣味は買い物です。

口癖は『これ可愛い!』です。

以前は趣味は芝居と読書 、でしたがいまやそれらは生活であり、私にとっては生きる目的であり、学問なのです。
つまり趣味というには日常における重要度が高すぎるということ。


息抜きやリラックスの方法は人それぞれあるでしょうが、私のそれは主に買い物です。
買い物というか、どうやら私は自分の美意識にあう服や何やを身につけ、手に入れ、あるいは部屋に飾ることでリラックスするたちの人間らしいのです。
靴や洋服や雑貨。
普段の生活で触れる機会の多いものほど、自分が納得していないものを使いたくありません。自分が納得出来ないものを使う時間は、むしろ私に大きなストレスを与えるのです。









……と、ここまで小難しい文体で書いてみたけど要するに


カワイイものに囲まれて暮らしたいんだよー!!

朝起きてから夜眠るまでずーっとお気に入りに囲まれていたいのー!!

それが乙女心なのー!!

というだけのことです笑



ユースの先輩K谷さんがこのblogをたまに見て下さってると聞いてかしこまってみました。
今さら…笑


今日はぴぃちゃんのお芝居を見に京都まで行ったので、伊勢丹でシビラの扇子を買いました。

母の日関係で無料で名前を入れてもらっちゃいました。自分の名前だけど笑


伊勢丹の革製品のお店で涙がでるくらい可愛い靴を見ました。
靴みてあんなにドキドキしたのは久しぶり!
柔らかい革で出来たバレエシューズ。
オフホワイトでリボンが付いてて、木底なのです。可愛すぎましたが、高すぎました。
三万て……orz

あと!
同じお店で出会った財布もヤバかった!!
てれんとした革で、手にした瞬間『うわぉ!』って思った。
財布は次行ったら絶対買っちゃう気がする…。



以上、久々の更新でした。

久々ドール話 

May 04 [Fri], 2007, 23:40
久しぶりの更新がドールの話ですいません。


栗子です。



みなさまご存知の通り、(知らない人もいるだろうけど)ウチには小菊という名のドールがいます。

身長は約26p。
球体間接人形のなかでも小さいほうに分類されます。


その小菊をお迎えして、一昨日で半年になりました。

………忘れてました爆
はい。半年記念日、忘れてました。


これがカップルならば喧嘩になってるでしょうねぇ…。
でも私たちはドールとオーナーなので喧嘩にはなりません笑


すまんね小菊…。マメなオーナーさんは 毎月記念日をお祝いしたりしてるのにね…。

しかし、小菊がウチに来てまだ半年しか経っていないというのが意外です。
確かに小菊をLEEKE(韓国のドールメーカー)のホムペでポチったのは約 半年前だし、小菊と夏を過ごした記憶もないのですが。


あまりにも小菊が側にいることが日常すぎて、まだ半年しか一緒にいてないなんてにわかに信じられない感じですよ。


いろいろあったなぁ。
21の同期と遊ぶのになんとなく小菊 連れてって、『なんか知らんけど、今日カバンに人形入ってんねん』と言ったらものすごい勢いで爆笑されたとか笑

どうにも心細くて『チンチン電車〜』の本番のときこっそり連れていってたとか。

ミャンマーに連れてって、長時間の移動のあとカバンを覗き込んで顔みたら、今まで見たことないくらいブチ切れた顔してたとか笑



色々とひどい扱いしたこともあったかも知れないけど、小菊はものすごく私を支えてくれます。
私の心の平安が保たれてるのはほとんど小菊のおかげ。


これからもよろしく。

あと同じ服を着せっぱなしでごめん!爆


次回の更新はまともな話をしようと思います笑
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像うめ
» 消えすぎててほんとすいません。 (2007年07月01日)
アイコン画像ぴぃこ
» 久しぶりすぎてごめんなさい (2007年04月21日)
アイコン画像ジン
» 久しぶりすぎてごめんなさい (2007年04月17日)
アイコン画像ばんばー
» 消失御免 (2007年04月06日)
アイコン画像ジン
» 踏ん張りどころ (2007年03月16日)
アイコン画像ぴぃこ
» ユースの事とかぼちぼちと。 (2007年03月05日)
アイコン画像ぴぃこ
» ユースでした。 (2007年02月27日)
アイコン画像うめ
» ユースでした。 (2007年02月25日)
アイコン画像うめ
» ユースでした。 (2007年02月25日)
アイコン画像あやかりあん
» 新年。 (2007年01月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:栗子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1989年3月28日
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
とにかく芝居が大好き。 この一言に尽きます。 でもドールが好きだったり、アンティークなマグが好きだったり、トイカメラが好きだったりもします。 好きなものいっぱい。 好きなものを増やすのが、好き。 そんな栗子をどうぞよろしく。
Yapme!一覧
読者になる