太陽光発電のクーリングオフ

January 26 [Sat], 2013, 11:39
クーリングオフは理由を問わず契約解除できます。その際に違約金や使用料、損害賠償などは一切発生しません。いったん契約してしまった後でも、8日間以内なら、消費者が契約を一方的に解除できる制度がクーリングオフです。消費者庁の報告によると、相談件数の約8割は、「訪問販売」によるものだといいます。訪問販売業者の特徴として、その場で契約を迫ります。「今しかこの値段で買えない」というような錯覚を起こさせて契約を取ろうとするセールスマンもいます。

訪問販売は、契約書を受け取った日を含め8日間以内に「書面により」クーリングオフを行使することができます。クーリングオフ手続は、書式に決まりはありませんが、必ず書面を郵送することにより手続を行う必要があります。電話やハガキより、確実な証拠の残る 「内容証明郵便」 が確実な手続きになります。クーリングオフの見本がありますので参考まで。

太陽光発電の問題点
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurijnoff
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kurijnoff/index1_0.rdf