クレペリン検査突破後の対策

February 25 [Wed], 2009, 2:19
JALやANAなんかでパイロットの試験を受けている方などは
心理適性検査と言う項目においてクレペリン検査を実施します。

このクレペリン検査やMMPI、ロールシャッハなんかが合格したら
次は面接試験ですよね。

実はこの面接試験と言うのはその選考の過程において
もっとも重要視される部分です。

誰もが力を入れてくる部分ではありますが、
その中でも圧倒的に他社よりも有利に立てる方法というのが
あります。


それが大手総合商社の元人事が教える第一志望内定までの4ステップ!です。

実際に、某企業の人事を3年ほど担当したことのある私ですが
さすがにこれだけ学生に対策をされたら、もうどうしようもない、
お手上げだと感じました。

これから面接を受けるという人は、ぜひ知っておいて欲しいなと
思います。

クレペリンと適性検査

December 23 [Tue], 2008, 4:29
クレペリン検査のような適性検査が非常に重要視される業界とうのがあります。
それがパイロットや鉄道運転士のような、右脳が非常に重要になってくる職業です。
これらの試験には必ずと言ってもいいくらい、クレペリン検査が実施されているのが現状です。僕は以前航空大学校の試験を受験しましたが、ここの2次試験でもクレペリン検査は実施されました。
自社要請というパイロット養成試験においても当然のことながら、クレペリン検査は実施されます。
なので、こういう業界に行きたいと思っている人はクレペリン検査の練習問題とやってみたらりすることをお勧めします。
このときには精神疾患でないかどうかや、その人が飛行機の操縦に適しているのかなどを見られるようです。こればかりは努力でなんとでもなるものではありませんが、対策はしておきましょう。

クレペリン検査の練習問題

December 23 [Tue], 2008, 4:22
クレペリン検査は就職活動などにおいて、その人物の適性を見るのに使用されることが多いです。就活における適性検査の位置づけなんですね。
そんなクレペリン検査ですが、これは無料で受けることが可能です。
就活本番を控えていて、クレペリン対策どころではないと思いますが、ぜひとも練習をしておきましょう。
クレペリン専用の用紙というのがありますので、それを使っての練習ということになりますね。
また、この適性検査というのは実はフリーソフトでも出来るものと言うのがありますが、実際の試験においては紙の問題を解くことになるので、問題集をしっかりとやっておく必要があります。
また、クレペリン5因子というのも必ずおさえておかなければならないポイントです。
これによって受験者の性格や適性というのが非常に明確になるからです。
逆に言うと、これは受験者が自分の行きたい企業に合わせてその性格や適性を意図的に操作することも可能だということです。

クレペリン検査の対策と攻略法

December 23 [Tue], 2008, 4:12
基本的にはクレペリン検査と言うのは足し算の繰り返しです。
クレペリン攻略にはいろんなうわさがありますが、基本的にはその人の特性がきっちりと出てしまうので、決定的な攻略法というのはありません。
しかし、人には作業効率といのが1人1人異なっていて、この傾向ことを利用して受験者のその職業における適性を出すことが可能と言われています。
もちろん、作業も多く数量が出来ればいいですが、その足し算の正確性も重要になってくると言われています。
もともとドイツのエミールクレペリンが発明したものですが、日本では内田先生が日本風にアレンジすることで、内田クレペリン検査として現在では就活やパイロットの試験などに積極的に取り入れられているのも納得がいきますね。
大抵の場合、こういった検査というのは集団面接やグループ面接の際のネタにもなりえるものですから、
ちゃんと対策しておきましょう。