第三の彼。 

2006年02月28日(火) 23時46分
書くのを忘れてしまっていたのですが、
第二の彼も第三の彼も男性です。

第三の彼は、14歳上の方でした。
始まりはなんだったんでしょう。。
確か何かのイベント事で一緒になったのがきっかけです。
よくメールのやり取りをして。
まさか恋愛にまで発展するなんて思わなかったので、お父さんか、少し年の離れたお兄ちゃんみたいな感じで慕ってました。

第二の彼のこともいろいろ相談していて。
ちょうど年の瀬で、彼が初詣に一緒に行ってくれないから拗ねてたのでした。笑。

それで、初詣に一緒に行ってくれるということで
しぶしぶ借り出されました。
本当は第二の彼と行きたかったんですね。
そしたら事が起こったんです。(ぇ)
たいしたことじゃなくて。
ただ眠くなったからホテルに入っただけです。笑。
なんにもしないっていう約束どおり、第三の彼はなにもせずに寝かせてくれました。

よく寝てから家まで送ってもらう途中、
第三の彼は急に第二の彼の話題を出してきました。
言われること言われることが私の不安な気持ちを突いて、
ついつい揺らいだんですね。
第二の彼と別れるきっかけがこのときでした。

付き合って初めのうちはすごく幸せで、
私は少し背伸びをしていたような気がします。

それが祟ったのか、不安なことがあっても言えなくなりました。
私のことを本当に好きなのか。
大学は東京になってしまって遠距離になってしまうのに、どうすればいいのか。
お仕事のない日は少しだけ会いたい。
など、いろいろ。。

そんなことで悶々としていたある日。
彼のケータイが繋がらなくなりました。
私のケータイがならなくないました。
彼の自宅には電話がありません。
彼の自宅の場所すらしっかりと知りません。

私は彼について、何も知らなかったのでした。
それに気付いたとき、凄く悲しかったです。

それから2日後に私のお誕生日がきました。
彼からは連絡もないまま。
お揃いのケータイは意味を成しません。
嫌になりました。
自分のケータイを壊しました。
床に叩きつけると
画面はもう点かなくなりました。
それがあの人とのお別れでした。
その年のお誕生日プレゼントは新しいケータイでした。

今会ったら
きっと私は泣いてしまうでしょう。

10ヶ月という短い期間でも
あまりにおおきな存在でした。

第二の彼。 

2006年02月28日(火) 2時55分
彼と知り合ったのは
私が16歳になりたての頃。
そのころ私は
最初の彼との思い出だけで生活していた気がします。

なぁんて。
ほぼ忘れて生活してました。
だって高校生って一番楽しい。。笑。

そんな中で第二の彼に出会いました。
恋愛とか全然考えてなくて。
むしろ友達を優先したい感じでした。爆。

彼とは本当にただの友達づきあいで。
お買い物行ったりとか
悩み相談でたくさん交流してました。

そういう風に遊んだりして、かなり仲が良くなったころに悩み相談をされました。

好きな人が出来たそうで。
おめでたい。
それは私だそうで。
あら。おめでたい。

・・・・・てぇえ!?

みたいなノリでした。確か。
軽いですね。
それから一ヶ月お付き合いして。
たいした内容もないままお別れしました。。笑


第一の彼。 

2006年02月28日(火) 2時35分
私に初めて人とお付き合いする機会が出来たのは15歳のときでした。
ちょっと遅めですね。
彼はボーイッシュな女の子でした。
今になって分かるのですが、彼は性同一性障害というセクシャリティの持ち主でした。
初めは驚いたものの、好いてくれるのが嬉しくってお付き合いを始めました。
お付き合いって言えるほどのものでもなかったかもしれませんが。

声が印象的な人でした。
澄んだ綺麗な声で、けれど、女性っぽさは欠片もなくて。
声優さんになったら成功するんじゃないかなぁと思います。笑。
電話で聞く彼の声は安眠効果がありました。(爆)

お付き合いして3ヶ月経った頃、
彼は靭帯損傷で入院をしました。
部活でバスケットをしていてやってしまったのでした。
あー。。痛そう。。。(><。
もちろんお見舞いに行って。
毎日1時間以上の電話は当たり前でした。
お見舞いに行ったとき初めて
トイレで関係を結んだのを覚えています。笑。

そんな入院生活の中で
彼に可愛いめがねの女の子のお友達が出来ました。
病室が一緒だったとのことです。
女の子同士ですからね。
そのことはとことん仲がよくって。
そのころ私は、
彼と私の間に距離がありすぎることに気がついてしまったんですねー。。
毎日一緒に居るあの子の方が
私よりも彼の中に入っていけることを知りました。
彼は私との電話よりその子との時間を優先したんですね。

これは衝撃的。

浮気まで行かなくても。
でも未熟な私には辛すぎました。

別れるときの彼は泣いていました。
怒っていました。
抱きしめてくれました。
けど
私の決意は半端じゃないので変わることはなかったです。

あのとき別れていなかったら。
大学に入学してからの東京生活を
一緒に過ごすはずでした。
そんな話をしたのが、桜が咲き始めた頃で。
別れる決意をするちょっと前。
近くにある桜を見ながら、何年か先は一緒に夜桜を見られるねって言ってました。

幼い約束ですね。

でもまだ覚えています。

あんまりにもジャンヌの『桜』にかぶっていたもんだから。笑。

綺麗過ぎる想い出は気持ちが痛みます。

すきなもの。(ロリィタ篇) 

2006年02月28日(火) 2時09分
あたしはロリィタ大好きです。
見るのも着るのも。
ただ、ここ一年で理由あって10kg太ってしまって絶望的・・・;
お気に入りブランドはメタモです(^^)
服飾の大学に通ってるので
もっと自分のお洋服をたくさん作れるといいなぁと思います。

・・・ロリィタについてマニアックなくらい語っていいですか。笑。

大好きなんですよー!!
何年たってもきっと着てる。
実習の日とか着れなかったりするけど!
でももう変わることないスタイルです。

パニエでふんわり広がるスカートのシルエットの可愛らしい事といったらございません。
もちろん電車では、どんなに空いていても座りません。
もし体調が悪くって立てなかったりして座るなら隅っこにこっそりと。
だって真ん中は幅を取ってしまって申し訳ないですから。笑。

そしてパニエの下にはドロワーズです。
私はドロワーズをほぼ下着と考えているので、
ほとんどお裾から覗かせることはありません。
少し動いたときにちらっと見えるレースが可愛らしいのですねvvv

そして、補正下着はしっかりと。
私はよくおなかが冷えてしまうので
それを防ぐ役割もあります。笑。
でもやっぱり、その人の体形で無理が出ない程度にウエストを絞ると、
背筋が伸びますね。
猫背のロリィタさんなんてかっこ悪いでしょ??
本当はコルセットがいいけれど
現代人の身体にあっているかといったら疑問です。
だってどう見ても無理な締め上げですもん。
すこしだけボーンが入った可愛らしいおリボンの付いた下着なんかもありますから
ぜひお試しアレです♪

お靴はやっぱりワンストラップですね♪
私はだいたい、装飾の少ないラウンドトゥのストラップシューズです。
ちょっとドジなので
おリボンやらチェーンやらパールが付いていると
欠けてしまう恐れがあるんです。笑。
ヒールは決まって6cm。
これも転んだりつまずくのが怖いから。
あとは
やっぱり背が大きすぎると迫力が出てしまうかなぁと思うので(^^;

出来ることなら10cmくらいまで履きたいのですが。。
素で156cmの私には高すぎました。笑。
もう10cm小さかったら可愛らしかったでしょうに(><。

あーただ好みを羅列しただけの文章になってしまいました!;;
ご容赦を。。(^^;


はじめまして☆ 

2006年02月28日(火) 2時05分
皆様はじめまして(^^)
呉乃と申します!くれないと読んでください。
これから日々のことやなんかをいろいろ書いていきたいと思うので
よろしくおねがいします☆☆
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurenai_hana
読者になる
Yapme!一覧
読者になる