酒ぐせの話しになる

September 10 [Tue], 2013, 18:20
某月某日、後輩と一杯・・何かの拍子で話題が「酒ぐせ」の話しになる。

呑みかけていた酒を吹き出しそうになるほど笑ったのは「泣き上戸」の逸話

高校時代の同級生と「すき焼き」で宴会をして、皆が出来上がった頃

一人の男が何を思ったのか、たいらげたアルミ製のすき焼き鍋をかぶり

部屋の隅っこでいきなり泣き出したそうな、後輩の話しぶりが傑作でした。

「Sさん、俺が悪い俺が悪いって泣くんですわ、え〜〜んって部屋の隅に行って・・」

「僕らが話しをしてると、その話しを聞いて、それも俺が悪い俺が悪いって」

何が悪いのか知らんけど人の罪まで被る必要はないと思うけどね〜〜

部屋の隅っこで鍋かぶって泣いている姿を想像しただけで腹が痛くなるほど笑ったね。

しかも人の話しを取ってまで「悪い悪い」と云いながら泣くのも変わった癖ではあります。

「絡み酒」「喧嘩酒」よりは穏やかですけど・・

世間の罪を一人で引き受けるのもどかと思うね「俺が悪い俺が悪い」ってね。

酒の勢いで有料アダルトサイト比較に入会してもよいかなと思う

一瞬で用事は終わるけども

August 17 [Sat], 2013, 15:03
それは殺界かな?

夏休みもらったのに、会社へ行くのだこれから。
一瞬で用事は終わるけども。

何着てこう・・・

いつもはそのまま仕事していい服つまりポロシャツ着てるからね。

暑いから汗かくからね。
いい服は着れないのよ。

宅配 忘れてた トマトウォーターと 炭酸りゲイン? 来た。
水がなくなったので トマトウォーターでもいいや、別物だけど。

治療院 行こうかと思ったら 夏休みだった、 スポーツジム自体が。
フィットネスもプールもやってないということは、治療院だけやってるわけもなく。
それならそれで気が楽になった。
行かないで済むし、行くならそれなりのかっこうになってしまうから。

明日は会社行くからその練習というか。
リハビリ リハビリ 

帰りにKQ百貨店でも見てくるもん。

今夜も夜中から朝にかけて

July 23 [Tue], 2013, 23:53
今夜も夜中から朝にかけて勤労にいそしんでいます。

最近は、ブログも止まったまんま。

携帯から入力出来るようにしていないからなんだけども。

今日は久しぶりにエステの仕事を再開した。
続けられるのか、正直不安はある。
でも…
でも!なんである

夜中仕事は体調さえ整えられれば、全然大変じゃない。
おかげでやっと人並みの暮らしも出来ようと言うモノ。

だが、やっぱりそれだけだとちょっと寂しい。

たまにはおしゃれもしたい。
綺麗でいたい。
今の流行りだって知りたい。
白粉の香りだって身にまといたい。
優雅にゆったりとした時間で仕事をしたい。

つまり、女性の特権をどっぷり味わいたいのである。

そして、それが叶うお仕事なので、諦めたくないんである…
今日も久しぶりにお会いした彼女の整った肌にメイクを施した時の感動!

三十路を超えて、お子様もいらっしゃるのに、何と言う事でしょう。
まるで、小さな子供の柔らかい肌にメイクをしているようだった…

せっかくの赤ちゃん肌、ゴテゴテ飾りたてるより、すっきり爽やかに柔らかそうな頬の健康な色合いだけ目立たせて自然に仕上げてみた。

白いコットンワンピースとの組み合わせを考えて、唇は瑞々しいシャイニーピンク。色より艶。

ふー…

綺麗だなぁ…

そして自分が幸せを感じる。

やっぱり、女性を綺麗にしていくのって、凄い気持ち良い。 一番自分が癒やされる。
仕事とは言えないかもしれないけれど、続けられるように調整しなくては!

体調管理はなんとか調整出来るようになった

来月は、自分の癒やしの為に時間を割こう。

ちょっとキツいかなと憂慮するが、慣れていくのも大事。
やれる範囲で、始めていこう。

多分、土曜日と月曜日メインでエステを展開していく予定。
スケジュール管理の徹底が7月の課題となる。

好きな事やれるようになるって、大人ならではだと思う。


さて、いよいよこっから!
と、激して頑張ってみる。

少々ショック

June 19 [Wed], 2013, 14:26
催事終了後、主催者側の方々がいらっしゃったので、

 po「お世話になりました。
   ありがとうございました」

…と、いつものようにご挨拶を。
当然、その方々の中に、顔見知りの方も。
すると…

 知「お疲れ様でした。
   声で分かりましたよ。
   (舞台の)反対側だったから行けなかったけど」

えっ…!!!

powanのこと、認識してたの?
そりゃ…毎月、お顔は見られているけど、
まさか…別の場所でお会いして、
     にこやかにご挨拶していただけるなんて…。

おまけに…なに…?
確か今…「声でわかった」って…!!!

個人的にお話したことなんて…ないと思うし、
まして、共有の場で、powanが声を発することなんて、
ゼロに等しいんですけどぉ〜。。。

もしかして…
たまぁ〜に、お話している「声」が、おっきいってこと…?

驚いたと同時に、少々ショック…

マンボウの呼び名

February 09 [Sat], 2013, 12:06
マンボウ、各地方でそれぞれ呼び名が違ってたりして、
瀬戸内海ではウオノタユウと呼ばれ、東北地方では
ウキ、ウキギ、ウキキ(浮木)とまるで流木扱い、
神奈川方面ではマンザイラク、その他にもマンボウザメなど
多数の地方名で呼ばれているそうなんで、
たとえマンボウの魚肉がスーパーに並んでてもマンボウだと
知らずに食べているかもしれないよね。

でも実は私水族館でしかマンボウを見た事は無いし、
貴重そうな魚だからきっと食用じゃないんだろうって
勝手に思ってたんですが、実は白身の魚で刺身や天ぷらなど
にして美味しく食べられるんだって。

しかし鮮度が落ちると臭みが出て不味いそうで、
定置網などにかかったマンボウは、ほとんどが現地で
消費され、市場に出ることは少ないそうです。
ただ宮城県から千葉県にかけてと、三重県紀北町や
尾鷲市などは比較的食用として目にする機会があるということですが、
食べた事ありますか?。

さて、マンボウの大きさですが、最大で3,3メートル、
体重は2トンもあるものもいて、世界最大の硬骨魚のひとつなんですって!
そいで尾びれと腹びれはなくって体の後ろにある尾びれのようなものは
背びれと尻びれの一部が変形したものなんだって!
だから体の後部分が、まるでなくなってしまったかのような形なんだね〜
あれは尾びれじゃなかったんだねぇ、びっくりや!

それからもっと驚く事にあのこたちの皮膚は厚く粘膜で覆われて
そこにはおびただしい数の寄生虫が付着してるんだって。
そいで海に浮かんで横たわってたりするのはカモメなどの
海鳥に寄生虫を取ってもらうためとか、あるいは日光浴による
殺菌が目的ではないかと考えられているそうだよ。

また、マンボウは勢いをつけて海面からジャンプすることもあって、
これも寄生虫を振り落とすためである可能性が高いんだとか。
でも、マンボウはジャンプして着水した時の衝撃で死んじゃう事があるんだって。
自分でジャンプして死んじゃうなんて、なんだか間抜けな魚だよね。

そいで水族館では飼育が難しい魚なんだって。
主な理由は泳ぎが下手なため自分で水槽の壁に体を
ぶつけて弱ってしまうことや、寄生虫が多いことなどで、
マンボウを守るために、水槽内にビニールやネットの
壁をめぐらせるなどの対策が取られている。

ただし、手で触ると手の跡がそのまま付くくらい
皮膚が弱くて、やはり飼育が難しい。
また水族館などで大きく成長したマンボウは施設に
限界があるため、標識をつけて大洋に再び放される事が多いそうです。


今年の春に行ったサンシャイン水族館にもマンボウがいて、
可愛いね〜って写真撮ったけど、飼育員さんたちの努力の
おかげで魚たちを楽しく見る事ができてたんだね〜感謝。
P R
カテゴリアーカイブ
ヤプミー!一覧
読者になる