利用中の注意 

2013年07月01日(月) 21時08分
クレジットカードの中には、
リボ払い専用カード、というものがあります。

ポイント還元率なのが高く、
リボ払いだからと、敬遠するのは、
もったいないカードです。

リボ払い専用カードに限らず、
クレジットカードのリボ払いは、
高い金利がかかります。

カードによって、利率は異なりますが、
キャッシングと同様の利率で、
一般的に、年利15%〜20%の金利がかかります。

利用金額が少額の場合、
リボ払いのトータル支払額も、大きくならないので、
金利が高い、という実感はありません。

しかし、利用金額が大きくなれば大きくなるほど、
毎月の支払い額がほぼ金利、という状況にもなりかねないので、
リボ払いの便利さには注意が必要です。

ポイント還元率が、高くても、
それより10倍以上高い、利息を払っていては、
何のためのカードか分からなくなってしまいます。


リボ払い専用カードでも、全額返済に切り替えることができたり、
毎月の支払い額を、高く設定することで、
実質、一括払いのカードとして利用できる場合があります。

申し込むカードを、よく研究して、
なるべくリボ払いを、利用しないことが、
クレジットカードを上手に使うコツです。


また、飲食店などの会計にクレジットカードを使う場合、
手数料を上乗せされることがあります。

カード会社と、加盟店の間では、
手数料を上乗せすることは、禁止されています。

カードの手数料を上乗せする不正請求は、
全国的に問題になっているので、加盟店も、
手数料の上乗せ請求は、できなくなってきています。

ただ、世の中は善人ばかりではありませんので、
手数料という名目を出さずに、
カード支払い時に、上乗せ請求をされることもあります。


特に夜、アルコールが入った状態での、
カードの利用は注意したほうがいいです。

カードの明細をしっかり確認して、
やたら高い金額になっていないかどうか、
注意して何度も確認してください。

アルコールが入っていると、
判断能力が下がりますので、2次会、3次会に出るときは、
なるべく現金払いの方がいいと思います。

夜中のクレジットカードほど、
怖いものはありません。
経験者として、本当にそう思います(笑)

P R
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kureka
読者になる
http://yaplog.jp/kureca/index1_0.rdf