クラークスワラビーのレディス

クラークスワラビーのレディスについて

クラークスワラビーというのは、クラークスの代表的な靴の『ワラビー』という名の靴があります。
クラークスワラビーという名前の由来は、その靴が袋縫いで出来ており、独特の丸みを帯びて
足を包み込むような形状なのです。


その有り様が有袋動物がお腹の袋に赤ちゃんを包み込んでいる様子に例えられ、
有袋類の1種である『ワラビー』から付けたのだと言われています。


クラークスワラビーはスエード素材で出来たもので、由来のとおり優しく足を包み込むような
快適な履き心地を実現させています。


クラークスワラビーはまた靴底は何層にも重ねた生ゴムで出来ているので、柔らかいので歩きやすく、
それでいて磨り減りにくく出来ています。


クラークスのワラビーは、1970年代にアメリカの学生たちの間で爆発的に人気が出て、
1975年には年間売り上げが100万足を突破し、大ヒット商品となったのです。
クラークスの定番商品といったらワラビーです。


クラークスのワラビーのレディスは、スムースレザーとスエード素材の2種類なんです。
クラークスのワラビーのレディスで、スムースレザー素材はシックなブラックで、カジュアルからフォーマル、
通勤スタイルと幅広く活躍してくれる一品となっています。


クラークスのワラビーのレディスでスエード素材は上品で肌触りがよく、色も落ち着いたメープルカラー。
上品だけど、目立ちすぎないので、どんな服とも相性抜群な一品となっています。




詳細はこちら↓↓
[クラークス] Clarks WALLABEE 20339372 00 (OAKWOOD SUEDE/3)


クラークスのナタリー

クラークスのナタリーについて




クラークスの靴は、180年以上の歴史を持つ伝統ある会社です。
カジュアルシューズのカリスマ的存在でもあるクラークスなのです。

クラークスの靴の中では、ワラビーとナタリーはクラークスを代表する靴と言ってもいいでしょう。
クラークスのナタリーは一見、ワラビーととてもよくにています。

ワラビーとナタリーの最大的な違いといえば、靴底。
クラークスのナタリーのほうはつま先から踵部分までくるっと靴底のゴムが覆っているのです。
その特徴でもある靴底の威力が発揮されるのは、何と言っても歩いているときです。

弾力性抜群の生ゴムが歩けば歩くほど、ナタリーの履き心地の良さ、
歩きやすさを身をもって証明することができるでしょう。

クラークスのナタリーとワラビーで、もう1点の違いは、
ナタリーのほうがワラビーよりも全体的に細身になっている点です。
細身のシルエットなので、かしこまった服装にも合わせやすくなっています。

クラークスのナタリーの中の一番の人気商品が、スエード素材でできているオークウッドカラーです。
シックで落ち着いた雰囲気と色合いで、発売当初からのロングセラー商品となっています。

クラークスのワラビーやナタリーを初めとするクラークスの靴たち、
日本国内にも販売店が多数存在しています。
北は北海道の「札幌オーロラタウン」店から、南は九州・福岡の「福岡 天神」店まで、
11点店の直営店があります。自分に合った一足を探しに出掛けてみるのも良いですよね。


詳細はこちら↓↓
[クラークス] Clarks NATALIE 00167148 00 (OAKWOOD SUEDE/4)

クラークスネイチャーについて

クラークスネイチャーをご存知でしょうか。



クラークスの靴は、最高級なカジュアル靴で人気が高く、求めるのは最高級の履き心地と快適さです。
クラークスの靴は高級でありながら、普段使いの靴でもあり続ける靴です。

長年世界中から愛される秘訣はやはり、歩きやすさなのではないでしょうか。
そんなクラークス社の靴と言えばワラビーやナタリーをイメージしてしまいがちですが、
クラークスの靴はこの2種類だけではないのです。

クラークスのネイチャーシリーズ。
ワラビーやナタリーの特徴ともいえるソールがこのネイチャーでは使用されていません。
ネイチャーは天然の皮革でできた一品となっており、見た目から高級感溢れる靴となっています。

またネイチャーにはクラークス社が開発した「アクティブエア」なるものが組み込まれています。
この「アクティブエア」とは、足が蹴る力をスムーズに出るように開発されており、
かかと部分の衝撃を吸収する力に優れているのです。更に足の指先を圧迫することなく、
ゆったりとしなやかに履きこなすことができるようにもなっています。

クラークスのネイチャーはつま先部分にゆとりを持っている分、
通常の靴よりも若干大きめサイズ(0.5センチ〜1.0センチ程度)となっていますので
、購入する際には注意が必要です。

詳細はこちら↓↓
[クラークス] NATURE II 00111552 00 (CHESTNUT GRAIN LEA/7)

クラークスのデザートカーン

クラークスのシューズの中で一番定番であるのデザートブーツは、なんといってもデザートカーンでしょう。
長期にわたり愛され続けてきた品ですからね。
そのデザートブーツでローカットバージョンが「デザートカーン」なんですね。

デザートカーンは、デザートブーツ同様、革靴では考えられないような柔らかいレザーを使っているので、とっても履き心地がいいです。革靴を履いていることを忘れさせてくれるんです。

デザートカーンは、どんなスタイルの服装にも似合いますしね、まさにシンプルイズベストといった点が思う存分に発揮してくれるということでしょうか。

ジャケット&パンツスタイルでも似合いますし、幅広くビジネスからプライベートまで使えるという点でも、クラークスのデザートカーンは申し分ないです。

ちなみにどんなスタイリングにも合わせやすいサンドカラーは、おススメで一足は欲しい一品です。
季節はもちろん1年通して履けるので重宝するからです。
デザートカーンという靴はあるようでなかなか見つからないので知っている人は皆知っているモノです。
お友達にもお薦めしてみて下さい。きっと喜ばれるでしょう。


★クラークス・デザートカーンの人気モデルを見てみる(楽天)★

クラークスの靴の修理 2

クラークスの靴の修理 2

お気に入りの靴は大切に長く使用したいですよね。
クラークスの靴は高級でありながら、カジュアルでもあるのが特徴です。
カジュアルなファッションに合うようなデザインになっているので、いつでも履いて出かけたくなります。

そうです!クラークスの靴は履けば履くほど、良さが分かるのです。
ですが、毎日のように履き続けていれば当然くたびれてきてしまいます。
くたびれた感じを少しでも軽減し、大切にいたわりを持って履くことにより、
一日でも長く履き続けることができるようになるのです。

クラークスの靴に限らず、お気に入りの靴を長く愛用するための理想は、
靴をローテーションで履き替えて使うことです。

やはり毎日同じ靴ばかり履き続けると痛むのが早くなり、
修理することになったり捨ててしまわなくてはならなくなります。
体をケアするように、靴もケアしてあげることが大切になってきます。

まず全体の汚れをしっかりと落とす。汚れが落ちにくい場合は、
靴を洗い布などで丁寧に拭きます。
その後、風通しの良い場所で乾かし、保管。
乾かす際、ドライヤーや直射日光は厳禁なので注意して下さい。

しかし、どんなに大切にケアしても長年使用していればガタが出てきます。
そうなった場合、すぐに捨ててしまわず修理することを考えて下さい。
お買い上げになった店舗に相談すれば、修理してもらうことが可能で、
また履けるようになる可能性が高いからです。

すぐには捨てずに修理!ものを大切にする心がエコに繋がると思いますので、
ぜひ実践してみて下さい。


クラークスのナタリー 2

クラークスのナタリー 2

クラークスは1825年にイングランドにて誕生し、クラークスと言えば、ワラビーですが、
そのワラビーに劣らず人気が高いのがクラークスのナタリーシリーズでしょう。

ワラビーとナタリーはとてもよく似ていますが、最大の違いは靴底です。

ナタリーの靴底はかかと部分からつま先までグルリと包みこまれるようになっているのです。
その名もクレープソール。このクレープソールのおかげで、とても歩きやすい靴に仕上がっています。
また、全体的にシンプルで飽きのこないデザインとなっていますので、長期に渡って愛用できる一品です。

更に、長く履きこなせばこなすほど、いい色合いとなり味が出てくるのも
クラークスナタリーの特徴であり魅力でもあります。まさに名作。歩く芸術!といったところでしょう。

1982年には、我が日本でもナタリーが発売開始となりました。
見た目のユニークさと、履いて歩けば歩くほどに良さが分かるクラークスのナタリーは瞬く間にヒットし、
その人気はいまだ衰えることを知らないでいます。

シンプルなデザインと落ち着いたカラーなので、
どんな服にとも相性がいいのも人気の秘訣かもしれません。

クラークスのナタリーは、一足持っていれば、ぜったい損のない靴であることは間違いないと思います。

詳細はこちら↓↓
★クラークスナタリーの靴 楽天ウィンドウショッピング★

クラークスのナタリー靴の修理

クラークスのナタリーの靴の修理は、修理する部分が革でなければ、比較的安価で修理できるようです。
ラバーソールだけであれば靴の修理屋で安く直せます。

ただ革の部分になると靴の修理は簡単には行かないようです。
そのために、クラークスのナタリーの靴の修理には、事前にお見積もりをしてもらうようにしましょう。
クラークスのナタリーは、修理して長く履いていく人が多いそうです。クラークスの靴の人気の秘密がここにもあるのですね。

ちなみに、クラークスのナタリーは、クラークスの名作「ワラビー」を基にデザインされたものです。
日本でも、発売されたのが1982年からですが、いまだに不動の人気モデルです。
もう定番中の定番であるのが常識みたいになっているかもしれませんね。

クラークスのひと味違ったファッションや、ベーシックなファッションにも対応できる点が人気の秘密です。
クラークスのナタリーでサイズは、ちょっと大きめにつくってあることが注意する点です。

Clarksナタリーの爪先からカカトまで、ぐるりとつつんだクレープソールで、歩くほど、足にフィットしますし、組み合わせでOKなほど似合うんですが、これが定番と言われている訳でもあります。組み合わせフリーといったところでしょうか。

クラークスナタリーのレディースでは、クラークスナタリーのオークウッドスエードのレディースは人気が高いです。


クラークスの靴

クラークスの靴について

クラークスは、イギリスの靴ブランドです。
クラークスは1825年にクラーク兄弟(サイラスとジェームス)によって設立されました。
それから180年あまりの年月を経て、カジュアルシューズの代名詞とも言えるブランドとなり、
イギリスだけでなく世界中にその名前を広めることとなったものです。

クラークスの最初の靴とも言える商品は、毛が付いているシープスキンのスリッパだったそうです。
クラーク兄弟が作る靴は、奇抜でユニークなデザインばかりで、
人々から失笑されることもしばしばだっとそうですが、

しかし、人に笑われようとも、クラーク兄弟は靴への信念を曲げず、履き心地の良い靴を作り続けました。
クラークスの靴はそうした経過を経て、今では履き心地の良さが認められ、
成果中から長く愛される靴へと信頼させるようになったのです。

クラークス社のホームページをみればわかるように、靴をとても大切に考えていて、
『靴に対する思いやりを』というメッセージも書かれているのです。

クラークス社全体で、靴に対して尊敬の念を抱いているのが分かりますね。
クラークスの靴は、もちろん日本国内でも販売されていますよ。

クラークスの靴は、北は北海道から南は九州・福岡まで、11店舗存在します。
クラークスの靴をお近くのお店で是非一度、履き心地抜群でご自分の合った靴を
ご自分の足で確かめると良いでしょう。


詳細はこちら↓↓
★クラークスの靴 楽天ウィンドウショッピングを見てみる★