腸閉塞

December 14 [Mon], 2015, 18:09

 前日に神奈川県からお引越しされたばかりの1歳のチワワちゃんが、嘔吐と食欲不振のためにご来院されました。

 お引越しの少し前から軽い吐き気の症状があったそうですが、症状が悪化してしまったとのことでした。
 長距離移動の疲れが原因かと思いつつ診察を始めさせて頂きましたが、お腹の触診をすると何か硬くて丸い物が触知されたため、腸閉塞の可能性を考慮し各種検査を実施しました。
 
 単純レントゲン検査では明らかな異物は写りませんでしたが、超音波検査、血液検査、消化管造影検査の結果から腸閉塞と仮診断し上部消化管内視鏡検査と開腹手術を行いました。(異物誤食が原因である場合、誤食した異物が1個とは限らないため、念のために内視鏡検査を行わせて頂きました)

 内視鏡検査では、食道内、胃内には異物やその他の病変を認めませんでしたが、十二指腸の粘膜は線状に引きずられたような痕跡が残っていました。

        
              内視鏡検査(十二指腸)

 内視鏡検査の後、開腹手術にて腸閉塞を確認したため、腸を切開して異物を摘出しました。

        

        

 腸閉塞の原因になっていたのは「殻付きの銀杏」でした。
 
 手術翌日は絶食としましたが、術後2日目にはあっという間に完食するほどの食欲を見せてくれました。
経過も良好だったため、無事に退院することが出来ました。

 ご家族のお話から、「銀杏並木のお散歩コースで気が付かないうちに食べてしまったと思う」とのことでした。
 色々な物に興味を示す好奇心旺盛なワンちゃんはお散歩も注意が必要ですね。



『倉敷いぬとねこの病院』
086-486-1843
倉敷市水江1198-6-102






 

 

 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:倉敷いぬとねこの病院(症例)
読者になる
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kurainuneko/index1_0.rdf