局部をフライパンで調理、他人に提供 保険 選び方

September 18 [Tue], 2012, 13:11
東京都杉並区のライブハウスで今年5月に開催された「人体の一部を食べる」と称するイベントをめぐり、警視庁保安課と杉並署が18日、自分の局部を他人に提供したなどとして、わいせつ物公然陳列の疑いで、相模原市に住むイラストレーターの男(23)と東京都渋谷区に住むダンサーの女(29)ら男女4人を東京地検に書類送検した。

 同課によると、全員容疑を認め、男は「男性であることに違和感を持っており、局部を切断したが、手術代が高かったので、イベントで稼ぎたかった」などと供述しているという。医療 生命保険


 送検容疑は、5月13日夜、杉並区のライブハウスでイベントを開き、約70人の客を前に事前に切断していた男の局部をスクリーンに映し出しながらフライパンで調理したほか、客5人に食べさせたとしている。

 イベントは有料で、追加料金2万円を払った客に食べさせていた。男が3月に局部を切断後、インターネットの短文投稿サイトで購入希望者を募ったところ、閲覧したダンサーの女らが男にイベントの開催を持ち掛け、企画したという。同区が6月、同署に男を告発していた。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurabetehoken
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kurabetehoken/index1_0.rdf