スカルプケア

May 21 [Tue], 2013, 16:45
スカルプケアの主要な目指すところは髪の毛を健康に維持することです。髪の毛に水分がなくパサパサして艶がなくなったり抜け毛が多くなりはじめるなど、多くの人が髪のトラブルを抱えています。
思春期は終わっているのに発症する、治りにくい“大人ニキビ”の社会人が多くなっているようだ。10年以上こうした大人のニキビに苦痛を感じている患者さんが皮膚科に救いを求める。
そうした時に多くの皮膚科医が処方するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使用すれば約半年でほぼ完治に持ってこれた場合が多いようだ。
乾燥による掻痒感の誘因のほとんどは、歳を取ることによる角質の細胞間脂質と皮脂の量の減少や、石けんなどの頻繁な使用による皮膚のバリヤー機能の破損によって現れます。
日本皮膚科学会の判定の目安は、@強い掻痒感、A特殊な発疹とその広がり方、B反復する慢性的な経過、3つとも該当するものをアトピー(atopic dermatitis)と診断する。
美肌に欠かせないコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線に直接当たってしまったり様々な刺激を何度も受けたり、精神的なストレスが徐々に溜まったりすることで、損傷を受け、遂には生成することが難しくなっていくのです。
深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に放送されるスポーツ中継・翌日の子どものお弁当作りやご飯の支度…。肌が荒れるというのは知っていても、日々の生活では満足できるような睡眠を取れない人が大半を占めるようです。
皮ふが乾燥する要因の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の量の衰退は、アトピーなど遺伝的な要素によるもの
と、引越しの毎日
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kupsahuf
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kupsahuf/index1_0.rdf