【 更新情報 】

スポンサード リンク

公文式の学習ドリル

公文式に通うのも、なかなかお子様の気が進まないと難しいものです。しかし、公文式の学習スタイルも捨てがたいものがあるでしょう。そんなお子様たちの為にオススメなものが、公文式の学習ドリルです。
学習ドリルこそ、公文式の原点とも言えるのではないでしょうか?一日何枚として、やった成果を感じさせるというのが、ドリルの特徴とも言えるでしょう。公文式のドリルは、公文式のノウハウをそのままドリル化したものです。お子様のスタイルに合わせて様々な勉強が出来るのではないでしょうか?
幼児期から学ぶ事が出来るのが公文式のドリルの特徴です。低学年の子供たちの基礎的な能力を養うためにも、ドリルをお子様の教育に取り入れてみるのも面白いかもしれませんね。
公文式のドリルは学年ごとに分けられているのですが、何もその学年のドリルをやる必要はありません。どんどん先に進んでも良いでしょうし、お子様のお勉強を補強するためにも、前の学年のドリルをやっても良いのではないでしょうか?

公文式の学習スタイルは無限大

公文式は中学生になっても通うことが出来ます。公文式のテキストはもちろん中学のものもあるわけですが、学習に不安にある人は、小学生のテキストをする事ももちろん可能なのが公文式の嬉しい所ですね。
中学の学習にどうしても付いて行く事ができないという人は、小学生のテキストにまで戻って学習していく事も大切と言えるでしょう。公文式ではそんな中学生のニーズにも応えてくれます。
逆に、更に高度な勉強をしたいという人もいるかもしれません。そんな人達は、公文式の中でもさらにハイレベルなテキストに挑戦して受験に備えてみたり、また中学生からはフランス語やドイツ語といったテキストまで学習することができます。そういったものに挑戦していく精神も大切なのではないでしょうか?
公文式の学習スタイルは中学生であっても無限大です。自分の学習スタイルに合わせて、公文式をどんどん利用していくと良いのではないでしょうか?それに見合った成果が得られるはずです。

公文式のジグソーパズル

公文式のパズルは、公文式の出版社から発売されているジグソーパズルです。これらのパズルは、まずは2ピースといった所から、本当に小さいお子様からでも楽しめるパズルになっている事が特徴ですね。ジグソーパズルなんで、1歳からは無理というものではなく、公文式のパズルは、1歳の子供であっても楽しんでパズルに取り組む能力を授けてくれます。
公文式のパズルの良い所は、子供たちに何かに集中し、作業し、完成させると言う知識を与えることができる点にあると言えるでしょう。公文式のパズルは、お子様の集中力や作業力を高めるお手伝いをしてくれると言います。こういった能力を伸ばしていければ、お子様の成長にも期待できるのではないでしょうか?
公文式のパズルで試行錯誤を繰り返し、頑張って絵を完成させようとするお子様の集中力や学習能力はどんどん伸びていくはずです。こういった教材で無理なく子供の能力が伸びていくと良いですよね。公文式ならではのパズルです。

公文式は大人の学習にも通用する

くもんという名称で親しまれる公文式は、あらゆる学習法に疑問符を打ち、そして改革をしていくでしょう。くもんでは、学習指導領域をも超えた学習をしています。もちろん、そのような勢いに付いてこれず、前年度の学習で躓いている子供たちでも公文式は対応してくれます。
公文式は、学習習熟度別にプリントで学習していくと言う、くもんならではながらもシンプルな学習法で、勉強と言うものに改革をもたらしました。
公文式のくもん学習法は、子供のみならず、大人の学習にも通用すると言って良いのではないでしょうか?英語も、公文式のようなくもん学習法があれば、大人であっても立派に学習が続けられるのかもしれません。
自分の好きなところから学習を始められると言う公文式のくもん学習法は、実は小学生の学習のみに留まらず、英語やフランス語、ドイツ語といった学習にまで対応しています。
大人の学習でも公文式のくもん学習法を見直すべきなのかもしれませんね。

公文式は生徒の自主性を尊重する

公文式は、他の学習塾に比べればかなり特異な場所と言えるでしょうが、それは先生に対しても同じことが言えます。
公文式の先生は、学校の先生のように壇上に立って生徒に教えると言う事をしません。公文式の先生は、先生と言うよりもむしろサポート役を担っています。公文式と言う場所はとにかく、生徒の自主性を尊重するので、あくまで公文式の先生はサポートをするだけです。
公文式では生徒達が自分の力で問題を解いていきます。公文式の先生は、もし生徒が分からないところがあったら、そこを教えてあげるという役割だけであり、先生が全て教えてしまうと言う事は無いのです。
そういったところも、公文式と言う場所が生徒の自主性を尊重しているのだと伺える点の一つなのではないでしょうか?
公文式で行われている先生と言う立場のシステムは、家庭や学校でも尊重されるべき存在であると言えるでしょう。先生が全てを教えてしまっては、確かに生徒の自主性は伸びない物です。

公文式のプリント教材

公文式の教材は、基本的にはプリントになっています。この公文式の教材であるプリント自体は学校や他の塾で出されているプリントと同じ物なのですが、大きな違いは、公文式のプリントはバラになっているという点でしょう。
公文式のバラになっているプリントは、単元ごとに束になっており、学ぶ子供たちは自分の学習に合った部分の、公文式のプリントから選んで学んで行く事になります。公文式のプリントのどの単元からでも始めることができますので、子供たちは自分のペースに合った学習をする事が出来ます。
公文式のプリントはまた、自宅で学習をする時にも、何枚までと決めることが出来ますし、自分がどれほど学んできたかを直感的に枚数で知る事もできると言う利点もあります。こういった公文式のプリントでの学習システムも、世界的に公文式と言う物が認められている理由のひとつといえますね。
学習指導要領を超えた存在が、公文式のプリントなのかもしれません。

公文式の教材に注目

公文式の教材は、他の学習塾との教材とは一線を画すものとなっています。公文式の教材にはまず学年ごとの区別と言うものがありません。普通の学習塾ならば、何年生はどこからどこまでと教材が決まっており、学習指導領域に大きく左右されてしまうのですが、公文式の教材はそんな事はなく、お子様の学習スタイルに合わせて、自分の好きな教材を選んで勉強する事ができます。
公文式が世界的にも認められている理由は、そういった学習スタイルにあるのですね。また、自分の好きな教材から入って行けるというスタイルは、公文式自体にも入って行き易いスタイルでもあります。
自分から学んでいくという公文式の教材の魅力は、学年や学習指導領域に左右されないという点から来ているのではないでしょうか?
お子様の学習能力を伸ばしたいのならば、そういった公文式の教材のように、根本的なスタイルを見直す必要があるのですね。
学習が問われる今、公文式の教材にも注目が集まるべきでしょう。

公文式で英語を学ぶ

公文式の学習方法で英語を学んでいくというのも、お子様の為には良いのではないでしょうか?公文式では自主性が伸びるための学習が行われています。自分自身で問題を解いていくと言う、お子様に強制をせず、ペースに任せて学習させると言う公文式ならではの勉強法ですね。
そのような公文式の英語の学習で幼い時から英語を勉強して行けば、お子様の英語の習得はどれほど伸びるでしょうか?
公文式の学習法は、お子様が自ら英語を学んでいくと言うスタイルを取ります。それは、大人が、無理矢理に英語を覚えていくのではなく、まだ脳の若い時期から、積極的に語学を取り込んでいくというスタイルです。
公文式のこうした英語学習スタイルは世界的にも認められていて、非常に評価の高いものとなっています。お子様に英語を学んでいって欲しいと考えるのでしたら、公文式の英語で学習していってはいかがなものでしょうか?
中学に入った時には、他のお子様よりも英語の学習習得能力は上であるかもしれませんね。

公文式は海外展開をしている

公文式は、公文国際学園と言って、海外展開をしています。公文式の学習法は世界でも認められているという事ですね。公文国際学園での勉強法は放課後に行われるもので、週に決まった日だけ公文式に行くと言うのは万国共通のようです。そんな公文国際学園には立派な海外版テキストもあって、日本から始まった公文式の学習法は、世界展開になってきています。
公文国際学園の素晴らしい所は、今まで公文式に取り組んだことの無い生徒でも、十分に付いていける内容でかつ、自主性も備わると言う事でしょう。
公文国際学園のテキストには、学年で定められたものはなく、自分の学力に合った公文式のテキストから始めることができるという、入って行き易いシステムがあります。公文国際学園が世界的にも認められている、良い所の一つでしょう。公文国際学園では宿題として、1日に数十分の家庭学習を公文式のテキストでやるという学習方法もあり、これもまた、公文式によって自主性が高められる理由の一つですね。

公文式の教室とは

公文式の教室は、数ある学習塾の中でも少し特異的な存在です。公文式の教室は従来の学習塾とは違い、特異的な学習方法があるからでしょう。
公文式の教室の特徴は、一斉授業というものが無い点です。公文式の教室には時間割もありませんので、教室が開いている時間なら、いつでも公文式の教室で学ぶ事が出来るのですね。
また公文式の教室には、学年ごとに分けられた教材というものがなく、学力によって合わせられたテキストがあります。その問題なりをどんどん解いて行く事によって、学習していくのが公文式の教室の大きな特徴と言えるでしょう。
公文式の教室は、自分で学ぶという事に対して重点が置かれています。もちろん教わる事のあるのですけれども、公文式の教室は基本的に自分から勉強していくというスタイルを取るので、お子様の自主性が伸びていくのではないでしょうか?
受身的に学習をするのではなく、自分から学んでいくという学び方を大切にしていきたいですね。
P R