そして、その後 

July 22 [Tue], 2008, 21:59
ヨメ、妻、人妻、奥様、既婚者(←シツコイ)
になってから、約四ヶ月がたちました。

しかし、オレってば、ケッコンをしてみても、
やっぱり、変わらない。変われない。変わろうとしてない?
ダメ妻です。

料理は全て、良人(オット)である、ヒゲの人が作ってくれてます。
一緒に住んで、初めの二日くらいはがんばろうと思ったんですけども、
そして、「あたし、毎日、アンタと自分の分の弁当作るよ!」
と、婚前は豪語していたんですけども、早くも挫折。

今では、夜、会社から帰ってきて、
「はァ、疲れた〜」と、ベランダでホタル族としてタバコを一服している間に、
ステキなお料理がテーブルにセッティングされているという始末。

そして、朝は、じいさん並に早起きしているヒゲの人に、
「ちょっと、起きなさいよ!」と10分刻みに起こされ、
アタイが右目、左目を交互に見開きながら必死に覚醒しようともがいている間に
色とりどりの素晴らしいお弁当が出来上がっているという始末。

うちの母からは、
「アンタ、いつか離婚されるんじゃないかとホントに心配よ〜」
と、電話が来る度言われます。

いやいや、そんなこと、あるわけあるまい。
多分、大丈夫。

と、自らに言い聞かせながら、
ヒゲの人に大感謝をしている日々です。

それにしても、ヒゲの人は、大変な料理上手なため、
もっともっと腕を磨いてもらって、
将来は沖縄あたりで、ゆるいカフェでも開いてもらって「移住」
とかいいな〜なんて、甘い夢を抱いています。

でも、よく考えてみると、今のオレでは、
そこで活躍する場面がないかもしれない。

ウソじゃないよね? 

April 01 [Tue], 2008, 1:31
本日4/1、エイプリールフール
ウソつく日に、めでたくヨメに行くことになりました。

多分ウソじゃないハズ!

字画が変わるから、
運勢も変わるのかと必死で姓名判断をしていた、
近頃の日々。

新しい名前での数々の占いをまとめてみると、
結構険しい人生になるそうですが、
心ゆき次第で、なんとかなるっぽいです。

ま、今までもなんとかなってきたので、
ザッツ・オーケー。

オレは幸せになるぞーーーーーい!

当面の目標は
「色っぽい奥さんになる」


新しい人生の幕開けでーす

逃避行 

November 03 [Sat], 2007, 0:56

・・・ということで!

アタイは明日から沖縄ジャーニー!

うみ!そら!島らっきょう!ソーキそば!さけ!自由!
後なんだ?

今週はねえ、ホントにびっくりするくらいよく働いた。
朝起きて、会社いって、夜中帰って、しばし寝て、
朝起きて・・・・・
人間沙汰じゃないぜ。

・・・ということで!

動物的本能的時間を取り戻すべく、
愛の逃避行へ行ってまいりまーす!

何言ってのかわかんなくなってきた。

さ、旅支度しよーっと。

ひさびさにステキな写真をUPできる予定。

乞うご期待!

ちかん?モノ盗り? 

September 29 [Sat], 2007, 23:02
今朝のことである。

朝までカラオケの帰りみち、相鉄線の車内にて。

ミソジ過ぎてのオールナイト活動で、身体の芯から疲れ切ったあたしは、
端っこの座席を陣取って、横のポールに寄りかかりながら爆睡していた。

「・・・・・。・・・・・・・・???」
なにか、頬をなでられる感触がする。

(ん?だーりんか?いやいや、朝帰りの電車の中だもんね。)

気のせいかと思って、そのまま意識はフェードアウト。

「・・・・・・・?」
再び、頬がさわさわ触れられている感覚。
間違いなし!

あたしは、ガバっ!と起きた。
横にはポールにピッタリ張り付いて立っている、若めな男が。
(白いトレーナー着・セカンドバックを小脇に挟む。)

男は、あたしが突然目を覚ましたことに相当びっくりしたようで、
若干パニック気味で、オロオロとあたしの横の席へ腰掛けた。

あたしは上体を起き上がらせたまま、半分眠っている頭で
ぼんやりと考えた。

(うーん、これって絶対痴漢だよなー、コイツ焦って急にアタイの
横に座ったけど、オメエがアタイの顔なでなでしてたのは
分かってるんだぞっ!!)

始発の車内は、まばらに人が座っていて、全員ぐっすり眠っている。
知り合いでもないあたしとその男が、横に並んで座っているのも
ものすごく不自然。

男が相当気まずく感じているのが、ありありと伝わってくる。

しかし、あたしは突如ハッっとした。

(これは本当に「痴漢」なのだろうか??)

考えても見れば、あたしは痴漢に遭わない女。

よく友達が「この間、またチカンされてさ〜」なんて怒りを露わに、
そしてちょっと自慢げに(・・・とあたしは感じてしまう。)語っている
のを聞いたりして、
「へー。世の中の女はそんなによくチカンに遭うものなんだー」
と関心していた。
あたしの痴漢遭遇歴は、多分32年のこの人生で、3回くらいだと思う。
しかも全部、いたいけな10代〜20代前半の時代。

以前知り合いの男性に
「オマエはデカくて気が強そうだから、痴漢しようと思われないだろうな。」
と言われたことがある。
(これってホメ言葉なんですかね?)

そんなあたしなのだから、今のこの状況も、もしかしたら痴漢ではなくて、
もの盗り目的なんじゃないか?と思うに到ったのである。
顔さわってぐっすり度を確認していたのかもしれない。

あたしは、おもむろにカバンの中をチェックし始めた。

そわそわしている隣の男は、立ち上がり背中を向かせ、違う車両へと歩き出した。
いたたまれなくなったのだろう。

あたしのピンクのかわゆい財布は・・・・キチンとカバンの中に収まっていた。
よかった、よかった。

男は、車内をどんどん足早に歩いていき、いつか見えなくなった。

アイツは痴漢だったのか?モノ盗り未遂犯だったのか?
どっちにしろ、後ろ暗い事をしていたに違いない。

コラっ!

虹バラ 

September 26 [Wed], 2007, 2:18

9/25。今日(昨日?)は、おかあちゃんの誕生日だったので、
お花をプレゼントしました。

こういうもんです。



レインボー・ローズ(虹バラ)というそうです。

もうちっと近づいて見てみましょう。



ほら、ほんとに花びらが虹色なんですよ!
造花じゃないですよ、本物のバラなんですから!
オランダから輸入されているみたいです。
人間てスゴイもの作っちゃいますね〜

以前、銀座のお花屋さんの前を通りかかったとき、
店先にこのバラがたくさん飾ってありました。
あたしは「ぎょっ!」としました。
なんとなくグロテスクじゃないですか。
よくよく近づいてみると、本物の生きているバラ。
感動しました。芸術です。

「いつか、誰かに、このバラを100本の花束でプレゼントされたい」

なんて、夢みていたけど、とりあえず今のところ誰からも頂けていないので、
まずは自ら、おかあちゃんにプレゼントすることにしました。

けっこう喜んでましたよ〜

ちなみに、このバラをケンカした相手にプレゼントすると、
そのふたりは仲直りできる・・・というジンクスがあるそうです。
「虹のかけ橋?」

お陰様で、あたしはケンカしていたおかあちゃんと
仲直りすることができました。

こんな面白いバラ貰っちゃったら、ケンカのことなど
忘れちゃうのかもしれません。

ぐふふふふふふ 

June 23 [Sat], 2007, 23:41
すーみれーのはーなー♪さーくーころー♪

行って参りました、ザ・宝塚!
自画自賛の大変身!(バカですいません。)


余談はいりませぬ。
さあ、いざ、ご覧あれ。
架空のスター、ヒライクミコの晴の姿を〜〜っ!

ハイ、まずは娘役!



バストアップも行っちゃうかー??


当初予定していた、「スカーレット」と「アントワネット」。
ですが、思いの他、地味な衣装だったので、
数ある衣装の中でも、いちばんド派手な、
豪華羽つきドレスを選んでみました。



お次は、本日のメインゲスト、
「オスカルさま〜っっ!」

かなりその気です。


バストアップ!



調子に乗ってドアップも!!

素顔の影もない程の分厚い化粧。
平べったい顔もこんなに濃くなるんです。


結局、男女二役やってしまったアタイでした〜
(バカでホントすいません。)


あー楽しかった!!


ザ☆宝塚 

May 30 [Wed], 2007, 22:11
クレアの「結婚特集」を買ったら、(←気になるお年頃だったりする。)
”君島十和子レポート 宝塚特集!(仮)”という別冊付録がついていて、
思わず、そちらの方に見入ってしまった。

何せ、あたいってば、知る人ぞ知る元タカラジェンヌ志望者。
むかし、宝塚音楽学校を受けて、一次試験で見事に落選した
経歴の持ち主。
この年になってやっとカミングアウトできるようになりました・・

君島十和子女史は、何でも大層ヅカファンらしくて、
(ケッ!どうせセレブの暇つぶしだろー)
その特集では、十和子が舞台の魅力を紹介したり、スターと対談したり
しているわけ。

そんな十和子に「ケッ!ケッ!」といちゃもんをつけつつページを
めくっていったアタイは、あるページに目が釘付けに!

そこには・・・『本場』宝塚大劇場の『本場』舞台メークサロンで、
『本場の』ヅカメーク&『本場の』衣装で写真を撮ってくれるサービス
が紹介されていたのです!

「コレは!!あたしのためにあるようなものじゃないですかい??
・・・・そういえばちょうど来月大阪旅行だし、
行くしかないでしょっっ!!

ということで、早急に予約完了〜

今、ものすごく、ものすごく楽しみにしてるんです!
ゼーハー ゼーハー

男役と女役でメークの仕方が違うらしいので、
どちらにしようかしばし悩みましたが、
やっぱり、アタイも女の子、
きらびやかなフリフリ衣装を着たいので、女役に挑みます!

衣装も何着か着れるらしいのですが、
とりあえず王道「マリー・アントワネット」と
憧れの女性「スカーレット・オハラ」を着用しようかと鼻息荒くしています。

いやー、まさか三十過ぎて、このようなささやかなカタチで夢が叶うとは
思わなかったけど、生きていれば巡り巡ってこんなチャンスもやって
来たりするのねー。

もし、イケていたら、このブログに写真をUPしてしまうかもしれませんが・・・
↓のサイトを見るかぎり、ものすごい恐ろしげな顔になりそうなので、
かなり不安でもあります・・・どきどき。

http://kageki.hankyu.co.jp/salon/make4.html



こんにちわ〜さようなら〜 

April 18 [Wed], 2007, 22:29
ある人たちとはいつの間にか疎遠になったり、
ある人たちとは「さようなら!」って言って(言われたりして)
きっぱりとお別れしたり、
ある人たちとは、途切れることなく縁が続いていたり、

そんな風にして、31年と5ヶ月間過ごしてまいりました。

ここ最近、滅多に会えない友達と久しぶりに会ったり、
名前は忘れてしまったが、遠い昔に同じ職場だったよなこの人、と
いう人と街ですれ違ったり(しかも二人も!)、
1年に1度、年賀状のやり取りだけの元上司から、
「ウチの会社にこない?」なんてメールが来たり、

そんなことが続いていました。

特筆すべきは、もう二度と会うこともないんだろーなー
と思っていた元彼氏から、ふと連絡が来て、再会を果たしたこと。

そう、今はむかしのことだった・・・。(懐古調)
ネパールの旅中、同じ旅行者の英国人男子と知り合って、
恋愛して、帰りの航空券捨てて、しばらく一緒に旅をしていたことが
ありました。

あたしは、この人に相当熱を上げていて、
英国まで行ったりもしたんですけど、
結局最後は、振られちゃったんですね・・・。

まあ、仕方ない。
でもその恋模様も、終わり方も、あまりにもインパクトが
強かったんで、行き場のない気持を「無理やりねじ込み!」で
心の奥底に封印することにしたのでした。当時。

・・・で、その人が旅行で来日。
この間、5年ぶりに再会したのです。

ハラジュクに行って、酒を酌み交わしました。
で、他愛のない話をしたり、お互いの人生について語り合ったり、
「前より生き生きしてて幸せそうだねえ。」
なーんて言われて、(そりゃそーだろ。)と内心ほくそ笑んだり、
そんなフツウな飲みのひと時を過ごしていて、

そうこうするうちに、なんか、
(いやーやっぱり、この人と出会えてよかったわー)
って、すっごい自然に思えてきたのでした。

かつての、恋心とは全く別としての、感情です。
妙な友情心とでもいいましょうか。
封印していたものが成仏していくような感覚。

不思議なもんだ。

「じゃあ、またねー!」って笑って手を振って別れました。

またいつか、再会するのかもしれないし、
もう会うことがないのかもしれないけど、
それは、どっちでもいい、なんともイイ感じの
さわやかなバイバイでした。

人との出会いって自分では選べなくて、
そのすごい確率で出会っても、特別触れ合わずに
通りすぎてしまう人も多数いて、
だから今、側にいる、家族や恋人や友人たちとのご縁って
ほんとにまさにミラクルなのよね!!
全てが、これぞ貴重な”運命の出会い"。
なんて改めて、周囲を新鮮な心で眺めています。はい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、
ここで終わりたかったんですけども・・・
しかし、その感動、なかなか日々感じ
ながら生きていくのは難しいみたい、わたし。

現に今、ちょうど1時間前、母ちゃんに、
「アンタは親に何の感謝もしていない!」
と言い放たれたきり、無視され続けているのよ。

学べないのかしら、わたしって。

すごいもの発見! 

April 06 [Fri], 2007, 3:00
いやー、さいきん平和なもんで、
すっかり占いをする機会がなかったんですけど、
今日たまたま、すんごいサイトを発見したのですよ。

KOU式カバラ占い
http://www.qabalah.jp/

仕事中にココを発見して、結果に驚き、
「コレやってみてみて!」
と同僚の女の子に教えたら、
「当たってるーこわいー」
とその子は、目をまんまるにして、こっそり叫んでいました。

カバラは昔から非常に興味があって、
是非一度、じっくりと勉強したいです。



ジブン好き?? 

March 04 [Sun], 2007, 18:35

退屈してたので、こんな写真を撮ってみました。


昨日は、電車の中でこんな写真を撮ってみました。


そしたら隣にいたダーリンに、
「また自分撮ってるの?アンタほんと自分好きだよね。」
と、少々呆れ顔で言われました。

確かに。

ケータイの中は、自分の写真でいっぱい。
気持ちの悪いヤツだ。

でもね、自分を愛せなければ、人を愛せません!!

でしょ?
だからやっぱり、ビバ、俺!!


昨日は、鎌倉の近代美術館へ、畠山直哉の写真展&トークショーを
観に行って来ました。

写真もcoool!
ご本人もカッコイイ人!
語尾を優しく上げる話し方がベリーナイスなナイスガイでした。

しかし途中で、美人の付き人を連れた、偉大なる写真家
中平卓馬大先生がふらりと会場へ。
アタイの心は、一気に卓馬氏に奪われてしまいました。

すんごいちっちゃいの。(可愛い!)
shot hopeと書かれた赤いキャップを被って、
F1を肩から提げてた。
オーラ放ってたね。


実はその昔のアタイの初個展、卓馬大先生に訪れて頂いたんです!
(すっげえ自慢。でも、あくまでも偶然です。)

アタイは不運にも居合わせなかったのですが、
芳名帳に赤いボールペン字のコメントを頂きました。
コレは一生の宝物です。

話しかけたかったけど、テレ屋のオレは、
物陰から、そっと観察することしかできませんでした。
しかし、あの美人の付き人が気になるぜーーーぃ。

気を取り直して、

きょーうは楽しいひなまつりー。
1日おくれで半額でした。
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像こけし
» そして、その後 (2008年10月19日)
アイコン画像真那斗
» そして、その後 (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» そして、その後 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» そして、その後 (2008年10月09日)
アイコン画像めーたん
» そして、その後 (2008年10月08日)
アイコン画像ぷるん
» そして、その後 (2008年10月06日)
アイコン画像チャーリー
» そして、その後 (2008年10月03日)
アイコン画像りぃこ
» そして、その後 (2008年10月02日)
アイコン画像はにまる
» そして、その後 (2008年10月02日)
アイコン画像新妻Y
» そして、その後 (2008年09月30日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kumiko Hirai
  • アイコン画像 誕生日:1975年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・占い
    ・写真
    ・お酒
読者になる