近江エリアのごはん 

June 19 [Tue], 2012, 1:48
今回の旅行で食べたごはん。


@「焼肉ダイニング千乃房」(四番町スクエア)
ここまで来たらやっぱり近江牛。
焼肉として、上バラや上ロース・カルビを堪能。
国産はあぶらがのっていて、やわらかくて美味しい。
3種類のタレがでたが、
塩で食べるのがベスト。


@「もんぜんや」(夢京橋キャッスルロード)
昼食には十割そばと一緒に、
湖魚である、小鮎の天ぷらも。
琵琶湖まで来たので。


@近江ちゃんぽん総本家
B級グルメの近江ちゃんぽん。
長崎ちゃんぽんと違い、かなりラーメンに近い。


今回は行けなかったが、琵琶湖の中の島や、
比叡山など、滋賀県はまだまだ見どころがたくさん。
また行きたいと思った。

滋賀 

June 19 [Tue], 2012, 0:52
その後京都を後にし、
商人屋敷が並ぶ、近江八幡へ。

旧伴家住宅・旧西川家住宅・
郷土資料館・歴史民俗資料館・
からなる「近江八幡私立資料館」で、
近江商人の暮らしぶりや、歴史、
古い街並みを散策。

安土桃山時代につくられたという、
琵琶湖と町を結ぶ水路、
「八幡堀」を散歩した。



翌日は、前日の雨もあがり観光日和。
旅のメイン国宝の「彦根城」へ。

彦根城は杖の貸し出しをしているくらい、
城内・外ともに急なところが多く、
日頃の運動不足のせいか、
時々息があがった。

また彦根城は外堀よりさらに外にも堀があり、
城だけでなく、国の名勝にも指定されている庭園、
「玄宮園」や「彦根城博物館」などある。
かなり広い敷地で、ゆっくりみると、
2時間ほどかかった。

ちなみに残念ながらこの日は、
ひこにゃんの登場する日ではなかった。


@彦根城


彦根城からの景色。奥に見えるのが琵琶湖


広大な池を中心に、橋や小島がある回遊式庭園。
近江八景を模して造られた庭だけあり、
その景色は圧巻。彦根城も見ることができる。
@玄宮園


向こう岸が見えないほどの広さ@琵琶湖
午後になると、再び雨が。


昼ごはんを食べ、
15時過ぎには、再び岐路へ。
5時間ほどの道のりを経て、山梨へ到着。

今回思ったことは、
京都や滋賀は、ずいぶん遠いイメージがあったけど、
基本高速道路なためか、想像以上に楽に着いた。
一泊二日、弾丸ではあるが、
まだまだ出かけられる所はたくさんあるな。
きっと。

京都 

June 18 [Mon], 2012, 14:08
一泊二日の弾丸旅行で京都〜滋賀へ行ってきた。

メインは彦根城だったけど、
なんか行けそうだったから、以前から行きたかった
「下鴨神社」へ。
以前姉に買ってきてもらったお札とお守りを、
自らの手でお返しし、新たにお札とお守りを購入。
恋愛祈願をしてきた(笑)

緑の木々に囲まれたたたずの森は、
散歩にぴったり。清々しい気持ちになる。
下鴨神社は朱塗の社殿でとても美しい。

あいにくの雨だったけど、
それはそれで、風情があったな。



下鴨神社の後は、「清水寺」へ。
下鴨神社とは違い、修学旅行生が本当にたくさんいた。
清水坂も散策しながら、京都終了。

久々に清水の舞台へ立ったけど、
考えたら京都へは、10年以上ぶりに。



残念ながら、京都観光はこの2ヶ所のみ。
次はもっとゆっくり行きたいな。

香港(3日目) 

June 08 [Fri], 2012, 23:06
(三日目)

この日も朝から活動。
朝食は飲茶をということで、
2度目のスター・フェリーで香港駅構内の「添好運」へ。
オーダーシート式で、正直何が書いてあるかわからなかった(笑)
時間が少しあり、せっかくだからと言うことで、
「陸羽茶室」へ飲茶はしご。
2件目はワゴン式で、店員がテーブルまで持ってきて、
そこでいるかいらないか判断するタイプ。
香港の飲茶もいろいろだなー。


その後は私の希望でお財布を買いに。
日本よりは少し安いのかな。


残りの時間は九龍に戻り、
ペニンシュラブティックで、お土産を購入。
ホテルへ戻り荷造り。
14:30発で日本へ帰国。

空港でも最終ランチで飲茶を堪能。
最後まで、美味しく食べつくした旅行だった。

楽しかったな、香港。
まだまだ見どころがたくさん。
また行きたい。
3日間(前日から考えると4日)
姉夫婦&姪っこには本当にお世話になりました(__)


スズメの巣のせタルト@糖朝


ほかに「泰昌餅家」姉おすすめのスイーツ。エッグタルト。
玉子味が濃厚、温かくて美味しかった


昔ながらのイメージな香港

香港(2日目) 

June 08 [Fri], 2012, 22:01
(二日目)
姪っこの熱も、奇跡的にさがり、
朝食は「糖朝」でおかゆ。
ちょうどいい塩かげん。
これまた本当に美味しかった。


そして今回の私的には、最大の目的(笑)
パワースポットへ。
香港は風水思想を大切にしているらしく、
パワースポットがたくさん。
どこに行こうか悩んだけど、まず一番人気の、
「黄大仙廟」
日本で言うおみくじ的なものを行い、内容もしっかりきいてきた。

結果はまずまず。秋ぐらいから運気が良くなるらしい。
おまもりも購入して、しっかりお祈りしてきた。
楽しみだ。


その後、運気を回す風車がある「車公廟」へ。
願い事を心の中で唱えながら、風車を回すと、
運気が好転すると言われているらしい。

この両端に、金色の風車がある

小さい風車はおみやげでも買える。私も購入。

午後からは香港ディズニーランドへ。
東京を想像してたら、意外とこじんまりしててびっくり。
アトラクションも少なく、パレードもさっくり見れる感じ。
日本と同じアトラクションも、香港仕様になっていた。
香港にしかないものもあり、これはこれで比較すると面白いかも。
姪っこは、ぷーさんの風船を買ってもらい、喜んでいた。
ディズニーは大人も子供も大好きだね。


帰りは一度香港島の方へまわり、
スターフェリーにて、ホテル横まで。
程よい揺れ心地で、楽しかった。


夕食は姉チョイスの「福臨門魚翅海鮮酒家」
高級広東料理店へ。
コーンスープ、チャーハン、あと
何の魚だったか忘れてしまったが(笑)
いろいろ食べて、美味しかった。
食わず嫌いってわかっているけど、
やっぱりピータンは苦手かも(笑)

帰りはホテル近くで、さっくり買い物をして終了。
中日しか、がっつり遊べないから、かなりハードに動いた一日だった。

香港(1日目) 

June 08 [Fri], 2012, 18:04
2週間ほど前になるが、姉夫婦達と2泊3日で香港へ行ってきた。
会社も4・5日休めると、もう少し余裕がでてくるのだけど。
あっという間の3日間。

(1日目)
東京羽田を8:55に出発し、お昼頃に香港に到着。
姉が予約してくれた、ハーバービューが素敵な「マルコポーロ」へチェックイン。
スター・フェリー乗り場すぐ横、
大型ショッピングセンターのハーバー・シティとつながっている、
素晴らしいホテル。
コネクティングルームという、2つの部屋が中の扉で行ききできる、
これまた素敵な部屋だった。


部屋からみた景色。左奥が香港島。

一時は外の景色がみえないほど豪雨だったが、
ほどなく小雨に。対岸の香港島の景色を楽しみつつ、
香港スターや映画監督の手形やサイン、象像が並ぶ、
アベニュー・オブ・スターズへ。

人が入らないように撮っただけで、実際は観光客がたくさん。

その後ホテル近くの「許留山(ホウライサン)」にて、
南国フルーツでスイーツ休憩。

・・・していたところ、
風邪で体調不良だった姪っこ(2歳)が、
タピオカを食べた直後に嘔吐!!
姉旦那と足早に残りのスイーツを食べ、ホテルへ帰還。
熱もあって、本当にかわいそうだった。。


マンゴーアイスと白玉。味は美味しかった。

夕飯はハーバー・シティにておこぜ料理が有名なチェーン店へ。
おこぜ餃子やホタテ、とびっこチャーハンなど、どれも美味しく、
チェーン店と言えども、私的には大満足な夕飯。
姪っこも少し食べれていたので、安心した。

夕食後は、時間が間に合にあったので、
光と音のショー、
「シンフォニー・オブ・ライツ」へ。
ギネスにも認定されているらしく、見れて本当に良かった。

ヴィクトリア・ハーバーをはさみ、九龍側から見た香港島。
(20:00〜20:13)

その後は姉と姪っこはホテルへ。
買い出しに行きがてら、名物のワンタン麺を食べに、
「池記(チーゲイ)」へ。
麺は極細のちぢれ麺で、エビのエキスが随所にちりばめられた、
エビが苦手な人にはたまらない一品(笑)


そんなこんなで、香港を満喫した1日目。

ハーモニー@汐留 

January 17 [Tue], 2012, 17:54
かなり久々の更新になりました(笑)
今年も気ままに更新していきます。


先日汐留にランチに行ってきました。
場所は「ハーモニー」
汐留を一望できる24階。ブッフェスタイル(90分:2部制)
都会の0Lさん達にも人気らしく、客層も圧倒的に女性多し。

料理は小鉢が有名なのかな。
見た目もお洒落で美味しかった。
量はそんなにないけど、和洋ありかなり楽しめる。
デザートもアイスクリームやケーキなど、思いのほか充実していた。
雑誌でも有名なフォアグラ入りオムレツトリュフソースもしっかり堪能。
(これは注文してから作ってくれた。)


予約して行ったけど、平日ならしなくても入れる感じはしたな。
まあ、なんと言っても24階からの景色を見ながらのランチ、
大切な仲間との食事は最高にうますです(笑)
今年は自分らしく生きれる場所を選んで、
頑張っていきたいと思います。

 


「ハーモニー」@ロイヤルパーク汐留タワー
03−6253−1130
平日大人2625円(土日祭日3675円)

つぶやき 

July 15 [Fri], 2011, 23:41
気がついたら2ヶ月以上も放置してしまった。
さしあたってブログに残そうと思う出来事もなく、
淡々と日々が過ぎていった感じ(笑)
今日も特にないけど、
せっかくなので更新してみた。

最近は仕事も忙しく、
家に帰るのも遅いので、ゆっくりパソコンをみてる暇がない。
また、携帯等で簡単に近況報告できるツールも、たくさんあると言うのも本音。


とりあえず毎日暑い日が続いているけど、
特に夏バテもせず元気に過ごしている。

もう夏だし、
一回くらいはブログに残せるような所へ、
遊びに行けたらいいなぁ。

ゴールデンウィーク 

May 17 [Tue], 2011, 23:38
少し過ぎてしまったが、
このGWは姉夫婦と姪っ子ほーちゃんが帰省していた。
結局ほーちゃんの話題なのだけど、
この4月から、保育園に行き始めている。
そのせいか、帰省中ほとんど人見知りもせず、
本当によくなついてくれていたと思う。

私のことも「くみちゃん」であることを、しっかり認識しており、
「抱っこして」アピールか、足元に寄ってくる姿なんて、
それはそれはカワイイこと。

そんなカワイイほーちゃん達と、
今年は本栖湖近くで開催されている『芝桜まつり』へ行ってきた。
とくにどれくらい咲いているとか、調べずに行ったところ、
なんと二分咲きで。。
ほとんど咲いていなかった。
一昨年行った時は、それはもう辺り一面、
広大な芝桜のじゅうたんがひろがりすごいと思ったのに。
本当に残念だった。

なので。。
開催中の「富士山うまいものフェスタ」にて、
とにかくいろいろ食べた。
富士宮やきそば・吉田のうどん・ふじやまたいやき・富士桜ポークの肉まん・広島風お好み焼き・ラーメン・・・
まあ。家族で行ったので、いろいろ頼んだって事なんだけど(笑)
雨風しのげるテントもしっかりあって、落ち着いてご飯が食べられた。


その後、時間があったので西湖「いやしの里 根場」へ。
茅葺民家が立ち並び、籠を作っていたり、和紙や蚕を使った布小物など、
その家の中にみるものや、お土産などが売っていた。
一つ一つ丁寧に見てると、結構な時間がかかり、
想像以上に見ごたえがあった。

あいにく天気がぱっとせず、どちらでも富士山はほとんど見えなかった。
晴れた日にのんびり行くのに、ちょうど良いところだね。
ちなみに芝桜まつりは5・29(日)まで。

ほーちゃんと私@芝桜まつり
「西湖 いやしの里 根場」
左下:ほーちゃんと父
右下:古代米のみたらしだんご@根場
  

 

みんなが帰ってきて本当に賑やかで、
たのしいGWだったな。
ほーちゃん本当にかわゆし❤

反省。。 

May 17 [Tue], 2011, 22:39
GWもあっという間に終わり、五月も半ばまできた。
月日が過ぎるのは本当に早い。
正直ここ最近までずっと、飲んだくれの日々を過ごしていた。
朝まで飲むなんて当たり前てきな(笑)
ほんとよく飲んだなーって感じ。
結局、睡眠時間3時間の日々も続き。
おかげでお酒も、さらに強くなった。

しかし今度こそ、それも卒業しようと思う。
やっぱり今思うと、本当に楽しく飲めていたのかなって。
もちろん楽しいから飲んでるんだけど、
酒に飲まれることだってあるし。
いい思いもあれば、嫌な思いもある。
私にとっては毎日飲むことに、意味がない気がして。

自分が自分らしく生きれない場所は、
本当の居場所じゃないって思った。

人生を模索して、飲んでた部分は多々あり、
傍から見れば、かなり痛々しかったと思う。
どこか、やさぐれてたのかな。。
繰り返しになるけど、
やっぱり何事も自分のペースが大事だよね。


まあ、そうは言っても禁酒するつもりはないので(笑)
これからは適度に、
節度のあるお酒を飲みたいと思う。

ちなみに昨日は、女2人で飲んだけど。
すごい楽しかった(笑)
楽しいからお酒も美味しい。
いつも付き合ってくれる友人達には、
感謝してもしきれないぐらいで。
本当にありがたい存在だって思う。
やっぱり友達は大切にしないとね。

これからは、こんな楽しく美味しいお酒を、
自分のペースで飲んでいきたい。

ご心配をおかけした皆さまには、
本当にすみませんでした(__)
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/kumipage/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kumipage
読者になる
Yapme!一覧
読者になる