ちょっとだけバレーの事 

July 08 [Sun], 2007, 21:13
フランス戦、燃えましたぁ〜
あのフランスに3:1で勝ったんです
コッシー格好良かったぁゴッツもトミーも松本も・・・皆すごいすごい
やっぱり何かを夢中でやって、極めている人ってホントみんな素敵ですよね。(及川さんも
ただひとつ残念だったのは、ここ何戦かセッターと合わず、あまり調子が良くなかった直ちゃんがスタメン外されていて、結局全然試合に出なかったことです
でも直ちゃんたら、代わりに出ていた清水が決めると、コートサイドで自分の事のようにすっごく喜んでいて・・・・自分も出たいだろうに・・・と思ったら涙が出てきてしまいました
調子取り戻して早くコートに帰ってきてね
コッシー勝利インタビューされていたんだけど、自分のプレーに納得がいってなかったのか、あまり嬉しそうな感じではなかった気がします。充分活躍していたんだけどね。
もっといろいろ書こうかと思っていたんだけど、1週間たったら興奮もずいぶん冷めてしまいました。

昨日はなんとイタリアに又勝ったらしいですすごいすごい
この調子で、北京に行こう
 

続き・・・ 

July 06 [Fri], 2007, 21:24
昨日は色々あって更新できませんでした
男子バレーの事を書く前に、28日に行ったコンサートの主催「身近にいい音楽を聴く会」についてちょこっと・・・
この会は埼玉県の北本、鴻巣近辺の人たちが、「身近でいい音楽を聴こう!」と集まっている会です。
年会費1万円で、年3回のコンサートの券(3000円)が2枚づつきます。お友達と一緒に入ると、5000円で1年間に3回コンサートに行けるわけです結構おいしいでしょ
いらしているアーティストも、及川浩治さん、天満敦子さん、前橋汀子さん、花房晴美さんなどすばらしい面々ばかりです。私が及川さんに始めて出会ったのもこの会で、最初の「ショパンの旅」の時、何気なく見た駅のポスターのオールショパンプログラムにつられて行ったのが、及川さんLOVEの始まりでした。あの頃の及川さん、まだ若くて、細くて・・・かっこ良かったんですよ(その翌年ベートーヴェンでいらした以来ご無沙汰です・・・
もちろん今も大人の魅力で素敵ですぅぅ
話をもどして・・・どこもそうかもしれませんが、この会も財政難らしく、会員を募集しています。ちょっとでも興味のある方は是非、048-543-5380事務局までお問い合わせ下さい。
ちなみに今年は、9月14日(金)戸田弥生(Va)、11月6日(火)天羽明恵(Sp)の予定です。
先日のコンサートの時に代表の方に「来年は是非また及川浩治さんを・・・」と、よ〜くお願いしてきたので、来年こそは乞うご期待・・・・です
もちろんどっかの労音みたいに「会員意外は入れません!!!」なんてことはありませんので、興味のある方の時だけでも大丈夫ですチケットは3000円です。が、私に連絡いただければ、会員価格2000円でOKです
そうそう、古河労音と言えば、「6月末会報をお送りしますので、入会のご検討を・・・・」なんて言ってたくせに、まだなんの音沙汰もありません
もうあんな所絶対入らない!!!!及川さんかぶりつきは又の機会までがまんするぅ!!!

男子バレーの事はまた次回・・・

まとめて書きます 

July 04 [Wed], 2007, 21:27
ずうぅぅとさぼっていました

先ずは、6月27日(水)「ちょっとセレブにクラシックの夕べ」行ってきました。
及川さんすっごく素敵でしたよ。黒髪にもどっていました私個人的には黒髪の方が好きなんです。
いつものバリバリクラシックとはまた違って、トークも演奏もノリノリでした。オケともバッチリ合っていて・・・
3月のラフマの時は、アレ?って思う所があって、「及川さんはソロの方が良さが出るのかなぁ・・」って思ってたんだけど、決してそんなことはありませんでした。オケとの掛け合い素敵でしたよ(ますますチャイコンが楽しみになりました)
東京交響楽団の皆さんもすっごく上手だったぁ〜
3月の時はソロばかり気になって神奈川フィルの皆様の演奏はあまり覚えていません(ごめんなさい
でも今回は及川さんが1曲だけ(ちょっと不満)だったので後はじっくりオケ聴くことができました
あんなに大人数の弦が、まるで1人で弾いているかのようにピッタリ合っていて・・・ホントに上手だった
それから、マエストロ飯森もとっても素敵でした。写真でしか拝見したことがなくて、「なんだか女ぽくてナヨッチそうな人だなぁ」なんて思ってました。大変失礼致しました
すごく情熱的で、それでいて品があって・・・王子様スタイルも似合ってらっしゃいました。
ただ、中井美穂さん・・・出で立ちも、話し方もどうもセレブには見えず、庶民代表と言う感じでした飯森さんや、及川さんが話しているのに早口でペラペラ話していて・・・別に司会者要らなかったんじゃないですか・・・まあ楽しいお話を引き出してくれてたとこもあったけどね・・・

そして6月28日(木)、地元で会員になっている「地元でいい音楽を聴く会」の定例会に行ってきました。今回は『小川典子ピアノリサイタル』。ベートーヴェンのソナタ熱情がプログラムにあったので、と〜っても楽しみにしてたんです。私及川さんの熱情しか聴いたことがなくて(あるかもしれないが記憶に無い)他の方がどんな風に弾くのかすごく興味がありました。
自由席なので、早めに行って指がバッチリ見える所に座り込みました。
うぅぅ〜〜〜ん、やっぱり及川さんには敵わないなんかこう胸に迫ってくるものがない。及川さんの熱情を聴いてると、だんだん胸が苦しくなってきて息が止まりそうになってくるんだけど、そういうのが無かった・・・アンコールでラ・カンパネッラやってくれたんだけど、これもなんかあっさりしていて、「あぁ〜そこもっと溜めてぇ〜っ」てとこがいっぱい・・・やっぱり及川節にどっぷり漬かっちゃってるんですね
でも、「最後の1曲です」って弾いてくれた「亜麻色の髪の乙女」はとっても良かったです。
小川さんてとってもかわいらしい方でした。

7月1日(日)東京体育館に男子バレーワールドリーグ日本Vsフランスを見に行ってきました。続きは明日にします・・・・

まだ考えてます 

June 11 [Mon], 2007, 20:59
「古河労音の会員どうするの」と上の娘(すっごく冷めてるヤツ)に聞かれ、
「毎回及川さんならすぐにでも入るんだけどぉ・・・。でもいろんな人を聞いてみるのもいいかなぁと思って・・・。多分入る。それで及川さんの良さを再確認するかもしれないし」と答えると、
「あぁ、それって浮気した男がよく言うセリフね。君のよさを再確認するために・・・・」
はぁちょとぉ、全然違うんですけど
私の場合は、いろいろな人の音楽に触れて心を癒し、その上で及川さんの良さを再確認出来たら、そのコンサートは2倍価値がある。って事よ私の純粋な気持ちを、そこらの浮気男と一緒にするな

もちろん古河労音には全然納得がいってなくて、今でも「そんなトコ入ってやるもんか!」って気持ちが強いんだけど、小ホールかぶりつきは超魅力なんです。庭園美術館や建長寺も少人数で自由席なんだけど、全国区になると競争率高くてなかなか一番前のど真ん中は難しい・・・
(でもね、去年の8月の芸術劇場のショパンは、指定席だったのに前から2番目、及川さんのまん前だったのまるで私の為に弾いてくれてるようでしたそれまでは、前の方は音が・・・と思っていたんだけど、やっぱりかぶりつきがいい
その点、田舎の(ごめんなさい)、しかも会員限定なら確率高いよね。また及川さんと二人の世界になれるって訳よ・・・きゃぁ
やっぱり会員になるべきかな・・・

迷ってます・・・ 

June 05 [Tue], 2007, 20:52
昨日お昼休みに意を決して「古河労音」にしました。「7月26日に会員限定の及川浩治さんのコンサートがあると思うのですが、会員外はダメですか?」と恐る恐る聞いたら、答えは冷たく「だめです」の一言でしたここで引き下がる訳には行かず、ちょっとムッとしながらも丁重に「それは会員さんだけで席が埋まってしまうと言うことですか?」と尋ねると、「席が埋まるとか埋まらないとかではなく、会員のみになります」。「では、空席があっても外部は入れずそのままやるんですね?」「ですから空席とかそういう問題ではないんです。そういうふうにすると大変になってくるんです」
なによそれ!そりゃあ労音さんも運営が大変で会員が欲しいのはわかるけど、自分たちでコンサートお願いしたからには、なるべく沢山の良いお客さんを集めるのがアーティストに対する礼儀なんじゃないの
「もういいよ、そんな所いくもんか!」って言いそうになったけど、それは及川さんに惚れた弱みで、「入会ご検討ください。小ホールで・・・」まで聞いて「えぇ及川さんのコンサートも小ホールなんですか?じゃあ演奏者にとっても近いですよね」なんて乗り出してしまって・・・・今までちょっと冷たい感じだった労音さんも、「こりゃいいカモだ」と思ったのか、とっても優しくなり「そうですよ、とっても贅沢でいいですよ。色々お話なんかもしてくれて・・・先日の石田さんのコンサートもとってもすばらしかったですよ」なんてダメ押ししてきて・・・・(心の声)「はぁぁ・・お話もしてくれるんだ・・・ 熱情かぶりつきで聞けるかも・・・入会しちゃおうかな・・・」なんて思っちゃいました。
入会金2000円・月会費1800円×12か月分、合計23600円を一括で払うそうですそうすると、1年間で6回のコンサートにいけるそうです。1回4000円足らずでコンサートに行けるのだから、けして高くは無いんだけど、毎回1時間半以上かけて野木まで行くのも・・・。まあ都内でもそれくらいかかるんだけどね。
いろいろな人を聞けるのも魅力だけど、このお金を及川さん遠征に掛けたほうがいい気もするし・・
毎回及川さんなら迷わず入会するんだけどな

最後は「では、今度の演奏会の前に配る会報が6月の末に出来るので、参考資料としてお送りしますね。是非ご検討ください」と言われ、元気に「はいっ!ありがとうございます」なんて答えて電話切ってました。
もちろん今でも、「なんか運営の事しか考えてないんじゃないの。良い音楽を皆で聴こうという団体なら、ファンや演奏者をもっと大事にしなさいよぉ」って気持ちはあるんだけど・・・
代表者にしてみたら、きちっと運営して存続させなくちゃと言う気持ちはちょっぴりわかる気もするし・・・
なにより及川さんのピアノは聴きたいし・・・・
あぁ・・どうしよ

集中力が欲しい・・・・ 

May 30 [Wed], 2007, 21:11
今日もピアノのレッスンでした。発表会まで2ヶ月なので、いつもは隔週のレッスンを毎週にしてもらっています。「すごく集中している時もあるんですが、ふと我に返ってますね」とずばり指摘されてしまいました
小心者(?)なので、音を外したり、思うように弾けていなかったりすると、気持ちが停まってしまい、曲は進んでいるのに、気持が付いていかなくなってしまいます・・・そんなことが先生にはバレバレです
「周りの事が全然気にならなくなるくらい集中できたらいいですね」と言われましたが、それにはどうしたらいいのよぉぉ先生が側にいるだけで気になって気になって・・・・
来週は録音するって言うし・・・
子供の頃は全然緊張なんかしなかったし、暗譜はすぐ出来たし・・・・
ホント、及川さんは凄いわぁ~(他のピアニストの方もそうでしょうが)あの集中力・・・(暗譜力・・・)
2時間近くのステージ、全然集中力途切れないもの・・・・(あたりまえだよね)毎回毎回あんなに全身全霊で演奏してよく体がもつな・・と思います。
しかもあの演奏会の回数といったら・・・・あんなに短期間で全国各地をでアッチコッチと飛び回って、あれだけの演奏をして・・・本当にお体心配です。
いつもステージで鼻かんでるし(笑)、山岸伸さんの写真展を見に行った時も、山岸さんが「この写真を撮ったとき及川さんすっごい風邪ひてらして、おっきいマスクしてらしたんですよ」って言ってました。ゆっくり体休める時間無いんじゃないのかしら・・・
ファンとしては、沢山演奏会やってくれるのはすっごく嬉しいことなんだけど、お体大切にして欲しい、と心から思います。もうそんなに若くないんだし・・・・
それにしても埼玉の公演が全然無いのはなぜ?別に何処にでも行きますが、地元に来てくれるって、なんとなく嬉しいんですよね

レオナルド・ダ・ヴィンチ展 

May 28 [Mon], 2007, 21:15
昨日念願のダ・ヴィンチ展に行ってきました。私は勝手にダ・ヴィンチの絵がた〜くさん来ていると勘違いし、ウキウキと出かけていったのですが、なんと、絵画は受胎告知だけだったんですねぇ
ダ・ヴィンチさんがいかに人並みはずれた天才かと言うことはよ〜くわかりましたが、ちょっぴり期待はずれ・・・の展覧会でした
まあ確かによく考えれば、ダ・ヴィンチの絵ばかりを集めた展覧会なんて無理だよね。おばかな私です

受胎告知はやっぱりすばらしかったです。学生時代初めてイタリアで見たときほどの感動は無かったけど・・・・あの時は美術史などを勉強していたせいか絵の前に立ったら涙が出たほど感動しました。(もうあの時みたいな純粋さはないのでしょうか・・・?)
第一会場と第二会場に分かれていて、第一会場は受胎告知のみ・・荷物検査に金属探知機と、警備もすごかった。20分くらい並んだけど、昔モナリザが来て見に行った時は、もっともっとすごい行列だった気がします。

とにかく昨日は暑くて暑くて、遊び人の私も早々に帰途に着きました。せっかく都内に出たのに(田舎者まるだし)物足りない1日でした。

我が娘を泣かせた男性・・・ 

May 26 [Sat], 2007, 22:06
それは、私のだ〜い好きな及川さんとトリオを組んでいる、ヴァイオリンニストの石田泰尚さんです。
3月のアミュー立川の公演に連れて行った(無理やり)のですが、そこで初めて石田さんのヴァイオリンを聞いて、私の高2の娘は「涙が出た・・・」と。「高音がすごい、食道がきゅ〜っとなって涙がこぼれてきた」らしいんです。(胸では無く食道というところが、食い意地がはった我が家の表現です。)
そうなんだよね、母も初めて石田さんのヴァイオリンを聞いた時、あまりの美しさに泣いたよ
演奏には大感激の娘だったのですが、その後のサイン会のとき、娘の後ろに並んでいた60代くらいのおば様が石田さんに「とっても良かったです。今日は新潟から来ましたぁ」と言っていたらしいのです。それに返した言葉は・・・・「あぁそうっすか、はぁ」だったとか・・・
ちょ〜う怖かったらしく、ここでも涙が出そうになったそうです。
「石田さんは怖いし、及川さんはおじさんだし、石川さんにしよ・・」だって
及川さんが お・じ・さ・ん 母はショックです。
でもそうだよね、10代の娘からしたらおじさんかも・・・
まあ、おじさんの良さも、ぶっきらぼうな人の良さも、わかるようになるのはまだまだ先だね
また、10月のBeeで一緒に泣こうね

ピアノレッスン 

May 24 [Thu], 2007, 23:05
今日はピアノのレッスンでした。本当は今日仕事を休みにして、先生のお宅に伺ってグランドピアノでレッスンするはずだったのに、研修があるとかで休めずいつも通り我が家でのレッスンでした。
どう弾きたいかわからなくて、あまり真面目に練習していなかったんだけど、「迷いが無くなって全体にとっても良くなっています」と褒められちゃった細かい所はいぃっぱい直されたけど・・・
「もう少し繊細で軽い感じが出るといいんですけどね」って言われたんだけど、繊細さとか、憂いとか、色気とか、どうも性格上無縁なもので、それを求められると辛いものがあります
建長寺の時に及川さんも「音楽は言葉だと思っています・・・云々」って言ってたけど、何か伝えられる演奏が出来たらいいな、と思います。
そうそう、ホームページUpされてて、月刊ピアノの6月号にBeeがの載ってるって書いてありましたよねぇ。早速娘に学校帰り買ってきてもらったんだけど、ほんの片隅に白黒で、10月のオペラシティの宣伝があっただけでしたそれとも私の気づかない所に沢山載っていたのでしょうか・・・

せんくらチケット買えたよぉ〜 

May 23 [Wed], 2007, 21:53
やったぁ〜、せんくらのチケット買えましたよぉぉぉ私は仕事だったので、娘に講義より少し早めに学校に行ってもらいそこからして貰いました(ちゃんとバイト代を払って・・・)
なかなかが来ないので心配していたんだけど、及川さんの公演、他全部買ってくれました
席も前から8列目のほぼ真ん中と、なかなか良い席です。娘よ良くやった・・・
家に帰り早速チャイコンを聞き、及川さんの演奏姿を想像して、ニヤニヤ・・・幸せに浸っています
大阪のガラコンサートの曲も発表になってたけど、あきらめます
今悩んでるのは6月23日の清里・・27日のオペラシティと近いので、一度は止める決心をしたんだけれど、やっぱり行きたいなぁ
7月おとなしくしている事にして行っちゃおうかな・・
なんていつまでも悩んでいるとチケット無くなってしまうよね。
あぁ7月は1日から男子バレーがあって、半ばには歌舞伎があって、後半には下の娘とTDLの約束してて・・・全然大人しくなんてしていられないんだ・・・どうしよう・・・・
げぇぇ・・自分の発表会もある明日は2週間振りのレッスンです。全然上達していないと思う・・・
「今月末には一度録音してみましょうね」って言われているのに、どうしよ!私仕上げとか、本番、とか言う言葉にめっぽう弱いのよねぇ及川さんのコンサートの話とかでごまかして、時間潰しちゃおうかな・・・


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kumimama
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像kumimama
» 続き・・・ (2007年07月10日)
アイコン画像ナナカゼ
» 続き・・・ (2007年07月09日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる