Rain 

September 25 [Mon], 2006, 20:03
雨が降ればいつもよりも寄り添い 笑いあっていたのにね
傘もささないで雨に打たれ 頬を伝うこの思い
違う道 選んだのは私のほうだったのにね…

君は涙も見せずにそっと手を振り歩いて行く
これ以上 邪魔は出来ない
こんな愛し方しか出来なくて本当にごめんね…
もう二度といつものわがままも言えないんだね…

些細なことでいつも喧嘩してた その度に止まっていた
大事な時間無駄なやりとり 分かってても素直になれない。
お互いが輝ければよかったはずなのにね・・・

君の未来を壊してしまいそうで怖かったたんだ
私と過ごす日々の中で…
寝たふりの私にキス残してく優しさも全部
もう二度と途切れさせた思い 胸に秘めて…

君は涙も見せずにそっと手を振り歩いて行く
これ以上邪魔はできない。
こんな愛し方しか出来なくて本当にごめんね…
もう二度といつものわがままも言えないんだね…
もう一度わがまま 言いいたかった…

「you」 

September 23 [Sat], 2006, 11:28
白い息が冬を告げる
君の町にはもう、雪が降ってる。
遠く遠く、感じるのは 距離なんかじゃなく心が思う
二人の出会いはいつからかずっと
私だけのものになり それでも一緒にいたいのはきっと
弱さなんかじゃないよね…

君と見る この景色が
あるならば なにもいらない
君がいない この景色は雪の中でみる止まった世界―

あんなにもそうあのときには 
ここにしか幸せないと思った―
人は誰でも、愛した人を
忘れまた他の人を愛せるの
元々合わない二人がこうして、一つになってたけど
お互い歩み寄る 些細な努力を
それが出来なかったんだね

君とみる この景色が
あるならば なにもいらない
君がいない この景色は雪の中で見る止まった世界―

君と見る この景色が
あるならば なにもいらない
君がいない この景色は雪の中で見る止まった世界
逢いたいよ 逢いたい君に
これからも 忘れられない
この雪と 共に散った
儚い思いを胸に抱いて・・・

P R
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kumilove6
読者になる
Yapme!一覧
読者になる