人間一人ひとり考え方って違うね。 

2007年10月26日(金) 1時31分
今日、藤岡弘の動画を見ました。

題名は藤岡流コーヒーの入れ方でした。

はじめは興味があり、見ていたのですが、なんだか考えさされるように見ていました。

藤岡弘は、コーヒーを相手に出すと時に藤岡弘本人がコーヒーを入れるのですが、

入れ方が、普通とは違っていました。

はじめにコーヒーに対して手を合わせて、「おいしいコーヒーになりますように」と何度もお辞儀をして入れるのです。

湯を一滴一滴気持ちをこめてコーヒーに注いでいくところが素晴らしいと思いました。

コーヒーの入れ方ひとつに対しても人それぞれあるのだから、人間の考えなんて、人それぞれ違うんだとその動画をみて思いました。

今している仕事の人たちも、一緒に遊んでいる友達たちも家族さえ違う考えを持っています。

だから、時には喧嘩をしたり、そして仲良くしたりするんでしょう。

俺には昔からの親友が一人居ます。まさに親友です。彼を越える人はいません。

もう、かれこれ19年ほどは一緒にいます。

でもいまだに仲がいい二人で、最近よく遊びに行きます。

しかし、必ずと言っていいほど、会ったら一回は喧嘩をします。

ひどい時には殴りあいにもなります。

しかし、また週があけると、電話して週末遊ぼうぜと約束を交わすのです。

また、会ったら喧嘩をします。

でもこの会ったら喧嘩をする事は昔昔の頃からなので、今ではなにも疑問には思いません。

喧嘩するほど仲がいいというのはこういう事なのでしょうか?

でも、ふとした瞬間にいろんな人に感謝してしまう毎日です。

家族・親友・仲間・元彼女・会社の人々別にランクをつけているわけではないです。

各自の人々からいろいろな優しさや信頼を受けて、俺はここまで来ました。

いま、こうやって今日と言う一日を過ごしているのも、今言った人々が周りに居てくれたからあるのであって、もし、一人でもかけていたら、今日という日は無かったでしょう。

だから、反対に言えば自分も一人の人間だから、周りに及ぼす事があすでしょう。人に人生を変えてしまうこともあるでしょう。

だからこそ、俺は、相手が幸せになれるようにいろいろな人に優しい心をもっていつまでも感謝の気持ちを忘れない人になろうと思いました。

そう、その考えもこの世の中で一人の人間の考え方です。
だから、この考え方に納得するか反対するかは呼んでいるあなた自身の気持ちです。
相手に自由という選択をあげれるような広い心を持とうと思います。

越えるべき壁!! 

2007年10月23日(火) 1時04分
俺は、最近、仕事で壁にぶちあったっている。

俺の人生必ず壁が行くところ行くところに現れる。

今、かなりしんどい壁にぶち当たっていると言っても過言ではないだろう。

しかし、ここで越えなければ先は絶対に見えてこない。

俺は今まで逃げる事だけはしたことはなかった。

なぜなら、後で自分の人生において、後悔が残るからだ。

人生で一度だけ逃げた事があったが、それは、今でも後悔している。

だから、俺は決して逃げない事にしている。そう自分に言い聞かせている。

今の仕事で、ミスばかりしてしまい。ものすごく大変な仕事である。

周りにも迷惑がかかるし、しかも自分自身パニクってしまう毎日である。

けれど、職場の人々は俺に期待をしてくれている。

それが、また、自分の錘になる。

期待されるほど、自分の錘は強くなるし、責任がある仕事だからこそ重い。

普通なら、重たくなれば止めるのがベストだと考える人も多いのではないだろうか?

実際今日、職場の人と話をしていたら、今まで期待などをして責任のある仕事を頼んでいたら、精神的に重いといって止めた人間がほとんどだと聞いた。

けれど、俺はその錘で自分がつぶれるのが許せない。

精神的に重いからこそ、期待している人の期待にそえれるように生きていきたいと思う。

だって、期待してくれるっていう事、好きできてくれるということは、大切にしないといけないじゃないか。

この世界の中で自分のことを頼りにしてくれる人、好きで居てくれる人、愛してくれる人、何人いるだろう?そんなに多くはいないと思う。

だからこそ、こうやって期待してくれて人を裏切るなんて出来ない。

反対に喜んでもいいと思う。自分は頼りにされているんだと思うなら、

確かに錘になるから、壁に今実際ぶちあっているのだと思うが、それは、自分が愛されているという幸せの証拠だと思う。

どうでもいいやつには、誰も話しもしないし、期待もしない。

だから、人生で出会っていく数少ない人間の中で、自分のことを思ってくれる人がいたら、その人の為に全力をつくしても頑張って生きたいとおもう。

なぜなら、それが、信頼関係だからだ。

出発でつまずいた。けど、失敗は成功のもと! 

2007年10月18日(木) 1時02分
今日、さっそく人生の出発をしよと思ったら、つまずいた

仕事も自動車学校もだ!

まず、仕事では、怒られた。

最近体調が悪く、仕事を休んでしまっていたので、欠席回数を見て注意を受けたのだ。

最近季節が変わるからだろうか、体調がよくない。

普段風邪をひかない俺が風邪をひいてしまう。

そして、休んでいたら、今まで休んでいたこともあり、回数が多いと注意された。

しかし、注意の内容はよく聞くと嬉しい言葉だった。

「なぁ、どうでもいい人なら何もこうやって話をしないよ。けど、君はうちの会社にとって必要な人間だから休まられると困るんだよ。君にはうちの社員は期待しているんだから、早く仕事を覚えて、指導者になってください」と会社の人に言われた。

慰めなのか、わからないけれども、嬉しかった。まだ、俺は必要とされている人間なんだとわかった。

これも又、失った自分を取り戻す希望かもしれないと思った。

けど、最近俺は怠けていると思う。考えかたも甘えがあると思う。

前までそんな事なかったのになぁと考えると自分に腹が立つ。

しっかりしろって自分にいつも言い聞かせている。

今考えてみると、大切な人を失ったのは自分が変わり果ててしまったのも原因だと思えるようになった。

大切な人は俺の強さやたくましさなどを見てきっと好きになってくれたの違いない。実際あの当時は俺はモテテた。

けど、今の俺はどうだろう。地獄に落ちると共に自分を失って、自分をコントロールもできず、ただ感情だけで生きているんだ。

馬鹿馬鹿しいよ自分っていう人間はさぁ!!

そう考えてみると、昔の考えかたがよみがえってきた気がする。

もっとしっかり自分の人生を歩んでいかないとなぁ!

一歩ずつ一歩ずつ、辛いことばかりだけど、頑張って努力して歩いていかないと

こんなところでつまずいていたら、そりゃ!何もかも失ってしまうよ。

やっとその事に気がついた。

もう、俺を必要としている人々がいるのだから、それをまた、自分の弱さで無視してしまったら

また、大切な人々を裏切ってしまう事になる。そして、「大切なものを失った。出発していこう」とかくさい言葉ならべて、またつまずいたって日記にダラダラ書くんだろう。

馬鹿馬鹿しいよ。

俺は、そんな会社の人々が期待してくれているとわかった以上、頑張らせていただきますよ。

教習もしんどいけど、それは自分の為でもあるので、弱音を吐くべきではないよね。

自分が選んだ道なんだから、最後までやりとおさないとね。

今日一日、さっそくつまずいたけど、それは、前の自分に戻る近道だったのかもしれない。

また、明日から頑張るぞ。

すべてを取り返す為に!そして、輝いていた自分自身を取り返す為になぁ

すべてを失った今こそ、俺の出発になる。 

2007年10月16日(火) 22時40分
俺は、今まで、築きあげてきたすべての物、人を失ってしまった。

しかし、それは、失ったいま俺の出発になるに違いないだろう。

俺のまわりには、いろいろな物があった。地位や名誉、お金、団体、仲間、そして大切な人

すべてを失ってしまった今、地位や名誉などくそくらいだと思えるようになった。

本当に失ってはいけないものは、団体や仲間、大切な人だ。

最初、仲間に裏切られ、大切な人を傷つけてしまい失いそして、自分が築きあげた団体が解散した。

俺のまわりにあったものがどんどん崩れてしまった。

しかし、これ以上崩れるものはないだろう。もうすべてを失ってしまった今、俺はそれでも見捨てないで守ってくれている。両親や昔の仲間に感謝している。

ここからまた、出発すればいいじゃない。

ここで、すべてを失ってしまったって泣いていたって。みんな取り戻したいって泣いていたって仕方ない。

それなら、ここを出発点にして、失ったものを取り返しに自分から行かなきゃ始まらない。

俺がしてしまったすべてのあやまちをもう二度と繰り返さないよう。次なるステップを踏んでいこうじゃないか。

後悔したって、昔の思い出に浸っているだけだ。

後悔するなら、反省し、取り戻せばいい。

昔「北斗の拳」の歌で「愛をとりもどぜ」という歌が主題歌だったが、俺は、「すべてをとりもどせ」だ。

どんだけ、取り戻せるか分からないけど、がんばろう。

いや、そう思っているところから、弱気になって出発をしている。

そう、絶対すべてをとりもどそう。

今から、俺が取り戻そうとするのは、失って、はじめて大切だと思えたからだ。後悔したからだ。だから取り戻す為に俺は成長する。

まぁ、みんな見ていてくれ、俺は必ず、取り戻す。それが、俺だからなぁ・・・

自分の気持ちに気がつく時 

2007年08月10日(金) 12時01分
皆さん、「必死」という言葉がありますよね。

必死になった事ありますか?俺も必死という言葉を知っていますが、最近必死という事を忘れていたのかもしれません。

でも、必死という事を教えてくれたのは、自分にとって大切な人でした。

その人とずっと一緒にいていつも楽しく過ごしていた日々が、ある日突然、自分の今までの行動や言動で彼女は、俺の元から消えてなくなりそうになりました。

俺は、ずっと彼女に甘えていたのかもしれません。彼女の事を本当は何も考えていなかったかったのかもしれません。

付き合っていく事の大切や、彼女と一緒に会うことの大切さをいつの間にか忘れてしまっていたみたいです。

彼女が消えていくことがわかった今、俺は必死です。違うことで悩んでいても、そんな事より彼女の事で必死です。

必死っていうのは、心だけでなく、体にも影響してきます。普通、思っていても無理っていう気持ちでおさえられるものなんですが、思ったことがすぐ行動にでます。

走る事が得意じゃない俺が必死になると走ってしまいます。ものすごく早く走ってしまいます。

恥ずかしい言葉を言うことが出来ない俺が、必死になると彼女に気持ちを伝えたくて、言ってしまいます

普段あまり感情的にならない俺が、必死になると感情的になってしまいます。

必死という言葉は必ず死ぬと書きますが、本当の意味は、必要な死、すなわち死んでもいいそれくらい必要な時に起こる人間の行動なんではないでしょうか?

必死というのは、自分を守るとき・人を守るとき・そして大切な人を失いそうになったときに起こる心を持っている者だけに与えられた行動だと俺は思います。

その必死を教えてくれたのは、大切な人でした。

これからも必死を忘れない人間になりたいと思います。

彼女との花火大会 

2007年08月08日(水) 1時09分
先週、彼女と花火大会に行きました。
ずっと、昔から、彼女と花火大会に行くのが夢だった俺は、ものすごく嬉しかったです。
彼女と見る花火は他の人と見る花火と違って、ものすごくきれいだったです。
でも、やっぱり花火より俺の彼女の方が綺麗ですけどね。

出会い 

2007年07月30日(月) 1時05分
俺は、今の彼女と出会って本当によかったと思っている。

それは、喧嘩して初めてわかったのかもしれない。

言い合いになって、めっちゃ胸が痛くてしかたなかったけれども・・・

それは、お互いを刺激する素晴らしい事だとわかった。

自分の反省点がたくさん見つかり、彼女に申し訳ないと言う気持ちが出てきた。

また、彼女も反省する点を見つけて反省した。

お互いもう一度、はじめから見直して新たなるスタートを歩いていこうって

俺達カップルは決めました。

だから、俺はここで誓います。

もう、彼女を離さない事そして、もう彼女を悲しませないと言うことを

このブログで誓います。

これからもがんばろう、そして幸せになろうな!彼女

大切な人 

2007年07月28日(土) 0時03分
俺の大切な人はこの世で一人、

彼女です。

俺の彼女は本当に大人ぽくいつも俺の事を考えてくれます。

だから、大好きです。

彼女と付き合ってから俺はプラスな事ばかりです。

ときたま、寝れないほど彼女の事で悩みますが、

それは、大好きで仕方ないからです。

彼女は友達が大切だといいますが、

それは、俺は素晴らしい事だと思います。

友達を大切って思える事はなかなかできないことです。

だからそんな友達思いな彼女も大好きです。

俺の事もちゃんと考えてくれているところも大好きです。

すぐ泣いたりしますが、その面も好きです。

イライラしたら怒ってしまいますが、そんなところも大好きです。

俺は、彼女のどんなところも大好きです。

だから、これからも一緒に恋愛をしていきたと思います。

時たま喧嘩もしてしまうけど、

それもまた二人の肥料になり栄養になります。

だから、喧嘩することは時には胸が痛いですが、

決して悪いことだとは思っていません。

これからもよろしくな!愛してるよ彼女

恋した女は数々あれど愛した女はお前だけ! 

2007年07月26日(木) 0時45分
最近、彼女への思いが強くなるばかりの俺です。そう、萬田かぁー君です。
いや、またまた彼女にいろいろ怒ってしまってどうしようもない俺なんですよ。
本当に難しいものです。最近あっていない為、お互いがきっとなんかどんどん考えこんでしまうんでしょうね。
会ったら絶対喧嘩なんてしない二人なのに、なぜか、電話やチャットになると喧嘩してしまうんです。
しかも会わない期間が開くと必ず起こってしまいますね。残念
けど、喧嘩はしたくないって思ってもダメです。カップルの仲に喧嘩は必要です。
ですので、彼女にすごく怒ったけど、自分でも反省しなければいけない面もあり、とてもへこむ毎日が
ここ最近なんです。
恋愛は苦あり楽ありなんです。いつも楽しかった二人は今は苦になっているんです。
けどこれは、この世では当たり前です。俺達カップ間の話ではなく全国のカップル全員です。
そこで、別れがはっきりしてくると思います。楽だけ楽しむカップルは苦で終わります。
本当に愛し合ってるカップルは楽が好きだけどちゃんと苦も乗り越えます。
乗り越え方もいろいろあり、一人で乗り越える人もいたり二人で乗り越えたる人もいたりします。
俺は、彼女と今きっと苦を乗り越えなければいけない時になってきています。
非常にいい事です。俺の彼女は素晴らしいので、二人で乗り越えようと頑張ってくれます。
ですので、俺も頑張ろうと思えるのです。
俺がつらいのは、自分が嫌だと思った事を彼女に伝えるのですが、なかなか伝わらないそして言いたい事
を言いたいがいいずらいというのが本当につらいです。
まず、愛している彼女に怒るのが本当につらいです。好きなのに、怒ったように話すのがつらいです。
もしかしたら、嫌われたらどうしようとかめっちゃ考えますが、ちゃんと伝えないとこれから先
長く付き合っていきたいのに困ってしまうと考えてしまいます。
愛してるから怒るっていうのは、感情的に怒る時と全く違うので、すごく辛いです。
長く付き合っていきたいと思うからなおさら、悪いところは直してほしいと考えています。
反対に自分の反省点を探していきたいとも考えています。
今の彼女を本当に愛してるから今がなによりも苦痛です。
会えない・電話で喧嘩してしまう・互いいろいろな悩みを抱えてる。この三拍子は本当に最悪です。
しかし、二人がここで負けてしまったら、終わりです。間違いなく
だから、俺は、俺自身と彼女の事を信じています。
これから先も仲良くなれると思います。この壁はとてもおれにとっては辛い壁ですが、
決して負けないようにこれからも彼女を愛しつづけたいと思います。
こんなに愛した女は初めてなので、不安とドキドキがたくさんありますが、がんばっていきたいと思います。
今回の恋愛ではじめて愛の意味がわかりました。

恋って難しいね。 

2007年07月25日(水) 12時37分
なんか、今日彼女から聞いたのですが、俺と付き合う事に不安を感じているみたいで、俺ものすごく悲しくなりました。
決して、彼女は、別れようとは言わなかったけれど、なんだか不安でいっぱいです。
なぜなら、今俺は、彼女の事が大好きだからです。これが、お互いの温度差というのでしょうか?
原因はきっと毎日あっていたのに、最近お互い忙しくてなかなか会えないから、そんな風に思ってしまうのでしょうか?
確かに俺も彼女と別れたら方が彼女の為じゃないかなぁと思った事もありましたが、彼女は決して別れる気
はないといつも言ってくれてました。それなのに、彼女の方から不安を感じてると聞いてしまうと、なんだか悲しく
なるものですね。俺は、自分勝手で最悪な男ですが、ひとつだけ正直な気持ちがあります。
それは、今の彼女と一生一緒にいたいことです。
彼女も不安でモヤモヤしているみたいですが、やっぱり会う日が開くとそんな風になってしまうのかぁ?
って思います。けど、俺はこれからも今までどおり好きでいたいと思います。
大好きな彼女それは、俺にとって最高な彼女です。どんな人と比べても、彼女に勝てる人はいません
確かに彼女の事全部知ってるってきたかれたらまったく知らないでしょう。けど、自分なりにはいろいろな
彼女を見てきたつもりです。そして、これからも彼女のすべてを受け入れていきたいと考えています。
そんな事彼女本人に話した事はありませんが、ブログだらかこそ素直に書ける事
があります。もうすぐ3カ月彼女と一緒にいろんな壁を乗り越えていきたいです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:萬田かぁー君
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年5月29日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-難波金融伝ミナミの帝王
    ・自動車-トヨタセルシオ
    ・お酒-マティーニ(ジンをシェイクした奴)
読者になる
はじめまして、萬田かぁー君です。
わしは、明○で金貸しとる萬田かぁー君や!
今は、香川の人間に1300円貸してます。
もう利息つもって1300万になってます(笑)
バイク買う金あるなら、返しておくんなはれ!!
プロフィールもあるので、暇があったら覗いてくれや!

http://p.prfy.jp/kaakun
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる