咳が止まらない病

April 18 [Mon], 2011, 23:31
かれこれ2週間強、咳が止まらなくて困っていました。

最初は軽い体調不良から始まって、
微熱と倦怠感が強かったので、
市販の薬でごまかしていました。

はっきりと記憶があるのですが
競馬の師匠のお宅で高松宮記念を見た記憶があるので、
既に3週間が経過しています。


薬を飲めば症状が軽くなって、
咳止めの薬でかなり楽にはなるのですが、
飲むのをやめるとすぐにまた出始めます。


一説によると「マイコプラズマ肺炎」が候補に挙がりつつ、
ただの風邪として治療を受けていたのですが、
同じ医者に2週間投薬されて、完治しないのは
その医者がよっぽどヤブ医者か、
私の体調が恐ろしく悪いのかのどちらかです。

と言うわけで、流石に医者をかえることにしました。

最初にかかっていた医者には、昨年末の盲腸騒動で、
年末年始につらくなったら電話するようにと
携帯番号までもらった恩がありますが、
今回ばっかりはちと他を当たらせていただくことにしました。


大義名分は


セカンドオピニオン


と言う奴です。

今度の医者は、かつてノロウィルスに倒れたときに
発病の次の日に行ったら

「はっはっは!そりゃノロだね。昨日のほうが辛かったろ。
もう峠越えちゃったから、君の若さなら来てもあんまり意味無いぜ。」

と素敵に診断してくれた先生です。


実は医者のキャラ的にはこちらの先生のほうが好きなのですが、
仕事場の目の前という好立地に惹かれて前の医者にかかっていました。


で、この先生の診断ですが、


「花粉だね。今年花粉が多いだろ?あれな埃みたいなもんなんだ。
思いっきりほこり吸い込んだら咽るだろ?あれと一緒。」


「はい。」


「寝室で辛くならない?」


「なります。」


「寝室にね、花粉溜め込む奴が多いのよ。何でかって言うと、
もろもろ花粉つけて帰ってくるじゃない?
で、寝室で脱ぐでしょ、全部花粉が寝室にたまるの。」


「・・・・。」


「ま、これも一種のアレルギー反応だから、
止めとかないとどんどんアレルギー反応ひどくなるから、
薬出しておいてあげるね、GW位まで飲んで。」



物凄い納得いきました私。


「あの、GWにダイビングに行くつもりなんですが、
大丈夫ですかね?」


と訊いてみました。

ちなみに、私がお昼休み前の最後の患者なので
後ろを気にせず訊きたいことを訊いています。


しかし、私はここで大事なことを忘れていました。

そう、この先生の前で海の話はご法度です。


にやりと笑う目の前の医師と

私の左側の壁に張られた鯛を抱えた医師の写真、

そして先生の向かいの船上の医師の写真。


「行ったほうがいいよ。」


「何でかって言うと、私も花粉症もちで釣りをするんだけどね・・・。」



ええ、言わなくても患者は誰でも知ってますよ。
何故診察室の患者の席の脇にあんたと鯛の写真じゃ!

入ったこと無いけど絶対処置室にも張ってある。

魚拓じゃ飽き足らなくて、魚のレントゲン撮ってるだろ!



「海に出ちゃえば治まるから。」



おそらく、海の上では花粉が無いからと言いたいのでしょうが、
思いっきり根拠がないような発言に聞こえてきました。


「あ、でもダイビングやるときはこの薬見せないほうがいいぜ。」


「?」


「これ喘息のときに使う薬だからさ、ダイビング喘息はご法度だろ?」


「はい。」


「あなた、喘息ではないから、ぜんぜんやって問題ないんだけど、
ショップで見せたら嫌がられるな、気をつけなよ。」


と、あたたかい心遣いまで頂きました。


結果、


釣りの話は長くなることはありませんでしたが、
もらった薬が素晴らしく効きました。

すぐに咳が止まり、
気づいていなかったのですが、鼻も通って呼吸まで楽に!


やはりこれからもこの医者にかかろうと思います。


とりあえず、来年の花粉症対策の話までして
花粉の気配を感じるころのまた行く約束をしたのでした。
  • URL:http://yaplog.jp/kumantyu/archive/678
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アルビノ
獲れたての魚は美味いです。
そして魚のうまみは数日置いたほうが熟成されると言うのも
本当のようです。
ただ、それに死後硬直が絡んでいるかはわかりませんが、
最近の保存法では死後硬直を防ぐために
大きな魚は針を打って絞めるような話を聞いたことがあります。

きっと関係しているでしょう。
April 20 [Wed], 2011, 10:44
さーじ
その医者素敵だわ。

釣り好きな医者の話によると
獲れたての魚は旨いいらしいですよ。
でも、晩のおかずにするなら翌日、翌々日の方が
美味しいらしいですよ。
なぜって、死後硬直がとけるから。ホントかな・・・。
今度、昼休み前に余裕があったら
真相確認してみて!
April 19 [Tue], 2011, 9:34
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像アルビノ
» はる (2014年03月20日)
アイコン画像さーじ
» はる (2014年03月19日)
アイコン画像アルビノ
» シンザン記念 (2014年01月12日)
アイコン画像N
» シンザン記念 (2014年01月12日)
アイコン画像さーじ
» 東京競馬場花火大会2013! (2013年07月06日)
アイコン画像アルビノ
» 東京競馬場花火大会2013! (2013年07月06日)
アイコン画像アルビノ
» 東京競馬場花火大会2013! (2013年07月06日)
アイコン画像さーじ
» 東京競馬場花火大会2013! (2013年07月06日)
アイコン画像アルビノ
» 奮闘!ゑいぶる経堂店 (2013年06月04日)
アイコン画像さーじ
» 奮闘!ゑいぶる経堂店 (2013年06月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アルビノ
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kumantyu/index1_0.rdf