忘れたころの「私が好きな女子レスラー」 

June 09 [Sat], 2007, 23:30
正解はこの方

坂井澄江選手です。


あえて笑顔の写真を使わなかったのは、この写真がとても坂井澄江らしいというか、負けん気の強さが出ている珍しい写真だからです。
これは当時飛鳥さんが保持してたTWF世界シングルの挑戦者が他の選手になったことを飛鳥さん本人に猛抗議してるところです。
会場は後楽園、珍しく私が定位置の西(青コーナ側)の特リンorひな壇ではなく北側の3列目あたりに座っていたからこそ撮れた写真です。
彼女は喜怒哀楽を思い切り表現できる選手ですが、ここまで悔しさをあらわにすることはめったにありません。
みなさんが知ってのとおり、試合運びはとても器用。どんな技もそつなくこなし、どんなスタイルにも順応できる選手です。本人は相当努力しているのはわかってるけど、そんな選手だからこそ、アメリカという土地でも活躍できるのではないかと思います。

だけど、どこか不器用。具体的にどの部分が・・・というのが私のボキャブラリーでは表現できないのですが、なんか不器用。というか、正直すぎるんですよ。
当時のJd'でいちばんの騙されキャラでしたね、いちばん貧乏くじを引かされていたかもしれません。
ID4の終わり方なんて、ありゃないだろ!あんまりだろ!!とファング鈴木ファンの私が坂井澄江の味方になってました。
どっちも応援している選手だったので辛いのは辛かった・・・。
そういえば坂井澄江を騙していたり罠に陥れたりしていたのはいつもファング鈴木でした。
いつぞやの坂井澄江vsザ・ブラディーのLSD1hマッチ(会場:ディファ有明)で再三乱入して、試合をぶち壊したのもファング鈴木でした。

坂井澄江とファング鈴木、いろんな意味で切っても切れない2人なのです。

この2人が対戦するときの私は、困りました。
どっちも応援してました。
「ファングも坂井もどっちも頑張れ!!」

・・・許されるべきじゃないけど、やってました。
どっちも好きだもん・・・。


JDスター興行部門活動停止への私感 

June 04 [Mon], 2007, 23:03
7月16日の興行が最終興行だとか>JDスター
最終興行の大会名が

『ジャンヌダルク〜Jd’・JDスター格闘美FINAL〜』

うーん・・・。今更、Jd'というネーミングを引っ張り出されても・・・。
これに釣られて見に行くことはないでしょう。好きな選手はとっくに引退してるし
JDを退団するときも、ひどい仕打ちを団体から受けてますから。

だけど卯木さんが代表やってたときも、かなーり文句言ってました、私。
でも、今となっては卯木体制の時代のほうが、団体の方向性は好きでした。
何より不器用ながらも一生懸命に試合をしてる選手たちが大好きでした。
興行にいろんな脚色がつくようになってから、嫌いになりましたが。
それがTV向けの演出だったのはわかってるけど、選手の個性・良さが
消えてる気がして受け入れられませんでした。
自分の中ではBS-JAPAN「格闘美宣言!〜ジャンヌ・ダルクへの道」と
CSのサムライのバトステ「電視紙芝居」は二大元凶です。
前者はアストレス重視(これはアストレスが前面にでるのは仕方なし)
後者はプロレス中継ではなくバラエティではないかと・・・。
GAORAは、映像二次使用での中継なのでまあ許す・・・。
(ここのオープニング映像は好き!)

しかし、何を間違えたんだろ・・・。
コアなファンしか呼べなかったのが誤算だったんでしょうね、結局のところ。
それはすべての女子団体に言えることだと思いますが・・・。


佐伯貴弘絶好調!!! 

May 26 [Sat], 2007, 23:16
今年は昨年の大不振が嘘のように、佐伯さんの調子がとてもいい。
いくら大矢監督がベテランを使うといっても、若手がベテラン以上にがんばっていればそうは行かないでしょう。

(ここより敬称略)
昨年は打席に立つたびに悲壮感が漂っていた佐伯。
「お前が4番だから勝てない!」
「それでも4番か!!!」
など、情け容赦のない野次が飛んでいたスタジアム。
昨年の佐伯は「終わった選手」でした。
本人は悩んだし苦しんだ・・・と思います。
ファンも肩身は狭かった。佐伯ユニ着用、佐伯ネームタオルを手に応援する私にすら飛んできた
「佐伯なんて応援するな!」
「いまどき佐伯かよ、頭オカシイんじゃないの?」
という言葉。
確かにシーズン途中で4番は男・村田に代わったし、新鋭・吉村裕基も伸びている。
内川、古木、小池・・・いつでもスタメンを張れるレベルの選手が今かと出番を待っている。
昨年の後半、佐伯がベンチを暖めていたとき、ファーストミットを手にしていたのは吉村だったり内川だったりしていた。
このままでは来年は・・・。見ている側は不安だった。
やはりというか、今年、開幕戦のスタメンに、佐伯貴弘の名前はなかった。
「ああやっぱり・・・」
正直なところそう思った。

しかし、佐伯は終わっていなかった。いや、甦ったというのが正しいか。
誰より多い練習量、努力は嘘をつかない。
よく、昨年の苦悩を、どん底を、ここまで持ってこれたと思う。
昨年の不振は4番の重責、そのプレッシャーもあったのかもしれない。
そんな自分への自己嫌悪、最悪の循環になっていたと思う。
そこから解き放たれた佐伯の2007年。
まだまだ期待している。
一塁手、外野手、守備でもマルチの活躍を、打撃ももちろん活躍を。
いつだってファンは信じている。

彦根のよいにゃんこ。ひこにゃんに会いました。 

May 26 [Sat], 2007, 22:41
彦根城築城400年祭に行ってきました。
この子が私が大好きな「ひこにゃん」(通称・モチ)です。
ひこにゃんはなぜこんなにかわいいのか!
イラストよりも実物のほうがかわいいのです。
見た感じは2.5頭身ですが、いつも元気に来場者にサービスしている、と〜っても偉いにゃんこなのです。
子供にも大人にもとっても人気者のひこにゃんなのでした。

横浜ベイスターズ、3年ぶりの首位浮上!! 

May 03 [Thu], 2007, 22:16
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!
3年ぶりの首位浮上ktkr

今日はデーゲームの横浜vs阪神戦をテレビ観戦していました。
個人的にはどちらもごひいきチームであり、でもやっぱ好き度の比率は7:3でベイがかなり優勢。
首位になったといっても今のところ春の椿事ってことで、大騒ぎする必要はまったく無いとは思いますが、今年のベイは一味違う!と実感しています。




’07年ペナントレースは横浜ベイスターズが熱くさせる!! 

January 11 [Thu], 2007, 23:52
↑かも。

FAで横浜から巨人に移籍したアゴ倉 門倉健投手の人的補償で、工藤公康投手が横浜に移籍してくることになりました。
巨人からは、先般、トレードでやってきた仁志敏久選手に引き続き、頼もしい選手が横浜ベイスターズの一員になってくれました。嬉しい限りです。

思えば、工藤投手、もう20年近く応援してるんだなあ…。
20年程前、プロ野球がキャンプに突入するとニュースステーション金曜日のスポーツコーナーで、「クドちゃん、ナベちゃんのキャンプフライデー」というコーナーをやってました。
金曜Nステの中では金曜チェックと並んで、好きなコーナーのひとつでした。
※クドちゃん=工藤投手、ナベちゃん=渡辺久信投手です。

あの頃は、アイドル雑誌にも工藤選手が掲載されていたり、なんか違う意味でパリーグが熱かった・・・。
あとは当時日ハムの西崎投手もアイドル雑誌の常連さんでしたね。
他にはブンブン丸ことヤクルトの池山選手も。

我が横浜もとい、当時の横浜大洋ホエールズは若手の人気選手といえば
高橋雅裕選手くらいかな。
だってスーパーカートリオ(高木豊、加藤博一、屋鋪要の3選手)の全盛期だし・・・若手もあまり台頭せず、暗黒時代真っ只中でしたから(苦笑)

だいぶ脱線しましたが、元に戻して、工藤投手には絶対に横浜で活躍して欲しいと思うし、絶対応援します。
あと、どうにか相川捕手とその下の若手捕手(鶴岡、新沼両選手)を一人前に育てて欲しいです。
ダイエー時代、城島捕手を育てたときのように・・・。
よろしくおねがいします。

あけおめことよろ 

January 01 [Mon], 2007, 23:20
2007年、新年明けましておめでとうございます

さて、私の無職生活も366日目、2年目に突入いたしました。
いい加減働きたいです。
そろそろ真剣に職探しをしようと思います。
が、MOSマスターにはまだ程遠い。
昨年末に駆け込みで「Word2003 Expert」は合格したけど、まだ折り返し地点だからなあ。

でも頑張る、絶対に職に就きます!
こんな私ですが、今年もよろしくお願いします。

BBSの補足 

December 29 [Fri], 2006, 23:44


BBSの写真よりは見易いのではないかと思います。
さてさて、ここはいったいどこの街?




ヒント
1.新幹線停車駅
 (在来線との接続あり。ここを起点終点とする列車、多し。)
2.通称・音楽の街
3.2006年12月1日現在の推計人口は県庁所在地の市よりも多い。
4.もっとわかりやすいヒントはたくさんあるけど教えません♪

正解者には・・・なにもありません。ごめんなさい。

プロ野球ストーブリーグ 

December 05 [Tue], 2006, 21:23
一ファンが勝手に予想する、我が横浜ベイスターズの開幕オーダー

1.(遊)石井琢朗
2.(二)仁志敏久
3.(右)金城龍彦
4.(一)村田修一
5.(中)吉村裕喜
6.(三)内川聖一
7.(左)小池正晃
8.(捕)相川亮二 or 鶴岡一成
9.投手

こんな感じでしょうか。
ウッチーがファーストかなあ?と思っていたけど、大矢監督がサードへのコンバートを明言しているから・・・。
となると、ファーストは?外人選手を使うという可能性もありますが、できることなら来年も純国産打線で闘ってほしいなあと思います。
一塁は、佐伯さん?という目もありますが、佐伯さん、マジで頑張ってください。
来年が正念場だと思いますので!
メカゴジラ・佐伯貴弘の復活、じつは祈っています。

雨女伝説は終わらない。 

November 21 [Tue], 2006, 23:54
私が旅行などに泊りがけで出かけるときはかなりの確率で雨です。
台風や大雪を呼んだこともあります。

子供の頃から学校行事ではことごとく雨に当たりました。
遠足、修学旅行、運動会。

明日から泊まりで旅行に行くのですが、案の定明後日は雨。

一緒に行く人には行く前から恨まれています。
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像鳥居
» 湧き立つ大地に輝る男〜♪ (2006年06月06日)
アイコン画像鳥居
» 東海道線113系よ、永遠なれ! (2006年04月07日)
アイコン画像SKY
» 私の無職生活♪♪ (2006年03月16日)
アイコン画像くまみ
» 私の無職生活♪ (2006年03月15日)
アイコン画像SKY
» 私の無職生活♪ (2006年03月11日)
アイコン画像くまみ
» ブログタイトルの意味 (2006年02月14日)
アイコン画像SKY
» ブログタイトルの意味 (2006年02月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuma-chan73
読者になる
Yapme!一覧
読者になる