腎臓の機能が低下するとむくみます

February 11 [Thu], 2016, 0:59
腎臓は血液とともに流れてきた毒素(体にとって害をもたらす物質です)や老廃ものなどをろ過し、体にとって必要な物は体内にのこして、不どう対応しても必要な物は尿とともに排出してしまったりするという働きがあります。

そのほかにも、体内の水分の量を正常に保つ為の利尿作用(コーヒーやお茶の他、ハーブなどでも利尿作用が強いものがあります)を実行する効果もあるのです。正常に腎臓が機能している時は、体の中の水分の含有量を正いつも保つことが出来るはずです。

でも、腎臓病(糖尿病や膠原病などの疾患が原因となって併発することも多々あります)等が原因で腎臓の機能が低くなるとと、この部分が正常に機能しなくなりますね。

腎臓が正常に機能しなくなってしまったら、ろ過が出来ず、体内に老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)や排出されない余分な水分が蓄積していく片方になるとでしょう。

これによって、体にむくみ(心疾患や甲状腺機能低下症などの疾患が原因のこともあります)が現われてきてしまいます。

むくみ(顔や足に起こることが多く、痛みはありません)は日常から、前日の夜間にお酒を飲みすぎてしまった場合や食べ過ぎてしまった時にも起こるので、いつものことだと見落としてしまいがちです。

しかし、何日もむくみが続くようであれば、一度病院へ行って腎臓機能をしらべる検査を実行する事をお勧めします。

腎臓機能の低下や腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)でむくみ(漢字では浮腫みと表記し、「浮腫・ふしゅ」ともいわれます)が出てしまった際には、かなり進行していると考慮して良いと思います。

もし万が一、腎臓癌になったりしたら大変ですからね。

腎臓の機能低下が原因でむくむということであればば、むくみ(浮腫、浮腫みともいい、体の末端に水分がたまって腫れることを言います)を除去するために、腎臓機能を正常に戻す治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには重要でしょう)を行いいく必要があると言われています。

それに、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには重要でしょう)に限った事ではなく、日常から食習慣などの生活習慣を改善していく必要もあります。

始めてすぐは、腎臓性能に負担が掛からないように、塩分の摂取しすぎに要注意でしょう。塩分を摂り過ぎず、質のよいたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取を心掛けていれば、きっと腎臓機能も回復に向かってくる事だと思います。

腎不全で透析を受けるような事態は誰だって避けたいと思いますよね。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょうkuizlcb9
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる