ツ、イ、ラ、ク 

July 08 [Fri], 2005, 20:03
ツ、イ、ラ、ク

姫野カオルコ

読んで、リアルなショックうけました。

衝撃をうけました。おおきな。

それがたぶん一年前くらい。。


そして今また気になるページめくってる。


たくさん泣いた。
隼子になって泣いた。
主人公が大好き。
わたしも主人公みたいにきれいな子になりたいと願った。
可愛いじゃなく綺麗に。

読んでもう一度ショックうけて
なんだか辛い。
今日一日辛かった。
はやくこんな気持ち過ぎ去ったらいいのに・・
たまらない。

人の、登場人物の心理まで細かくて
作りものじゃないみたい。
深く深く悲しかった。



恋愛小説は好きじゃない。

でも姫野カオルコや山田詠美描く恋愛小説は好き。


登場人物の隼子が大好き。

はやくこんな切ない気持ち過ぎ去らないかな。。

でもこの物語はリアルにわたしの中に残したい。


「桃」
という本が
「ツ、イ、ラ、ク」の登場人物の物語を
短編で描いているようです。
読もう。。

これ以上貫かれたくはないけれど。


イライラ>< 

July 05 [Tue], 2005, 20:49
イライラ気味・・

毎日新聞とスポニチを入れ間違え、
何件かまわってみたけどわからず。。
せっかくすこし早めに家出たのに
時間かかってしまった><
営業所に帰ってから
仕方なく所長に報告の置き手紙を書いていると
同じ配達員のおじさん(おじいさん?)が戻ってきて
「手紙書いて、なんかいいことでもあった?」
と聞いてきた。
悪いことだから書いてるんだけど、
わかってるのに聞くのでイライラ・・
それからさらに
「いつものところで待ってるわハートマーク、
もつけたしといたら?」
と言うので、その冗談にさらにイライラ!
ほっておいてほしかった・・

職場行ってからも午後から気分がよくなかった。
わたしと似ている?と言われている子がいるのだけど
背格好とか似ているらしい。
似ている子がいるというのは嬉しくありません。
髪形いっしょだったから
そういうのが嫌で昨日から変えました。
わたしはわたししかいないのだから。
いちいちイライラするのはしんどい、
大人になろう。。

イライラ気味なときは
牛乳いっき飲みします。
カルシウムだし
なんとなくいいかなと・・
暗示のようなものです。
前1リットル飲んでたぷたぷになり過ぎたから
今回は500mlで。

髪形♪ 

July 04 [Mon], 2005, 20:10
先週の金曜日に根元を染めて
5pほど髪切って、、
今日は髪形変えての出勤〜♪

いつもはくくってたけど今日はおろしてたから、
誰かわからなかった、とか
おろしてても可愛い、とか
なんだか思ってたより
いろんな人が反応してくれてうれしかった☆
おせじでもなんでもうれしい^^
明日もおろしてい〜こおっとッ

雨やだ。

チャリ通だから
ずぼんびちょびちょ重くなるし
湿気があるから
まつ毛カールしてもすぐ落ちる。。
新聞配達は雨続くと辛いし。
水不足になるよりはましだけれど。

明日は晴れるらしい、
よかった。


おんでぃーぬ 

July 03 [Sun], 2005, 0:44
劇団四季のミュージカル、「オンディーヌ」を見にいってきました。

水の精が人間の男の人に恋してしまう話。
話の展開が早くて、
会話の内容で話を追っていってて
わからない部分が多かった。
少し難しかったです。
舞台の風景が三回しか変わらなかったのが
寂しかった。

今度は
ライオンキングや、アイーダ、キャッツなどがみたい★

特別ミュージカルにはまっているわけではないけど
友達が誘ってくれて
日常に変化が欲しくて
いろんなものをみて
自分の目を養おうと思ったのがきっかけ。

ミュージカルを見終わった後
ご飯を食べに行きました。
どこの居酒屋いっても
もちちーず食べてる気がする。。
もちとチーズは何でこうも合うんだろう。
カクテル2杯飲んだ。
お酒強かったら楽しいんだろうな〜。
2杯で全身がじわじわ赤くなってきて
気持ち悪い。

食べ終わって帰る頃には
夜の11時過ぎだった。

駅で二人の男の人に声掛けられたんだけど
歳聞くと30歳、よくナンパをしている様子。
30歳でよなよなナンパしに駅をうろつくなんて
わたしなら恥ずかしい。。
もっとすることあるだろうに。
今度遊ぼうと言われたけど
彼氏いるので、と断った。

友達と別れて一人でタクシー捜してると
今度は車に乗った人たちがきて
送っていこうかとか、遊ぼうとか、番号教えてとか言っていて
何歳か聞かれたので歳言うと
若いなー、俺なんて三十路よ、と言っていた。

夜の駅はこんな人たちばっかです。

それから無事タクシー乗って帰った。

なんだかなんだか遊び足りない気分。。

わあーって遊びたい。
合コンみたいなのとか。
ナンパにはついていきません。
恐いから。


エピソード2 

June 24 [Fri], 2005, 21:32
彼が
スターウォーズ エピソード3を
映画館に観に行きたいというので
エピソード2を借りてきて
家で観ておきました。

主にアナキンとアミダラの恋愛で
あまり感情がはいっていかなくて
わくわくどきどきはらはらもあまりなかった。

エピソード1はすごくわくわくして
夢中になってしまってて
スターウォーズの世界に
飛び込んでしまいたいくらい
感情高鳴ったのに。。

2はあれれ・・という感じ。

二人の恋愛模様にも
いまいち入り込めず。

でもでも
最後の辺りの
ヨーダが敵と一対一で戦うシーン、
短かったけどよかったっ
ヨーダはちっこくて敵が大きいから
飛び跳ねながら戦ってた。
かわいいです。
ヨーダ、好きになってしまいました。

「ヨーダ飼いたい!!」
と彼にメールしたら
「いないから無理」
とあっさり返されてしまった。

もしいたとしても無理だよな、
ヨーダは賢いので
わたしのほうが飼われてしまいそうです。。

スターウォーズ エピソード2 キャラクター占い
というのをみつけました。

http://www.goisu.net/cgi-bin/uranai/uranai.cgi?menu=d006

わたしは「ジャンコ・フェット」で
子供のように旺盛な好奇心を秘めている
と書かれてあった。

子供っぽいので当たっているかもしれません。


うがー!! 

June 22 [Wed], 2005, 19:28
職場で
いろいろ頼まれます。

最近
イライラしてしまうのです。

わたしばっかり!って。

自分だけしんどいって。

他の人だって
がんばって仕事してるし
しんどいのはわたしだけじゃないのに・・

がんばるって思うことや
だいじょうぶですって言うことが
癖になってきていている。

それがストレスを溜める原因になりそうです。
(まだ溜まってません。)

もう
がんばるって思わない。
だいじょうぶですって言わない。

でも一生懸命する。

うん、そうしよう!


詩集買った。 

June 21 [Tue], 2005, 21:39
銀色夏生の
「すみわたる夜空のような」
という詩集を買いました。

銀色夏生の詩集を
すべて読んだわけではないけれど
読んだことのある中で
一番伝わってきました。

たぶん
今、わたしの中にある思いや感じ方が
この詩集と合うのだと思う。

前付き合っていたひとは
銀色夏生が大好きでした。

そのひとへの気持ちは
もう封じ込め、なくなったけれど
銀色夏生を読むと
思い出します。

これからなら
下心をもってではなく
ちゃんと友達になれる
だから友達になりたいけど
もう遅いんだろうね。

これで良かったんだよね、きっと。

「下心があると うまくいかない」

ほんとそうだ。
うまくいかなくって
恐いことばかり頭に浮かんで
身動きがとれなくなってしまう。

ヽ(`Д´)ノ 

June 20 [Mon], 2005, 22:28
朝、自転車で職場へ行く途中
横断歩道の前で
信号青になるのを待っていました。

あっついなあって思いながら
ぽーっとしてたら
いきなり後ろのほうで
「シロパンツー」
って叫ぶ声が聞こえて
おじさんの声っぽいけどわからない
とにかく男の人の声がして
ぎく!ってして・・
直感でわたしだって思った。

まさに白いパンツはいてるし
よれよれずぼんだし
Tシャツそんなに長くない・・

駅の近くで結構大通りで人いるし
なんだかもう恥ずかしくなって
信号青になったとたんに
逃げました。

うしろ振り向かず
とにかく知らないふり。
いかにもわたしじゃありませんみたいな感じで
でもすこしTシャツの裾ひっぱりながら・・

横道にそれて人気のないところで
腰の辺触ってみたら
Tシャツがすこしだけど
ずぼんの上にのっかってました。

シロパンツー。。
やっぱり
わたしが言われたんだよな。

どんな人が叫んでたんだろう。

気をつけよう。。


終了〜★ 

June 20 [Mon], 2005, 21:09
仕事場での業務が
今日や〜っと終了しましたっ!

二ヵ月半ほどでした。

長かったような短かったような。

ちょっと寂しいような気もしますが。。
気のせいか?

業務内容は
学生から送られてくる
入試レポートの修正です。

字ばっか懸命にみて修正するから
最初の頃は
涙でてきそうなくらい目が痛くって痛くって・・
鼻までじゅるじゅるいわせてた。

いろいろ経験できました。
リーダーさんにあれこれ教えてもらって
やっていたので。

いっかい言われてもわからなくって
くやしくって
失敗もしたし
はらはらもさせたと思うし
迷惑もかけました。

それでも
わたしにいろいろ任せたり
教えてくれたりしました。

わたしのしている仕事は
ちゃんとできているんだろうかと
はらはらどきどきで
お腹が締め付けられる思いして
早く終わって欲しくって。

そんな思いでやってきたけど
いざ終わってみると
なんだかあれれって感じで。

ほっとしたのはほっとしてるんだけど
これでほんとに終わるんだ、そっかあ。
という感じです。

うれしい。

レポートは全部で9000枚くらい送られてきました。
たくさんのレポートをみて思ったことは
さまざまな字の書き方があるなかでも
何種類かの字に分けられるのだなあってこと。

字の書き方で性格がわかるって本あるけど
まんざらうそでもない。
だいたいは当たるんじゃないかな。

そんなことを思いました。

次はどんな業務につくんだろう。
これで終わりじゃありません。
また気を引き締めて
がんばろう^^

ショック 

June 15 [Wed], 2005, 22:01
13日に書きました、友達になりたいひとがいると。

そのひとのね
考えが
わたしにはわかりません。

簡単にいうと

セックスが好きで誰とでもする
そしてそれは自分にとっていいことだって

彼女がそう考えていることが
悲しいです。

そう感じてたって
それは自分の心の中の表面的な部分にある感情で
根っこの部分は
自分を蝕んで歪ませているんだって
わたしは思う。

好きなら好きで
大切な人とだけ
たくさんしたらいいじゃんか

なんで汚すの

そんなのいいことでもなんでもないよ

そんな風に感じてるなんて
なんかくやしいよ

そりゃ人の数だけ
考え方、感じ方があるのはわかる。

でもこれはそんなの関係なくて


彼女はきっと傷つきすぎたんです。

だってもとはといえば
自分を守るため優越感ほしさに
はじめたことで

でもそれって
ほんとは自分を虐める行為だ。


自分のこと大切にしてほしい

もういじめたりしないで


どうしようもない気持ちになって
ここへぶつけました。


もっとうまい文章作れたらいいのに。
自分の気持ちも
もっともっと表現したいよ。

すごくもどかしいです。

2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuikku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる