空腹時血糖値が120以上と診断されたら、糖尿病予備軍?行うべき対策は? 

May 31 [Tue], 2016, 22:02


健康診断などで、空腹時の血糖値が正常値を超えていた時は、
糖尿病予備軍かもしれませんので、注意が必要です。

空腹時血糖値の診断基準は、
70〜109:正常値
100〜109:正常高値(詳い検査をすると隠れ)
110〜125:境界型糖尿病(糖尿病予備軍)
126〜:糖尿病

となっています。

120を超えると、危険信号です。

血糖値を下げるには、食事療法と運動療法の2つを頑張らないと
いけません。

食事は、カロリーの低いものを主に食べて、糖分の多い甘いものを
控えるようにしましょう。
また、お酒も糖分があるので、たくさん飲むのもダメです。

運動としては、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をして、
カロリーを消費させることが大切です。

でも、そうはいっても仕事の付き合いもあるし、食事制限は難しいです。
また、仕事が忙しくて、運動の時間が取れないという場合もありますよね。

そんな時は、血糖値を下げるサプリメントを飲むのが、おすすめです。
血糖値を下げるサプリメントとして人気なのが、「サラシアプラス」です。

古くから糖尿病の予防改善に重宝されてきた天然ハーブの
サラシア(コタラヒム)やギムネマが配合されていて、
血糖値を下げたい人に人気のサプリメントです。

血糖値が気になる人や、糖尿病予防を考えている人は、サラシアプラスを
毎日飲んで、対策してはどうでしょうか。

興味のある方は、以下から詳細をご覧いただけます。
↓ ↓ ↓