ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸

February 25 [Wed], 2015, 12:47
985万 km2の総面積は世界第3位又は第4位、
3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も
民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの
大規模な移住の産物である。[7]同国の地理及び気候も極めて多様であり、
多種多様な野生生物が存在する。同国経済は、豊富な天然資源及び高い労働者の
生産性により支えられている。[16]同国経済は脱工業化社会と考えられる一方、
世界最大の製造国のうちの1つであり続けている。[17]同国は世界の
軍事支出の37%を占め、[18]世界最高位の経済及び軍事大国であり、
優れた政治的及び文化的勢力であり、科学研究及び技術革新におけるリーダーである。

これをきっかけに、ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸への入植が始まった。
イタリアのジョン・カボットが北アメリカ大陸の東海岸を探検し、イギリスが
ニューイングランド植民地の領有を宣言し、フランスもジャック・カルティエが
セントローレンス川を探検した後、その一帯をヌーベルフランス植民地とするなど、
南北アメリカ大陸の探検と開拓の歴史がはじまった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いたがき
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kudaranake/index1_0.rdf