罪悪感を捨てる(2)

May 07 [Sat], 2011, 12:23

予言の帝王J・フローリー


今の例に出てきた夫について、もう少し考えてみよう。


●教会は夫に対し「セックスの時性欲を感じないように」という教義を課した。だが、そんなことはできるはずがない。


●夫はその教義に従おうとした。だから、それに違反した時、自分が罪を犯したと考えた。


●彼は性欲に従ってセックスしていたのではなく、聖アウグスティヌスの考えに従ってセックスしていた。


●夫は「重大な決断をする時には、選択肢を二つ以上用意しておくこと」を実行しなかった。
つまり、教義こそ唯一の教義と考えてしまったのだ。


運命関係図


●だから彼は二進(にっち)も三進(さっち)もいかなくなり、自分のことをダメ人間と考えるようになった。


自由な考えに従って行動できなくなってしまったのだ。


この夫は今後もずっとセックスの最中に性欲を感じるだろうから、
いつまでも同じ問題に苦しむことになる。


つまり、「大きな罪を犯した」と悩み、
教会を恐れることになるのだ。


また彼は、自分自身を呪い、性欲を恨むようになる。


ことによると、セックスを迫ってくる妻をも恨むようになるかもしれない。


「妻がいるから、わたしは罪を犯してしまうのだ」と。


スーザン・ミラー★占星術

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kubo0405
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kubo0405/index1_0.rdf