【 更新情報 】

スポンサードリンク

ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法

ヒアルロン酸をシワの深い部分に注入することでシワをなくすという美容整形があります。

家でのケアでは取り除けない額の眉間に刻まれた深いシワ、鼻の両脇から口元にかけてできるシワを軽減することが可能です。

元々ヒアルロン酸は体内に存在しており、肌のみずみずしさはヒアルロン酸によるものです。

そこでシワを取り肌のハリを取り戻すために科学的に合成したヒアルロン酸と呼ばれる薬品をシワの部分に直接注射するのです。

これまで、シワ取り手術にはコラーゲンを使うという方法がポピュラーなものでした。

しかし、コラーゲン注入の場合はアレルギーテストが必要で、最初の診断から実際に処置が受けられるまで多少の時間がかかるデメリットがありました。

一方、ヒアルロン酸でシワ整形を行う場合は、アレルギーを心配する必要はありません。

そのため、シワを取りたいと思ったらすぐ気軽に受けられるので今では大変人気のあるシワ取り方法となっています。

ヒアルロン酸注入はコラーゲンより効果を維持できる期間が長いのもメリットです。

そのヒアルロン酸のシワ取り効果はけっして永久では無いので注意が必要です。

時がたつと、ヒアルロン酸はゆっくりと吸収されていきます。

そして、肌の状態は以前のものになってしまうのです。

ヒアルロン酸の効果は個人差がありますが、大体半年〜1年程度です。

ヒアルロン酸によるシワ取りは誰でも気軽にでき、効果も実感できるものなので、初めてシワ取りの美容整形をする人にはおすすめのシワ取り方法です。

シワの原因

シワができる原因はどのようなものなのでしょうか。

歳を重ねるにつれて肌にシワができるのは当然のことですが少しでもシワの少ない肌を保ちたい、シワを取りたいと誰もが思うことでしょう。

乾燥した皮膚には、シワができやすいといわれています。

肌が乾燥すると肌の水分が少なくなってとくに目や口のまわりの小ジワができやすくなるのです。

最近はエアコンなどによって1年中空気が乾燥していますので注意が必要です。

乾燥した環境下でどのように肌の保湿をキープするかが、シワ予防には欠かせません。

水分不足になった肌を化粧水や美容液でしっかりと保湿することで細かいシワを取ることができます。

まだ浅いシワだからと軽視してそのままにしておくと、浅いシワが深いシワになり、気づいた時には皮膚のあちこちがシワシワです。

鼻から口のはじにかけて現れるほうれい線や額に明瞭に現れるシワは、深くなりがちです。

姿勢が悪かったり高すぎる枕で寝ていることによって首にシワができることもあります。

大きくなったシワはそのままで固まってしまっているので、ケアをするには毎日のスキンケアやシワ取りマッサージなどの本格的な対処が必要となります。

シワの要因は一様ではありません。

個人の特性に合わせたシワ取りのために、まず自分のシワの理由を突き止めましょう。

簡単にできるシワ取りの方法

家庭で手軽にできるシワ改善ケアにチャレンジしてみませんか。

目じりや首の小じわが目に止まるようになってきたら、対処が必要な頃です。

小さなシワのうちなら、すぐ対処することが大事です。

まず目のまわりの小ジワを取る方法ですが、これは肌の乾燥が原因ですのでとにかく水分を補給することが一番のシワ取り方法になります。

乾燥を防ぎ、肌の張りを取り戻して目元のシワを消すためには、保水成分を含む化粧水などで保水力を与え、アイケア商品をシワの中に塗り込むようにつけていきます。

このスキンケアを習慣化させ、日々必ず行うことで小じわを小さく目立たなくさせていくことができ、予防にもなります。

怠りなく続行することが肝心です。

スキンケアも重要ですが、深いシワを少しでも目立たなくさせたい時は、顔面の筋肉マッサージがおすすめです。

顔筋の体操には、アイウエオ体操という顔の動かし方があります。

鏡の前に立ち、口を「ア」の形に大きく広げながら声を出します。

次に「イ」。

「オ」まで続けてください。

筋肉の運動になるようイメージしながら、めりはりをつけた動きをすることが重要です。

顔の血流を向上させ新陳代謝を向上させるため、クリームでのマッサージでもシワ対策になります。

できてしまったシワをなんとか取りたいという人はこの運動とマッサージを毎日続けてみましょう。

小ジワも大ジワもまだ先だと考えている人もいるかもしれませんが、できはじめるとあっという間です。

予防効果もあるので、ぜひ取り組んでください。
P R