【 更新情報 】

首のこりや肩こりを治し隊

首のこりや肩こりがひどくなると、痛くてどうしょうもなくなります。

ストレスが原因だったり、目の疲れからだったりしますが、長時間椅子などに座って仕事をしている首こりや肩こりが起きるみたいです。

仕事でパソコンを使っていると、目も疲れます。
仕事以外でもパソコンを日常的に使うことが多い時代です。

また、パチンコ・パチスロも長時間していると首こりや肩こりが起こってきます。
同じ姿勢で台の画面を見つめているので目も疲れてきます。

仕事でも遊びでも、休憩を取りながらでないと疲れますよ。


首のこりや肩こりを和らげるため、自分で肩を揉んだり、首を回したりしていますが、なかなかスッキリとはしないものです。

それでも、ストレッチやマッサージをすることで多少よくなるのでやりましょう。
あと、目の疲れから首こりや肩こりになるので、瞼に熱いタオルをあててマッサージなどをしてみましょう。


首が痛いとき、原因が凝りではない場合もあるので注意が必要です。

首が腫れていたら、ほとんどがリンパ腺の腫れです。
体の免疫機能が低下しているので気をつけましょう。


風邪などでリンパ腺が腫れることがありますが、他の病気が原因ということもあるので2〜3日で腫れがひかないときや首の他の場所が腫れてきたら病院で診察を受けましょう。

首のこりや肩凝りは目から

首のこりや肩が凝っている人は、目を使いすぎて起こることもあります。

長時間椅子に座って仕事をしていると首や肩こりがひどく、痛くなることありませんか?


目の疲れをとる方法として、熱いおしぼりをまぶたの上にのせればよくなることがあります。
そのときに次のような運動をすることで、さらに目の疲労がとれて首のこりや肩こりを軽減してくれます。


@目を閉めたり開けたり瞬きを数回繰り返す。
A同時に見る方向を上下左右と動かすこと。


目が乾きやすい人は瞼を閉じて行っても効果があります。
首のこりをとる方法として、ストレッチがあります。

肩を軽く上下させてリラックスする。
腕を伸ばして深呼吸をして新鮮な空気を吸い込みましょう。


本当は立って行ったほうがいいのですが、椅子に座ったままでも効果はあります。
首のこりや肩こりは同じ姿勢で作業をしていると起こりやすいので、意識的に椅子から立ったりして動いてみることですね。

仕事中に休憩時間がある場合は、ストレッチをして気分転換をすることで仕事にも集中できるようになりますよ。

首のこりは枕から

首のこり肩こりを感じたら、凝っている部分を見つけて、そこの周りを揉んでみましょう。

揉んでいるうちに、少し楽になってくると思います。

しかし、指に力を入れてやっても長い時間は出来ませんよね。
首のこりを自分で揉んで解消することは無理なのかもしれません。


仕事で机に向かって、姿勢を正しくしていても首は疲れます。
起きているときも、寝ているときも首のこりは溜まります。

枕が合っていなくて首が凝ったり、布団が柔らかすぎて腰が痛くなることもあります。
夜寝ているとき、疲れが取れないと目覚めが良くないですよね。


首のこりを少しでも解消するために、枕や布団を変えてみることもひとつだと思います。
高い枕、硬い枕等々好みがあると思いますが、自分の体格にあった枕を選ぶことです。


よく枕が替わると寝れないという方がいますが、寝ていて疲れが溜まったらどうしようもありません。
朝起きて機嫌が悪い原因かもしれませんよ。



男の方だと、散髪をするために床屋さんへいきますが、シャンプーの後にマッサージをしてくれるところがあります。

頭から首、肩、背中にかけて揉んでくれるのですが、首のこりや肩こりが楽になっていることがよくあります。



なんにせよ、適度な運動が一番大切かもしれませんね。

首のこりをストレッチで解消

長時間パソコンに向かってイスに座っていたり、無理な姿勢で映画やテレビを見続けたりしていると、首がこってきて、ひどいときには痛みを伴うことがあると思います。

こういう時、知らず知らずに手で、首の回りを揉んで凝りをほぐそうとしていることが多いのですが、首のこりをほぐすのに、足のツボを刺激することで血行がよくなり楽になることがあります。


血のめぐりをよくするために足の親指全体、特に首のゾーンがある親指の付け根の部分をよく押し揉みましょう。

足の人差し指の下から小指の下にかけては、首のこり肩こりによく効くツボがあるのでこの部分も併せて揉みましょう。


首のこりの原因には、姿勢が少しずつ前のめりになり、頭の重さが首にかかることで起きる場合もあります。
首のこりをすこしでもほぐすのには、ストレッチ等の1動作を20秒ほど続けないと効果がないということです。


腕を羽のように上下にさせるのも首のこり解消に良いと言われています。



肩こりや首のこりが原因で、後頭部の神経を圧迫し、偏頭痛などになることもあるそうです。

首のこりを放っておくと、頭痛をはじめ、眠っていても疲れがとれず、イライラが続いたりしてストレスも溜まります。


パソコンを長時間使いながら、肩こりや首のこりをなるべく溜めないようにするために、ストレッチを20分に1回ぐらいやるようにすると、かなり違います。

面倒と思うかもしれませんが、首のこりを解消するために、気がついたときだけでもやるようにしましょう。



私はそれで、肩こりと首のこりが少なくなりました。
首のこりから開放されて、負担のない毎日を送りましょう。

首が痛い!

首が痛いと感じたことありませんか?

外傷や打撲などで痛くなることはありますが、普段の生活の中で早々起きることでありませんよね。

首が痛いと感じる時は、変な方向に首を捻ったり、長時間同じ格好を続けてしまった時が多いです。


パソコンの使いすぎで首が痛い!ということもありますよね。
パソコンの前にいながら左にあるテレビを見るのに首だけ捻ったときとか、ベッドに横になって腕まくらでテレビを見て、重さで首も腕も痛くなります。

頭は結構重たいです。
ですから、負担がかかる首がどうしても痛くなってしまいます。


首の筋肉が発達すると、多少の動きじゃ痛いことがなくなるのでしょうか?

スポーツ選手、特に柔道の選手なんかは首が太いから大丈夫かも?


首のこり肩こりからくる痛みもあります。また、後頭部の痛みと首の痛みが解らないことも。

首が痛い時、寝る前に湿布やサロンパスを貼って寝たこともあります。
確かに首の熱がとれて気持ちがよく、痛みは和らいだ感じがしました。



ちょっと首が痛いくらいの時は、そういうもので騙しつつ、時間をかけ解消していったらいいのかもしれませんが、事故でなくてもむちうちのようになってコルセットをしないといけないこともあるようなので、首が痛いことを軽くみて放っておくのもあまりよくありませんよ。